スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
メモ
3人の自分がいる。
それぞれに名前がついている。
今は?
誰だろう。
ちょっと分からない。

まず1人はイベントをやっているとき、
或いはイベントに行っているときの
活動的な人物、キャラクターに近い、
それが、「u-na」かなり攻撃的。
人目を引く、らしい。

もう1人は没頭する人間。
ものを描く、或いはつくるときの人格。
それも、「u-na」

最後に、自分でもうまく言えない。
内向的で異常に弱い。
身体も弱い。
すぐに泣く。
自虐的、それが私自身。

深く理解したい人にほど、
この順番で自分を見せる。
時間は関係ない。重要なのは、距離感だ。

その人は、どれか1つに絞らせようとする。
ものを描く「u-na」なのか、
外交的かつ攻撃的で人目を引く「u-na」なのか、
それとも、「自身」なのか。

私にとっては「あなただから見せられる全部の自分」、
でも相手にとってはそれは疲労になる。
「どれかでないと、受け止められない」
「あなたが強くなるためにも、どれかに絞らないといけないと思う」

どうしたらよいかも分からなくなって
頭に一気に血が上って家を飛び出した。
メガネもなく電池が切れそうな携帯だけを持つ。
そばの公園のブランコに目が止まって、
しばらく揺られて、そのままふらふらと歩き出すと隣駅に着いた。
どこの駅かも分からずに引き返すが、どう来たかがわからない。
とりあえずそうだろうと思う方向に歩き出す。
Familyからの電話に一気に涙が溢れ、その瞬間、
その人の家のそばの風景にようやく辿り着いた。
安堵と不安が折り重なり、涙が止まらない。

家に入る。
無言でこっちを見る。
「どこ行ってたん」
声にならない声が溢れる。
「気がついたら、いつも遠くに見えるスーパーが目の前にあって、
どうやって帰ったら良いかわからなくなって……」
「隣駅まで行ったんやな」
「ほんまに、帰り方わからんくて」
「子供やん」
と笑いながら頭を撫でるその顔が、
本当のその人のような気がする。
前にも何度もこんな経験はあった。
ずっと、このままが続けば良いのに、
ずっと、このままのこの顔が見たいのに、

「だから、俺の言うことだけ聞いてたらええねんて」

その通りだよね。
そしたら楽になれるよね。
でも、それでいいの?
あなたがいなくなったら私はどうしたらいいんだろう。

そして、心の中で有紀とu-naがぶつかる。


診断書が出された。
1ヵ月、休職。


その診断が下ったのは、昨日の10時過ぎのことなのに、
もう16時。違う。もう1日が経っているのだ。
この1日の記憶がない。

1番伝えたい、1番知ってほしい貴方に言えず、
どうして私はこんなWEBにこんな大事なことを書いているのだろう。
あなたの声が、聞きたいのに。
スポンサーサイト
[2007/01/30 16:31 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
さようならを言う前に
さようならを言う前に、
「ありがとう」を言おうと思った。
携帯を手に取り、君に連絡をしようとする。

「君の都合を考えて……」なんて逃げの言い訳を自分にして
携帯をほり投げた。
床にごろっと転がり、
「とどー」とひとりきりの部屋で言ってみる。
「いよいよ私も終わりだな」
と、独り言のように言ってみてますます悲しくなる。

懐かしさが、こみ上げて泣けてくるのは
きっと、私だけなのだろうと、
真っ白の天井を見上げて思った。
[2007/01/25 19:36 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
自分にとってのイベント
自分自身。

イベントの話をしながら、
目が輝いていく自分が、確かにそこにいいた。

[2007/01/24 22:11 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
あなたと3つのお約束
身体を、大事にして。
諦めることで、軽くなることもあるから。
これをしたら、嫌われるではなくて、
どうしたら好きでいてもらえるか。
[2007/01/22 19:57 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
中央線 ときどき 総武線
中央線にも、総武線にも想い出は多い。

時が経つということは、自分が思っている以上にすごいことなのだと
最近、よく思う。
通れなかった神楽坂も今は優しく眺めることができる。
中野駅、時々見すぎて
「どうした? 」
と聞かれてしまう。
「ううん」
と返しても、そこには一人置いてけぼりをくらったような顔の彼がいるだけだ。
大久保を出てからしばらくしての景色が大好きだ。
西新宿を囲うようにカーブになる。
そのとき、夜ならばあのビル群を眺め、私たちはなんてちっぽけなところに、なんと大きな態度でいたのだろうと、思わず笑ってしまうほどだ。そして、それに気づかない彼を振り返り、悲しみを隠せない。悲しんでいる顔は隠したいから彼の胸に抱きついた。

今、私は、1本のレールの上に立っていることは、否めない。
これが惰性なのか、それとも支えあいなのかを見極めたいと思いながら。
また、この中央線・総武線が痛い、辛い思い出に変わらないよう、
今のこの現実を私は精一杯守るだけ。
[2007/01/22 19:36 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
立ち上る煙一筋
白い煙が一筋昇華した
その筋を大きな曲がった背中越しに眺める

高めの声で鼻歌を歌いながら
「下手か? 下手か」
とひとりで話すその人を
後ろから抱きしめた

「好きな人には好きと伝えろよ」
と私の頭をこついた仲間の声が耳に蘇る
[2007/01/22 19:29 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
完全なる表現者
ただ1人しかいない
ずっといなくて
たくさんの人たちと融合を図り
たくさんの人たちと分離し
だけどあなたは最初から持ってくる

完全なる私の表現者
半分しか表現できない私の片割

それが、あきなんだと。
[2007/01/19 17:26 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
握り締めた右手のこぶしの中、勇気、1つ
くらくらする。
夜半から胃が痛み、3回吐いてようやく落ち着いた。

嫌われたくないから、嫌われないよう、
相手を思慮して言葉を作ってた。
失うのが怖いから、失わないように
言葉を選んで話してた。
結果、相当ストレス溜まってた。

爆発。

有紀→爆発。
相手→凹む。

相当凹む。
でも、本当に大事な人だからなあなあに出来ない。
超怖かった。
すっごい怖かった。

向き合って、お互いに凹んで、
最後にいつも通り甘えた声でゴロゴロ擦り寄る。
いつも甘えるとき、怖さがあったけど、
そのとき初めて本当の彼に会った気がした。

楽しさを追求する彼が不安だった。
いろいろ話して、
「あと、他に要望ある?」
と聞かれる。
「楽しさだけではだめだと思う。いろいろ耳の痛いことも
相談しないといけなくなると思う。それでも良い?」

ふぅっと息を吐く音が電話口で聞こえる。

もうだめなのかなって思っていたら、
「だってそれは楽しいとかそういうことぢゃなくて、必要な話しやろ」

むちゃくちゃ怖かった。
でも、勇気出して本当に良かった。
話し合えて、本当に良かった。
ただし、彼の欠点、ずばずば言いすぎて、相当凹んでいたけど。
でも、腹に溜めていたものは全部吐き出した。

これからは我慢しないよ。
ちゃんと言うよ。
でも、ちゃんとあなたを見るからね。
[2007/01/17 09:31 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
無題 思いつくまま
妊娠中の喫煙は、胎児の発育障害や早産の原因の一つになります。

だったら吸わなきゃいい。
ニコチン中毒。

男の左側が好きな癖は変わらない。
でも、眠るとき、左側を向く癖がいつの間にか減った。
ただ、右側で仰向けに眠る男の胸に苦しくなるまで
顔を埋める癖がついた。

「依存は、いややねん」

「これからいっぱい、説教するな」

どの言葉も、必ず片手にタバコがあった。

もう帰れないもう戻れないその場所を思って泣いても仕方ない。

「なんでも話しや。
 大概のことは驚かんで」

そう言いながら、ショックを受けて布団に顔を埋める君が好きだ。


死ぬほど泣いた。
どうしようもなくなった過去と、
行き場を失った想いに、ただ泣き続けた。
そして気がついた。
君に会いたいのだと。


今日、KIOSKで君がいつも吸うタバコを一箱買った。
中毒の君がタバコを切らすことなんてないと分かっている。
これは、私のお守りなんだ。

それはいきなりやってきた。
本当にいきなりやってきた。
夜空を見上げた瞬間に見えた流れ星の奇跡の夜から
まだ1ヶ月も経っていない。
いきなり君は僕の心の中にズケズケと入ってきて
僕を侵略したんだよ。


「もしかして、俺に依存してる?」
「ううん」

そう答える以外に何の選択肢があったのだろう。
ただ一つ、君がいないとだめなんだ。

もう本当に、過去には戻れない。
片道切符、やっと切った。
この先がどうなるかなんてわからないけど、
どこ行きかもわからないその電車に、
僕はもう、乗ってしまったんだ。
ならば、もう駅を振り返ることはしない。
次の駅に、到着するまで。

もし、会えない日が続いてもがんばるよ。
そういうときは君の好きなタバコを買いに行こう。
封を切らないタバコが、部屋にたくさん溜まりそうだ。
[2007/01/15 22:06 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
今の私に似合う言葉。
[2007/01/15 21:33 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
愛しさと憎しみと
交差する二つの感情の中で、
きつく、彼の背中を噛んだ。

「痛いやん」
と、タバコを片手に軽く彼は叫んだ。

上目遣いに彼を見上げた。
わかったから、
そういわんばかりに彼は灰皿にタバコを押し付け、
部屋の電気を消した

[2007/01/15 21:31 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
K
どうして、Kという一文字にしたのか、
よく覚えていません。

今日、髪を染めようと思って、
近くのドラッグストアに行きました。
アネキと会った帰り、20時過ぎだったと思います。
ワインレッドか、もう少し明るい色にするか、
しばらく悩んで、ワインレッドを買ったんだけど、
明るい気分になりたかったから、やっぱり交換してもらいました。
そしたら、800円から1500円になって驚きです。

さらに帰ってきてよく見ると白髪染めでした。

今日はずっと家で作業していたので、
外がこんなに寒いと知りませんでした。
アネキもラビットを着るはずです。
あのラビットは、一体何匹のうさぎをむしったのでしょうか。
今度、アネキに会ったら聞いてみます。

けいちゃん、私は、アネキに会えて本当によかったです。
「かおねぇ」と呼ぶのが大変で、いつの間にか「アネキ」と
呼ぶようになりましたが、
旅行に言っても、「アネキアネキ」。
どこに言っても、「アネキアネキ」。

しまいには、アネキが見当たらなくなると、
「うちのアネキ知りませんか?」という始末です。

ねぇ、けいちゃん。
あなたを、恨むことでしか、憎むことでしかやってこれなかった
私を、今となっては許してとも言えません。
ただ、ありがとう。
いつも、そばにいてくれてありがとう。

時々困ると、あの時の貝殻を耳に当てます。
そうすると、1年前と何も変わらない。
私はすぐにあの夜の九十九里の浜に行ける。


すべてを、聞きました。

明日、大事な人が実家から帰ってきます。
朝一番の便で羽田に着くので、迎えに行ってきます。
普段以上に、甘えさせてもらおうと思います。

ねぇけいちゃん。
けいちゃんと、今度はちゃんと会いたいな。
きっかけになった、相模湖で、8月25日に、大事な身内を引き連れて
あなたが来るのを待っています。
もちろん、アネキもそこにいます。

けいちゃん、ありがとう。
また、忘れられない夜がひとつ、増えた気がするよ。
[2007/01/08 23:30 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
うちの姉貴。
うちの姉貴は怖いです。
うちの姉貴は世界一優しいです。
でも、抜けていて見てないと危なっかしいんです。

はじめてつくってくれた私の誕生日DVD、
ようやく見れました。
時間がない中で、独り言をぶつぶつ言いながら作ったんだろうなー、
と妄想を張り巡らせると、胸がいっぱいになるのです。
で、そんなにがんばって作ってくれたにも関わらず、
肝心のファイナライズをしてなくて、
今日まで見れなかったんだけど(笑)。
そんな姉貴が大好きです。

姉貴の誕生日まであと半年。
さぁ、今度は何をして泣かせようか。

同時にVTRを見ていて、ちゃなとPAはawayだったにも関わらず、
ずいぶん前から入っていてくれていたことをここで初めて知る。
きつかったよねぇ~~、、ほんと、すみません。
でも、帰らずに居てくれてありがとう。
[2007/01/07 10:06 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
身体の芯が、疼く。
久しぶりに襲ってきた偏頭痛。
こうなった理由は分かっている。

あと2日。
ここまで我慢できたの。
あと少し。
がんばれ。自分。
[2007/01/07 00:07 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
そして、捨てた。
そして、私は捨てた。

何か一つ、覚悟をするときには必ずそうしてきた。
サラシを巻いて、髪を高く一本に結い上げ、
短刀を腰に当てる。
この短刀も早くも既に三代目。

ゆっくりと刀を引き、目の前に置く。
今度、この刀を鞘から出す日はいつになるのだろうと思いながら、
光るその刀を再び鞘に収めた。

いつもの紫の着物を羽織り、刀に一礼する。
一つの決意を新たにして。

そして私は、サラシを捨てた。
[2007/01/04 22:26 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
己を描く。
年末年始、ただ、一心不乱に筆を執った。
もう、2年目になるのか、この筆も、今はこの筆でなければ
何かを描こうという意欲が出てこない。

己と向き合うことは決して容易いことではなく、
かなりの苦痛を伴う。
「あれこれ考えすぎや、俺のことだけ考えてろ」
と言われる反面で、本当にそれで良いの?
という自分も確かに、そこに居る。

昔から、大切な人ほど、その人の顔が思い出せなくなるのだ。
その人もまた、既に顔が思い出せなくなっているのだが、あと1週間は会えない。

逃げることが、私にとっての処世術だったと思ってきた。
しかし、逃げ続けることは、もう出来ないというのも体の芯で感じていた。

救急車というものは、私にとっては恐怖そのもの。
その出来事のすべてを描き出すことは、
苦痛を伴うだけではなく、時々、記憶が飛んでしまうほど辛いことなのだ。だがここだけは、どんなに泣いても叫んでも、彼は助けてくれない。
大きな覚悟をひとつ、筆を執り始めて5日目の朝を迎える。
残すところ、後記のみとなった。
とても穏やかな反面で、どこか悲しい思いも否めない。
5年間という思いは、決して短くはなく、軽くもなかった。
しかし不思議なことに今、どうしてだろうか。
彼に会いたくて堪らない。
新幹線に、飛び乗る勢いだ。
顔すら既にぼやけている彼に?
それでもいい。
ただ、会いたい。

結局、私もただの、女、に過ぎない。
[2007/01/04 09:47 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
新年早々
すっごい幸せ、
すっごい穏やか。

嬉しいけど、すごく怖い。
こういうときに限って、
何か大切なものを見過ごしてしまう気がする。

だから私はこの幸せに溺れることが、怖い。
[2007/01/03 03:14 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。