スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
目黒でよかったと思う瞬間。
自分が目黒に住んでいてよかったと思う瞬間。

新宿方面から夜遅く帰るときの山手線。
「大崎行」
スポンサーサイト
[2007/03/30 00:43 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
会いたくて切なくて声が聞きたくて
自分らで作っておきながら……
何回聞いても切ないなぁ。

泣きそうになるわ。

shineはいつも変換するとき、
キーボードで「しね」→F10を押す。
その辺りからして既に終わってる。

今、祝いの席でshineが一瞬出演するかどうするかってなってる。
メンバーが頭を悩ませたのは選曲。

いかんせん、幸薄女2人で作っているから
楽しい曲が1曲しかない。
8曲中1曲しかない。
選曲もくそもねぇ。

……失敬。

選曲も何もあったものではない。

shineという明るいバンド名の割に
暗い曲が多い理由、それは本人たちにも分からない謎。
[2007/03/28 23:11 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
マゾヒスト
4月の予定がほぼFIXした。
仕事の予定ではない。
土日の予定だ。

全、スタジオ入り。

次はマゾヒストって曲でも書こうかな。

通勤電車の中で足と手が曲にあわせて動く。


「違うんだよ、ここが……」

とか、普通の声でほざいてる自分がいたりする。
で、笑ってしまってちょっと席を移動されたりするわけです。


あぁ、誰か音圧上げるマシーン? ソフト?
私に恵んで。。。

[2007/03/28 23:03 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
毎日がローストビーフ
毎日のメインディッシュがローストビーフ。
リッチなわけではない。
アンリッチゆえの毎日がローストビーフ。


理由は簡単だ。
貧乏だから。

会社を出て帰宅する頃の19時半~20時にかけては
惣菜コーナーの半額シールだけではなく、
半額以下で買えるものが1週間に2回ほどある。

消費期限なんてものは1日くらいならまぁ、平気だ。
若干、腹痛を起こす程度。

そしてもっとも値引きされやすいのがローストビーフ。
ゆえに、私は500gほどのローストビーフをいつも500円以内で購入。

だんだん、この貧乏生活も楽しくなってきた。
従って、「米」はなかなか手が出せない。
長期的投資で考えれば米を炊くことがパフォーマンスとしてよい。
が、米を炊く時間と1度に2千円近くを惣菜以外で出すことに、
ものすごくためらいを感じてならない。
であれば、ついつい3日で128円の食パン8枚切に手がいってしまう。

しかし、今週末も医療費だけでいとも簡単に5千円吹っ飛ぶのだ。
なかなか、人生、楽しいではないか。
[2007/03/27 22:30 ] | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
目が、覚めた。
あんまりもう記憶はないが、
ものすごくよく寝た気がする。
2日ほど、寝ていた気がする。

私が引き起こされた症状は、
セロトニン亢進症候群という抗鬱剤の副作用の一種。

日に日に、鬱をなめていたと思う。
1カ月もしたら治ると思っていたのに、
未だ、見合う薬すら見つからない。

ようやく、今回の発作により自分の見合う薬の系統は見つかった。
SSRIという系統。
が、そのパキシルという薬で発作は起きた。

今後は同じくSSRIのルボックという薬を服用することになる。
投薬治療から3カ月。
どうか、これでテストが終わりますように。
[2007/03/21 20:43 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
shine メモ
4月ほとんどスタジオ
あき 詰めたいところは予めメモしてMLすること
アタシ メロディちゃんと外さないように
峻 飛ばしすぎない


4月中旬 → 収録完成

セットリスト
・Shadow
・DEAR
・just my fear
・LOOP
・Insomnia
・沈丁花

ジャケ写撮影 4/15 さゆみ
残り2週間で完Pにして

5月第1週 デモ送る



その次に控えている
・bird
・こだま551→これはタイトル変える。
のぞみ○○○に変更。
こだまはどう考えてもあの曲調の疾走感とは合わない。

私は苦手な影と仲良くなるようにがんばる。
仕事もがんばる。

■影
2サビ前の峻をどうするか。

■絶対的恐怖
「好きとは決して言えないの」
ここを峻にもっと盛り上げてもらう。

■LOOP
音、詰める。

■DEAR
苦しい。歌い方考えるのと、ドラムとKeyも煽って。

■Insomnia
メロディは考えた。
あとはどこで開けるかとか詰める。
間奏はもっと長くてもっと飛ばしていい。
あきの指切れるくらい。
ドラムVSKeyくらいの勢いでいい。

■沈丁花
ラスト手前、もっとUPで。もっとあげて。
まだおとなしい。沈丁花はもっと主張する花のはず。

前回の練習で気が付いたのは、意外に峻がメロディー覚えてない。
やっぱり峻にも歌わせよう。
[2007/03/21 16:31 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
死ぬ、瞬間。
「これは、だめだ」

本気で思った。
死ぬ前に、世話になった人たちの声が聞きたくて、
ところが当然のように夕方の17時だ。
みんなものの見事に仕事中。
出るわけもない。

最後の最後、申し訳ないと思ったが、
イギリスから一時帰国中の修に電話する。
修はすぐに飛んできて、相方のあきはその間、
何度も電話をくれた。

「自殺」ではない。
以前、話したことがあるが、6年間前、
私の婚約者はタミフルを服用し、狂乱した。
以来、私は救急車恐怖症になる。

今回、私は朦朧したのでよくわからなかったが、
服用していた抗鬱剤があわず、何とか症候群を起こしたらしい。
修が来なければ、死んでいたか、酸素の吸いすぎで脳のどっかはおかしくなっていたと思う。
そうなる確率は、1/1000の確率らしい。
それが、確か一昨日の夕方の話だったような気がする。
今朝まで、何人かとメールや電話のやりとりはしていたようだが、
ほとんど記憶がない。

前兆はあった。
服用し始めて2日目の朝、6時半に目が覚めた。
なんだか気持ち悪い。背伸びをしてもしきれないような不快感。
もう1度寝ようと思っても、いらいらして眠れない。
3日目。同じく6時半に上記同様。
4日目。同じく。
5日目。同じく。これが土曜の話し。
そして夕方、スタジオに入り歌っていると、急に胸が苦しくなる。
そこからずっと苦しさはとれず、メンバーに死ぬかも、なんて話していた。
6日目。また6時半起床。いらいらが止まないし、心臓が苦しい。
1日寝続け、7日目。月曜日。同じく動けない。
そして夕方。先輩に電話した後で発作がやってきた。


心臓が掴まれているような圧迫感。
横隔膜を中心に身体の関節という関節が痺れる。
過呼吸?
違う。
似ているけど、違う。
過去、再三、経験してきたが、これは過呼吸ぢゃない。
直感で、「死ぬ」と思った。

部屋、片付けて置けばよかった……、とか、
36型プラズマテレビ、まだローン終わってない、とか、
会社の先輩@女に大好きって言いたかったとか(レズぢゃない)、
とりあえず、修が来るまでは今まで世話になった人へ
震える手で手紙を書いた。

そこから鎮静剤をしこたま飲まされ、
今までの記憶はほぼ、ゼロ。
まだ、ふらつく。

たかが鬱、侮っていた。
今後もこういう可能性、はらんでいるわけで、
正直、もう怖い。


修は、家に来るなり、インスタントの春雨スープを見て、
「お前、もうちょっとマシなモン食えよ」
と笑いながら言った。

昨日、辛うじて修に
「生きてる」
と午前中、メールを送った。
修は、
「明日もあさっても、お前は生きてるよ、有紀」
って返してきて、そこで記憶は途切れた。

[2007/03/21 10:03 ] | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
Family との約束は、守る。
2006年12月10日、午前0時過ぎ。
私は真吾と約束した。

「25才、この1年は、すぐに切れない」

上司は私の血管切らせることがけっこう得意。
2週間に1回のペースで脳内血管が切れる。
感情も一緒に切れそうになるが、
Family との約束は、守る。

というか、自分が切れる前にOJTの先輩が上司に切れてくれたから
あの切れっぷりを見てると逆に笑ってしまう。
あらゆる意味で「切れられない」私の代わりに「切れて」くれる。

「あんた、気にしなくっていいからね。あんな言い方」

だから、脳内血管が何本か切れるだけで済む。


確か、働きマンの2巻で、新卒面接をする社員が、仕事上のトラブルのいらいらを新卒にぶつける。そして主人公の女編集者:松形がその面接官の男編集者に物申す。すると、もう1人の面接官である男性編集者がこう松方に言う。

「いいんじゃないかな、それでも」

会社は、いろんな人のいろんな感情の坩堝。
だから、それを学生に見せることも、重要なのではないかと。

上司のいらいらも、私の代わりに切れてくれたその女性の先輩も、
何もできない自分も、全部、会社の一部に組み込まれて、毎日が流れていく。
明日も、うちの会社は何百人かの感情を乗せて回るのだ。


が。







腹立つモンは腹が立つ。
血管切れて熱出て頭が痛くてたまらないが、
寝るにも寝れず、持ち帰った仕事も途中でギブ。
首筋から腰にかけての痛みも取れない。
新しい薬の副作用は今までとは比にならない。

あーあ。
笑ってないとやってらんないっつーのもぅ。

そうそう。
うちの相方は今日、一緒に昼食べてたら
この六畳一間に自分のキーボード置きたいって言ってたな。
あぁ、置いてくれ。
そうやって楽器に埋め尽くされていくこの部屋を私は遠くから眺めるよ。
すげぇな、この六畳。
六畳の中に
・ギター
・アンプ
・ミキサー
・ステレオ(KENWOOD×ONKYOのセットが2個)
・36型プラズマテレビ
・ジャンベ(約1m)
・ドラムスティック(足元に転がり中)
・よくわからない太鼓(約70cm)
・ガリンバ? 木琴のちっこいみたいなん
・中に砂が入ってて傾けると海の音がする1M半弱の竹筒
・PC(ノート)+キーボード@PCの。
・外付けHDD
・プレステ(LIVE PARK観賞用 ゆな様ご生誕記念DVD観賞用)
・DVDドライブ
・プリンタ

とりあえず、音に関連するのはこのくらい?
既に居住者と化している。
それ以外に生活雑貨がまだあるわけで。
六畳って案外広いんだな。
まぁ、たしかに、組み立ての台買ったからちょうどこの上に
キーボードが置けちゃうんだよね。
すごいね、この家。
すごいね、私。
すごいね、この今の方向性と流れと
意味の分からないこの話しの流れ。

あぁ、そうか。
血管プッツン切れてるから意味分からないのか。
そういうことにしとこうか。
うん、そうしとこう。
薬飲んで、今日は強制終了。

[2007/03/13 22:36 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
また、変わった。
また、薬が変わった。
今度は、担当医ごと変わった。
院長に変わった。

標準的な薬はもう効かない。
再度、休職を勧められたが、
それだけは勘弁してくれと答えた。

今までよりも楽になると思っていた。
今まで以上に辛くなると分かった。

戦うしか、私に道は残されていない。
だけど、やり切れない。

「アモキサンに拘り過ぎだ。
 この時間が無駄だったね。
 今度から、私が担当します。」

私の2ヵ月は、一体なんだったんだろう。
[2007/03/12 21:24 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
光と影
光と影が頭を占拠。
それが輪を描いてる。

「単語」を英訳してください。相方なら意味が分かるはずですよ。
私を愛してくれている仲間たちなら、
「あぁ、始まった」と思うと思いますが。
そういう人たち、居ればの話ですけど。

25時間経過。

同じ曲ばっかり。
吐きそう。
この25時間の間でブレスのためにしたこと。
・寝た
・どらえもんの映画見る
・世界不思議発見見る
・エンタの神様見る
・お風呂入る
・ドラムビートを叩きまくって隣の部屋から苦情来る
・MIG→Swampの順番で曲聞く。

今から21時までベルバラ見よ。
そいで華麗なる一族見て寝るんだ。
あはは。

一見、元気そうですが、けっこう来てます。
勝手に手が、口が動く。
あぁ、全部投げ出して会いに行きたい人がいるってのに!

[2007/03/11 20:31 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
MY MUSIC
shineのことだけを考え続けてはや13時間。
毒されている。
早く、YOU TUBEとかどこかのWEBにデモが上げられるまでになりたい。

MIG MARKETがMY MUSICっていう新曲を出して、
その歌詞聴いて、「そうなんだよなー」って思った。

・MY MUSIC
・MY WORK
・MY LIFE

WORKになっていないのは残念だが、shineの音楽は
この3人の生きざまであり、そのときその瞬間の経験や想いが
全て詰まっているわけで。
だとすればそれは奇跡に近いことで。
歌詞も音も1人が作っていればそうでもないけれど、
歌詞と音が別々ということは、同じタイミングで同じ経験や想いを
経験、あるいは共有しなければいけない。

春だからねむい、とか、
夏だからテンション上がる、とか、
それはそんな単純なものではなくて。

どうしてshineはケンカがあんまりないのか、ずっとなぞだった。
「あほちゃうもー」
とかはよくあるけれど、
「もう、うちら……、だめだね」、解散みたいなのはなくて、
先も見えてはいないけど、なんかこう一緒に歩いていく気がしていて、
それは生きざまを曝し合って一緒に形成しているからで。
汚いところも、きれいなところも。

根本的に隠すものが1つもない3人だから、
あれだけ居心地がよくて。
だから、生きざま曝した新曲は生まれていく。
今日も、終日曲のブラッシュアップと
今後のジャケットの構想(さゆみ、よろしく!)と、
あと、ゆならぶのタスクも考えないと……。

なんか、休日だけど仕事みたい(笑)

[2007/03/11 10:21 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
スタジオの匂い
「音楽は、生き物だ」
「オリジナル曲は、子供だ」


痛感したのが今日。
shineは形として出来上がった曲は現在5曲。
・Shadow
・DEAR
・just my fear
・LOOP
・沈丁花

長女のShadowは手の掛からない子でねぇ。
ついつい下の子たちに母さんたちは目がいってしまったのですよ。
すると、Shadow、拗ねた。
久しぶりにやると、もうガタガタ。
ミドル~ロウの間にあるテンポのこの曲は、実は何気に1番難しい。
が、しばらく放置してたのも事実。
あらためて、音楽は生き物、オリジナル曲は子供と同じ。
どの子たちにもちゃんと目を向けないといけないって気付かされる。

分かっているのに、この女2人はスタジオを出てからも
口ずさんでいたのは、新曲の沈丁花。
相当親ばかの2人は、「これ、絶対いけるって。いけんはずがない」

でも、新曲を詰めるのは楽しいけれど、すごい疲れる。
(ここから新曲について暴走させていただきます。あしからず)
新曲、沈丁花は小ぶりなのに物凄い匂いを放つ花。
1輪部屋に置いているだけで、部屋がその花の匂いで満ちるくらい。
「濃厚」なんですね。
1ヵ月半、駆け抜けるような恋をして、
(まだ全然引きずってますけどね)
身体半分がまるでなくなっちゃったような感覚で、
いつもすぐに会えたのに、聞きたいときに聞けた声が、
今、ないという事実と願いを込めた歌詞を書きました。
そして、当然ながらその辛い想いを相方が毎度のことながら
思った通りのメロディーにしてくれています。

現在、shineは今後、オーディションも受けようと
目下、デモ制作(もといその練習)に必死です。
アルバム、リアルに作る予定です。
お楽しみに。

▼練習後のお馴染みディナーMTG中の峻▼
Image056.jpg

[2007/03/11 00:49 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
抱えて歩くもの
Familyの1人が事故った。
報告を受けたのが、先週になるのか?今日、日曜だから……。
先週の前半。
ただ、状況把握ができておらず、把握できたのが木曜日の夜。
今日、面会時間と同時に会いに行く。

これから彼はその事故で受けた傷を抱えて生きていかないといけない。
うちのFamilyは大なり小なり何かしら抱えてるやつらがほとんど。
まぁよくこれだけ重たいものをぶらさげて生きているやつらが集まったものだ。

救急車が苦手な鬱の私を筆頭に、みんな、何かを抱えて生きている。
それに終わりはない。
終わりが来るのは死ぬ、そのときだ。

何が、私は言いたいんだろうな(笑)。
言葉にならないが、言葉にしたかった。
[2007/03/11 00:33 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
3.9 は、何の日ー?
stepup.jpg


「みぐのひ」です。

仲間としてもアーティストとしても愛しているMIG MARKET.
初めて出会ってからもう、1年半近く経ったのか。
あの感じの悪かった人が(いつもこれだよw)、いまや……。

最初にMIG MARKETとして結成したとき、
まさか結成から僅か、1年半ちょっとでCDデビューするなんて夢にも思わなかったし、こんな長く付き合いさせてもらえるとも思ってなかった。
でも、ずっと彼らの人間性と彼らのトラックを愛してきたんだ。

リハなし、いきなし、マイクチェックなしっていう悪条件でも
彼らはライブを無償でやってくれたり、
頼んでたオファーのキャンセルも快く受け入れてくれた。
普通、CD出すまでにいったアーティストならこうはなかなかならない。
事務所通して、キャンセル料とか発生して。

人だなって思ったね。
結局は。

そんな彼らの門出を私は心から祝う。
そして、まだ体調は相変わらずだけど、
そんな彼らのリリパ、這ってでも行くから、
待ってろよ、MIGメンバー!
[2007/03/10 07:28 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
新曲 UP!!!
20070308203634.jpg


shine の新曲、「沈丁花」。
今、すべての想いをここに託しました。
今週末、スタジオで一気にこの曲を詰めたいと思います。

短く、そしてものすごい勢いで走り抜けた恋。
そして、決して忘れぬ恋。
そして、未だ終わらぬ恋。

shine の新曲としては、LOOP 以来です。
毎回、曲を作りながら思うのは、
もう、この曲を越える曲は作れない。
そう思いながらも、いつも作り続けてきました。
否、そのくらいのものでなければ作る意味もない。

曲を作りながら、何度も挫けそうになり、
何度も投げ出して泣く。
それでも、結局私が音楽に戻るのは、
やはり音楽しかないからだと思うのです。

いつか、笑いながら「沈丁花」の生まれたきっかけを
話せるような日が来ますように。
[2007/03/08 20:52 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ハラガ……
よじれる

寝ても起きてもイタイ。
[2007/03/08 10:39 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
季節外れのクリスマスプレゼント
お昼ごろ、先輩が私に言った。
「あなたによいモノ、あるんだよ」

まず、もらえるものなのかを咄嗟に考える。セコイ女だ(笑)。
すると、必ずデスクに花を活けているのを見てくれているからか、
「家で咲いてたクリスマスローズだよ」
そういって、お花をくれた。

20070307195836.jpg


季節外れのクリスマスプレゼントは、こんなにも嬉しいものなのか。
[2007/03/07 19:59 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
どこかで1度は聞いたことがある、あの曲……
昔から音関係のアーティストとの出逢いは、恵まれていると思っている。再三に渡り紹介しているnamidiaもそうだし、(また内輪ネタ)「Sタン! Sタン!」でみんな大好きMIG MARKET.ちなみに彼ら、今週末にCD全国発売します。もちろん、曲はアノ、「STEP UP」。

先週の金曜日、病院の帰り、時間もちょうどあったので、LIVE PARK で一緒だったあっくんのライブに渋谷RUID へ。いつもRUID はMIG のイベントでしか行かないので、その客層の違いにマヂビビリ。なんか巣鴨2割に鹿鳴館8割って感じ。どっちかっていうと、アタイ、巣鴨系?(笑)。

で、しばらくするとあっくん登場。なんだか急にかわいかったあっくんが男の子から男になった感じで嬉しいやら切ないやら、やっぱこの辺りの感覚、巣鴨系。しかも、赤パン見えてる。やっぱ巣鴨系。

あっくんたちのライブも終わり、さぁ、帰ろうと思ったけれどせっかくなので次のチームも見て行こうと。するとねぇ、いてよかったよ。

Swamp Delta Rockcafe

まず彼らに一言。名前、ながっ! shine くらい短くしてくれ!(笑)。
で、みんな、1度は聞いたことあるはず。彼らのHP のDISCO から「がんばれ」、視聴してみてほしい。テレビで聞いたことあるはず。思わず、「アタシこの曲知ってる~~~~~~~~~!」って叫んじゃったよ、巣鴨系(←気に入った)。なんかね、演奏に余裕あるんですよ。演奏を楽しむ余裕。聞いてて安心して観れるんですね。

でも、びびったのはヴォーカル。若い。でも結成から10年目らしい。イッタイイクツデスカー? 絶対年下だと思い込んでた……。どうやら年上らしい。そしてKey の人おもしろ。ジュリアナ扇子をくねくね踊りながら振り回して演奏してた。あきにもやらせたい。shine もあれ、やろう。

そしてみなさんにおすすめなのが、「マッハで恋してABC」。あぁ、もう意味不明、理解不能。そんなタイトル、好きです。こちらもDISCO から視聴可能。ぜひ。テンション、かなり↑上がります。なのにどこか懐かしいメロディーライン。サザンを想起させる感じですね。多分、あきは好きな感じだと思う(本人に言えよ、言うよ)。

▼これがそのおすすめ「恋してマッハでABC」ジャケ写▼
cd04.jpg


久々にキターーーー!!!って思うアーティストでした。パフォーマンス、曲の作りこみ、歌唱力、いいっすね。ってか人の批評の前に自分、歌練習しろよって感じですね。はい、今日もやりますよ。かーえーるーのーうーたーがー。

にしても、久しぶりに素敵なアーティストに出会いました。そんな彼らはどうやらこれから全国ツアーらしく、戻りは桜散る頃らしいです。次回、首都圏近郊でいくと4月9日(月)@横浜、4月12日(木)@渋谷。渋谷、行きたいね。行ける人、一緒に行きましょう。渋谷のO-Crestに18:00OPENだそうで。というわけで、どうやらアタクシは完全に彼らにはまってしまった様子。
[2007/03/06 22:35 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
「効く」と信じる
「効くって信じたら効くんやって」

「んなこと言ったって効かんもんは効かんねんもん」

「効かんって思うから効かんねん」



心の中であの人だったらこう言うなって思いながら、昼休み明け、薬を飲む。案の定、すぐに眠気と眩暈と吐き気が襲う。トイレに駆け込み、しばらく動けない。1日に大体、2・3回こういうことが起きる。薬が切れるのが17時過ぎ。ようやく頭が働く。
今回の薬もまた合わないようで、これもまたダメなのか? と思うと堪らなくなる。上司がいらついているのが手に取るように分かる。もう、目を見て話せない。でも、逃げちゃいけない。碇シンジを思い出した。

絶対に効く。これがだめなら、また次を試すだけだ。いつまでだって、戦ってやる。なめんな。

って強気だけど、またすぐ泣きたくなるんだなー、これ。もう既に起きているのがきつい。明日は帰りが遅いからもう、横になろう。
[2007/03/06 21:28 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
風音
怖い。
こんなとき、となりにいてくれたら……。
[2007/03/05 21:09 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
そしてまた5日間、戦う。
抗鬱剤が合わないのではなく、処方されて変えたばかりの睡眠薬が強すぎたっぽい。昨日、半分にして飲んでみると、大分身体が楽。でも、この抗鬱剤は飲むと胃がもたれて吐きそうになる。

この新しい薬は金曜から試し始めた。今までの中で、1番きつい薬だけれど、1番効いている「気」がする。

まず、会社に着いたら先輩に正直に話そう。つらいけど、もうちょっとがんばらせてくださいって。もう、自分の感情だけで人を振り回したくない。逃げた先に、何もなかったのは修善寺でよく分かったから。戦った自分を、あの人に見てもらいたいから。
[2007/03/05 08:14 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
抗鬱剤投与から1ヵ月半
また、薬が変わった。1ヵ月半経ったのに、まだ見つからない。金曜から服用しているが、これもどうにも合わないようだ。

戦おうと決めたものの、時々、自分の弱さまでも病気のせいにしそうになる自分もいるのも確かで、そういう時は必ず1人の人を思い出す。

1日でよい、解放してくれ。それが通じたのか、彼の誕生日の夜中に叫びながら目覚めたあの日を境に、夢にもパタと現れなくなった。そうなるとそうなったで、寂しさが取れない。

落ち着き始めている自分と、どこか、身体の半分ぽっかりと空いたままの自分と、不思議な感覚が混在する。

久しぶりにぽちに会って、いろいろ話して、「お前は忙しいくらいがちょうどよいよ(笑)」って言われて、この人はよく分かっているなぁ、と思いながら苦笑した。

ちょっと出ただけですぐくたびれる。明らかに薬が合っていないようだ。それでも使い始めて慣れると合ってくることもなくもない。1週間は試してみなければ……。明日からの出社が不安になってくる。すると、あきが1本のメールを送ってきた。オーディションに応募したいという内容。そろそろ、デモをきちんと作りたいと思っていたので、これでまた、少し活力が出た。結局私は音楽に始まって、音楽に戻るのかもしれない。この薬、もう少し試してみよう。
[2007/03/04 18:38 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
雛流し
雛祭り
3月3日、桃の節句。中略。日本固有の行事としては、巳の日の祓と言って、人形(形代、撫物)で身体を撫で、身体のけがれを移して、川や海に流した。中略。胡粉を塗って作る人形技術が、室町時代に中国から伝わってから、女児のための節供として、男児の端午とならんで盛大となった。以下、略。(日本大歳時記、講談社より抜粋)


全文を読むと分かるが、本来は「女児のみ」という区切りはなく、平安時代より平安初期には身のけがれを人形に託して海や川に流す風習が、村町時代以降に女児のための祭りと変化したわけだ。

なので、20 を当の昔に過ぎているアタクシタチ(u-na、あみちゃん、はましー、美月)でも雛祭りを祝うことは「的外れ」にはならないわけである。いわゆる、古来の祝い方であれば……。

という分けで、身のけがれを流すために雛流しを行うことに。

11時。あみちゃんとはましーがデパ地下で差し入れを持ってきてくれる。やっぱり女の子。男ならこうはいかない。否、彼女たちだから、というのが正確なところだろう。あみちゃんは千代紙まで用意してくれている。さすが。私は何も用意してない。いつものことだが。

早速、u-na 宅、あの狭い家へご招待。ちょっとした罰ゲーム。買ってきてくれた散らし寿司や太巻きなどなど食しながら、ついつい面子的にLIVE PARK のDVD を見てしまう。
そして、13時過ぎにようやくお内裏様とお雛様を折り紙で折り始め……。心配していた「折り紙、できるかな?」も、けっこう簡単にできた。遅れていたみづきも合流し、15時過ぎに家を出発。近くの空き地で雛台に添える花を野花を積んで多摩川へ向かう。

16時半。多摩川着。風、強し。川、逆流。この時点で既に全員の頭の中には同じ疑問が。

「果たして本当に流れるのか?」

そこら辺の草木をむしってためしに流してみる。が、流れるはおろか、動かない。(あーぁ、やっぱり……)、声に出さずとも、4人みんな同じ思いだったことだろう。

そして1番手。はましー。
20070304120758.jpg


が、すぐに水没。笊の網目から水が入ったことが水没原因と判明。風流に行くはずが、花の飾り方といい、風の強さといい、まるでもう、誰か死んだ命日状態。笑うしかない。全員でひたすらに爆笑。はましーだけ、苦笑。そこで一息つこうとあみちゃんの差し入れ、どらやきを食べる。そして、水没防止に下に防水加工を施す。防水加工の方法は、公には出来ないのでこの4人の企業秘密ということで……。ただ、とても大人げないことだけは事実ですが(笑)。

そして2番手、みづき。必死に、「悪事よ、流れてください。流れてください」と、念仏のように唱えながら流すが、これもあえなく撃沈。
20070304121358.jpg


3番手。Aurora Life,あみ。オーロラの奇跡は起こせるのか?
20070304121451.jpg

もちろん、さっさと撃沈。もうみんな、笑うしかない。ひらすらに笑うのみ。

トリ。アタイ。もう、前の3人の中の誰よりも重たい私の笊。間違いない。沈む。が、ここまで来たら流すしかない。
20070304121736.jpg


流れた! みんなよりきれいに流れてるぢゃん! ただ、LOOP してるよ! 岸に戻ってきてるよ! とか言いつつも、なんだかんだ、ゆっくり水没しながら川の真ん中のほうに進む。すると、折り紙で作ったオスの鶴がまず笊から離脱。
「頼む!せめて行くならメス鶴も連れてってくれ!」
ものすごく切実な想いを込めて叫ぶと、メス鶴、オス鶴を追うように笊から飛び出す。
「行った! 行った!」
と歓喜の声を上げるものの、オス鶴との距離は縮まるどころか、離れて行く。もう、全員爆笑。
誰かが「最初から折り紙で鶴だけ流せばよかったのでは……」
と言って、来年は折り紙で行こうと決定。私たち4人の人生の一端を見たような気がした春の夕暮れ。

▼流す! ▼
20070304122152.jpg


▼でも ▼
20070304122225.jpg


▼すぐに沈没▼
20070304122246.jpg

[2007/03/04 12:22 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
去らないで冬、されど来る春
最初の1行に目を通す。
この用紙は赤色に染まるだろうと
容易に想像の出来る上がってきた原稿を目の前にして、
耐え切れずに皇居へ散歩に出た。

皇居は場所によっては「KEEP OUT」などと、
芝生にまで看板を立てている。
にも関わらず、ばさばさと風流なく切り落とした枝を
平気でそこらじゅうに散らかしてある。
ちなみに昨日、「KEEP OUT」が読めない私は、
ズカズカと芝生に入り、木にまで登って

「気持ちーぃ!」

と元気に叫んでいた。
この-ONE DAY- を読んでくれている多くの方が昼間のオフィスから、
もしくは深夜の自宅からのアクセスなので、
察するにほとんどの方がホワイトカラーの方なのだろう。
そしてSales の方もいれば、
私のようにBack Office の人もいると思う。

後者になるとますます外に出ることはなく、
丸の内勤務、なんて聞こえは良いが、
実際のところ、朝、出勤して帰りは既に真っ暗である。
ことさら目黒を愛する私は、丸ビルやOAZO などには目もくれず、
さっさと有楽町駅に向かうのだ。

皇居内を散策していると「KEEP OUT」の看板がないエリアを発見する。もちろんその中に入って椿の花と話したり、木と話したりするわけだ。一見、頭の狂った女だが、まぁまぁ、間違いはないだろう。
私もそう思う。

胸の中のどこかで、春を待ち望んでいるのに
冬の終わりをもの悲しく思うのは、私が冬生まれのせいだろうか。
しかし確実に冬は終わろうとしており、春は否応なくやってきている。
この小さく、でも逞しく生きようとしている幼い木のように。
kokyo.jpg

[2007/03/01 21:23 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
出社4日目
日に日にだるさが増してくる。明日で終わり。分かっているのに身体がついていかない。一昨日の上司とのやり取りはそれなりにダメージを受けていたらしく、頭では分かっていても、まだ上司の目を見て話せない。

毎朝、日課のようにshine のDEAR を聴きながら出社をする。自分たちの作った曲に励まされる、なんとも不思議な感じだが、それで出社が出来ているのだからまぁ、よし。

昔から追い詰められたときに出る「癖」が再び出始めてきて、なるべく早く帰ることを心がける。まずは定時まで出社する。今週の目標はなんとか達成できそうだ。たかだか毎日出社するという、至極当たり前なことも、いまの私には聳え立つ壁なのだ。
[2007/03/01 12:20 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(1)
深く眠りたい
呼ばれている気がした、午前2時。自分の叫び声で目が覚める。呼ばれている気がした。電話しようと思った。でも、出来なかった。私の勘違いかもしれない。だとしたら、ますます電話は出来なかった。それから3回に分けて夢を見る。必ずあなたは出てくる。

昨日はどうしても一言だけ伝えたかった。でも、言えなかった。いま、1度連絡するともう、きっと私はまただらだらと連絡し続ける。だから、気づくかどうか分からないけれど、メッセージをメッセンジャーの表示に託した。IT なんて所詮、ツール。今回も伝えるツール、手段に過ぎないのに胸に開いた穴は余計広がっただけだ。

離れたあの日から毎日、あなたは夢に出る。もう一体、何日目? お願い、1日でよい……。1日でよいから、解放して……。深く、眠りたい。
[2007/03/01 07:55 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。