スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
声にならない悪夢
舞台はラブホテル。
皆が想像するような夢なんかではない。

ただ、私は1人で寝ていて、ソファで寝ていて、
ベッドには彼の同僚という女が寝ていた。
君の悪い、ケタっと笑う女だった。

気がつくと、ピトっと冷たい手が私の手の甲に当たった。
びくつきながらベッドから垂れ落ちたその冷たい手の主を
伺い見る。
見慣れた男性がそこにいた。


(何だ……)


毎朝目覚めると、まず最初に視界に入るその男性を抱きしめると
抱きしめた視線の先にあるブラウン管は、
スイッチが入っていないはずなのに、
ときどき、映るのだ。
あの女のケタっという笑い顔が。

そして黄色いコスモス畑。

また、女の笑い。

次第に鮮明になってゆく映像。

男は全く気がつかずに眠りに落ちていて、
私は必死に男を起こす。


「起きて、ねぇ、起きて」

最初はやさしく、次第に懇願するように、
まるで毎朝の情景のようだったが、
次の瞬間、悪魔は舞い降りた。

目を開けた男のその顔が、女のケタっという笑いになっていて
突き放すわけにもいかず、助けを呼ぶ余裕もなく、
騒ぎ立てていたらようやくホテルの係りの人がきてくれて、
でもその瞬間、彼はケタケタと笑いながら、
「楽になんかさせるものか、しあわせになんかさせるものか」
といいながら、顔面犬に変化して、部屋を飛び出していった。

その犬は、かつて私が飼っていたビーグル犬だった。



そこでようやく目が覚める。
顔は驚くほど熱く、喉はひゅうひゅうと音を立て、
あまりの恐怖に男に電話をしたが、
男は電話に出なかった。


目が覚めてから10分、まだ身体は寒く、
悪寒は止まず、それでもこれを書き連ねないといけない衝動に
駆られる自分を、何だか愛おしくも情けなくも感じる。
スポンサーサイト
[2007/10/29 19:02 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
猛、お元気ですか?
猛(タケシ)。
私の周りには顔がよくてチヤホヤされる男も多いが、
彼は芯からカッコイイ男だった。

彼をなぜ、こんな早朝から思い出したかというと、
うちの若殿様がでかけるときにいった一言。
「で、沖縄に行く件、今日正式に申し込むけど、いい?」
今日も相変わらずバタバタと見送り、穏やかな時間がやってくる。
誰もいなくなった家にひとり、ふと彼を思い出す。



「猛、お元気ですか?」



猛は学生時代からの仲間で、
大学2年のころからすでに働いていた。
働き先は某有名芸能プロダクション。
365日、働き続けていた猛の顔は、
私が社会人1年目のとき、随分とやさぐれていた。

「俺なー、有紀。あと1年で会社辞めるわ。
 芸能界なんて、カネとヤクザの世界やで。
 長くいたら、死んでまうわ。
 
 それでな? 沖縄行って民宿やろうと思うねん」

その顔は、23歳らしい夢を見る顔だった。
それが、猛を見た最後だった。
以来、猛と連絡は取れなくなった。


猛、私にとって君は相変わらずイイ男ランキングに乗り続け、
猛、同じ目標に向かって一緒に走っていたあの時間、
私はとてもしあわせっだった。

同い年とは思えない大人びた猛。
男とか、女とか、そんな関係ぢゃなくて、
友達なんて言葉では収まらなくて、
猛、あんた、夢を叶えたの?

あんたが夢見ていた沖縄に、来月、行くよ。
猛、お元気ですか?
[2007/10/25 07:46 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
財布が。
ない。
[2007/10/24 14:14 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
ご好評いただいた『しずく』ですが。
LIVE PARK2007でご好評いただいた『しずく』ですが、
あの曲、実はもともと振られた女の曲なんですよね。

だってほら、この日の日記を見てくださいな。

会った翌日に
「好きになっちゃったみたいなんだけど」
という女。
当然のように
「……、ありがとう」
と戸惑いつつもしっかり断る男。

始まりはここからだった。
しずくが生まれたのはこの前後のこと。

このROCKET DIVEな告白の前夜、
7月22日の22時、代々木の大○屋という定食屋にて、
頬を紅潮させながら、
「恋しちゃったのよ♪」
とくねくねしながらいう女、1人。
その女を気持ち悪そうに見る仲間、6人。

そのうちの1人がこういった。
「夢を見たと思えばいい」


神が光臨した。
そういった彼の名前もまた、神の字が入る天才ギタリストなのだが(←一部しか分からない文章ですみません)。

当初、『しずく』は振られた女がひと時の恋という夢を見て、
目が覚め、また明日から1人で歩いていくという曲だった。
それがどこをどうして? 
あれよあれよという間に変わってしまったのだ。

この波に乗って、またよい曲をドンドン書いていきたいものです。


目を逸らしたのはキライだからぢゃない
視線外して視界に入れた
すれ違いだらけの2人いつか 隣に寄り添えるよう

だから私が唯一素直になれるこの歌で
あなたにまっすぐにいま この思いをただ届けたい

しずくの中に刹那夢を見た
眩暈が起きそうなほど甘く
しずくの中に見たその瞳は
真実を語ってくれていた

素直ぢゃないね?
何人がその言葉を残し通りすぎた
素直になりたい初めてそう思えた人だから

まつげに溜まったしずくが
頬を伝い流れ落ちる
まっすぐな瞳が私をまっすぐ捉えて離さない

しずくの中に刹那夢を見た
時計がカチリ音を立てたの
しずくの中に見たその瞳に
私が映っていると信じたい

しずくの中に刹那夢を見た
白昼夢?
それとも夢ならば早めに覚めてほしい
引き返しができる間に

しずくの中に刹那夢を見た
眩暈が起きそうなほど甘く
しずくの中に見たその瞳は
真実を語ってくれていた



[2007/10/24 13:55 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ご好評いただいた『しずく』ですが。
LIVE PARK2007でご好評いただいた『しずく』ですが、
あの曲、実はもともと振られた女の曲なんですよね。

だってほら、この日の日記を見てくださいな。

会った翌日に
「好きになっちゃったみたいなんだけど」
という女。
当然のように
「……、ありがとう」
と戸惑いつつもしっかり断る男。

始まりはここからだった。
しずくが生まれたのはこの前後のこと。

このROCKET DIVEな告白の前夜、
7月22日の22時、代々木の大○屋という定食屋にて、
頬を紅潮させながら、
「恋しちゃったのよ♪」
とくねくねしながらいう女、1人。
その女を気持ち悪そうに見る仲間、6人。

そのうちの1人がこういった。
「夢を見たと思えばいい」


神が光臨した。
そういった彼の名前もまた、神の字が入る天才ギタリストなのだが(←一部しか分からない文章ですみません)。

当初、『しずく』は振られた女がひと時の恋という夢を見て、
目が覚め、また明日から1人で歩いていくという曲だった。
それがどこをどうして? 
あれよあれよという間に変わってしまったのだ。

この波に乗って、またよい曲をドンドン書いていきたいものです。


目を逸らしたのはキライだからぢゃない
視線外して視界に入れた
すれ違いだらけの2人いつか 隣に寄り添えるよう

だから私が唯一素直になれるこの歌で
あなたにまっすぐにいま この思いをただ届けたい

しずくの中に刹那夢を見た
眩暈が起きそうなほど甘く
しずくの中に見たその瞳は
真実を語ってくれていた

素直ぢゃないね?
何人がその言葉を残し通りすぎた
素直になりたい初めてそう思えた人だから

まつげに溜まったしずくが
頬を伝い流れ落ちる
まっすぐな瞳が私をまっすぐ捉えて離さない

しずくの中に刹那夢を見た
時計がカチリ音を立てたの
しずくの中に見たその瞳に
私が映っていると信じたい

しずくの中に刹那夢を見た
白昼夢?
それとも夢ならば早めに覚めてほしい
引き返しができる間に

しずくの中に刹那夢を見た
眩暈が起きそうなほど甘く
しずくの中に見たその瞳は
真実を語ってくれていた



[2007/10/24 13:55 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ご好評いただいた『しずく』ですが。
LIVE PARK2007でご好評いただいた『しずく』ですが、
あの曲、実はもともと振られた女の曲なんですよね。

だってほら、この日の日記を見てくださいな。

会った翌日に
「好きになっちゃったみたいなんだけど」
という女。
当然のように
「……、ありがとう」
と戸惑いつつもしっかり断る男。

始まりはここからだった。
しずくが生まれたのはこの前後のこと。

このROCKET DIVEな告白の前夜、
7月22日の22時、代々木の大○屋という定食屋にて、
頬を紅潮させながら、
「恋しちゃったのよ♪」
とくねくねしながらいう女、1人。
その女を気持ち悪そうに見る仲間、6人。

そのうちの1人がこういった。
「夢を見たと思えばいい」


神が光臨した。
そういった彼の名前もまた、神の字が入る天才ギタリストなのだが(←一部しか分からない文章ですみません)。

当初、『しずく』は振られた女がひと時の恋という夢を見て、
目が覚め、また明日から1人で歩いていくという曲だった。
それがどこをどうして? 
あれよあれよという間に変わってしまったのだ。

この波に乗って、またよい曲をドンドン書いていきたいものです。


目を逸らしたのはキライだからぢゃない
視線外して視界に入れた
すれ違いだらけの2人いつか 隣に寄り添えるよう

だから私が唯一素直になれるこの歌で
あなたにまっすぐにいま この思いをただ届けたい

しずくの中に刹那夢を見た
眩暈が起きそうなほど甘く
しずくの中に見たその瞳は
真実を語ってくれていた

素直ぢゃないね?
何人がその言葉を残し通りすぎた
素直になりたい初めてそう思えた人だから

まつげに溜まったしずくが
頬を伝い流れ落ちる
まっすぐな瞳が私をまっすぐ捉えて離さない

しずくの中に刹那夢を見た
時計がカチリ音を立てたの
しずくの中に見たその瞳に
私が映っていると信じたい

しずくの中に刹那夢を見た
白昼夢?
それとも夢ならば早めに覚めてほしい
引き返しができる間に

しずくの中に刹那夢を見た
眩暈が起きそうなほど甘く
しずくの中に見たその瞳は
真実を語ってくれていた



[2007/10/24 08:01 ] | 未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)
音楽というステージで
自分の愛する人が、私が音楽というステージに立つことを
きらっていることは、もう、随分前から知っていた。

一緒になるときに、音楽だけは捨てられないと、
条件を出した。
音楽は、自分そのものなのだ。

音楽と、大事な人を天秤に掛けることは決してできない。

その大切な人と一緒にいる時間は何物にも代えがたく、
けれど、クリエイティブな能力は着実に低下していく。
「u-naになれない」
今回のステージで1番困ったことはそこだった。
いままで、オートでなれていたから、
u-naになれないことが、これほど苦しいものとは知らなかった。
u-naであることと、本来の自分であることは
相当のギャップを伴うから、並大抵の人ではその事実を受け入れられない。

けれど、u-naになった瞬間の、あの魂を削る感覚は
カラダが覚えている。
ステージ直前、異邦人の前、悠子は
「大丈夫、顔がu-naになれているから」
そういってくれた。
悠子は、u-naである私と、普段の私を愛してくれている。
こういう書き方をすると、一見レズのようだが念のため、
それは違う。
互いに、モノを作る人間としての能力と、人間的能力に
惹かれあっている、それが私たち。

しかしこれが、男となるとそう簡単にはいかない。
普段、ニャーゴロニャーゴロしている自分の女が、
一変するわけだから、気分も悪くなる。
無理もない。

だから私は、その狭間で揺れている。
2つは取れない。
分かっている。
だから私は、わがままなのだ。
結論はもう出ているのに、未練なのだ。

LIVE PARK2007、本番前のVTR
[2007/10/23 17:43 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
自分の思いと裏腹に
自分の声がきらいだった。
鼻に掛かって、何だかいやな感じ。

でも、日曜日のこと。
親友の誕生日会で1人の男の子がギターを持ってきていました。
何となくその場で始めたセッション。
彼と、周りにいた人たちは、私の声を褒めました。
そして、私に仲良くなりたいといってくれます。

うれしいけれど、自分が一人歩きしているようで、
どこか少し、不安なのです。
[2007/10/23 15:54 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
異邦人
blog9.jpg

「だから人は私たちをこう呼ぶの、異邦の者たちと……」

この言葉が出たのは、何かを見たからでもなく、
何かを感じたからでもなく、ただ、いまの自分たちに
これ以上の言葉はないと、思っただけである。

TAK MATSUMOTOと同じには絶対にしたくなかった。
ZARDと同じ歌い方はもっといやだった。
何を伝えたいのか?
何を思っているのか?
それを考えると、時間的なものから
異邦人は無理だと思い、真吾に「異邦人はいやだ」と
噛み付き、喧嘩もした。
5月か、6月のことだった。

クランクインは7月22日、富士山から帰ってきて
そのまま新宿から代々木のスタジオへ直行した。

自分のイメージとのギャップ、
どう埋めたらよいのか分からない、
それでも少しずつ音が作られていくのが楽しかった。
でも、最後まで決まらなかった間奏と終わり方。
ギリギリまでねばった。
これでもか、というほどに楽器隊へリクエストを出した。
それが楽器隊にとって負担であることを分かっていても、
リクエストを出し続けた。

3カ月、短かった。
とても短くて、終わってからも、
「ぢゃ、また来週!」
の声が聞こえてきそうなのに、
確かに終わったのだ。

全てをぶち込んだ。
悔いはない。
観客の顔を見る余裕もあった。

すべてを中途半端に生きてきた。
開催3日前まで歌い方が見つからずに、
彼の腕を噛みながら唸って、泣いて、喚いていた。
ふっと思った。
これを出せばいいぢゃないか。
この無様な生きざま、それこそが、異邦人。
迷いはなかった。
私は、1年振りにu-naになれた。

blog10.jpg


▼異邦人が終わった楽屋にて▼
blog11.jpg


▼愛するネイリスト悠子作▼
blog12.jpg


▼その悠子と一緒に▼
blog13.jpg

[2007/10/23 12:04 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
音楽を、思う存分
10:00、S.M.Rメンバーが聖地、六本木に召還された。
あきも私もちょっと緊張気味、と思いきや、
あの45番も緊張しているようだった。

blog1.jpg

そんな中でも無理やり笑顔を作るこの2人。

あっという間に時間は経ち、今日のステージである
六本木のmorphへ入る。
時間通りに入ったはずなのに、お決まりの「押し」。
blog3.jpg

何とかリハを済ませてメイクに入る。

▼今回、大活躍したネイリスト悠子と▼
blog4.jpg


そして本番。
1発目はshine。

真っ暗な中からライトを浴びるとスイッチが入る。
幕内で愛している悠子が見てくれている。
悠子は、直前まで私に、「ひとりぢゃないから」を繰り返し続け、
その証のように、右手の爪には彼女がこの5分だけのために
作ってくれたネイルチップが貼られていた。

blog5.jpg


「標高2740mの中で、1粒のしずくを見ました」
のMCから始まるしずく。
「そのしずくが、頬を伝い、私の手の甲に落ちたその瞬間、
 それが、恋だと知りました。
 愛する人に捧ぐ、shineで、しずく……」

いい終わると同時に峻のクラッシュシンバルが高らかに音を奏で、
あきのキーボードが柔らかく、しなやかに奏でる。

オリジナルは怖い、『しずく』をはじめて聞く人たち、
どんな反応をするのだろう?
反応がなかったら、どうなのだろう?
いつも、ライブのたびに怖くなる。

でも、怖さはなかった。
自分が乗る前に客は乗っていた(笑)。



blog6.jpg

blog7.jpg

blog8.jpg


この瞬間が堪らないのだ。
この瞬間があるから、私は音楽を止められない。
自分たちの音楽がフロアに届いた瞬間、
瞳の奥から熱い何かが溢れ、しずくは、終わった。


「だから人は、私たちをこう呼ぶの、異邦の者たちと……」
[2007/10/23 11:40 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
360度のパノラマ夜景を見ませんか?
ここしばらく、また体調が悪く、臥せていました。
ライブ前の緊張もあったし、何となく気分が落ち込んでもいた。

昨日の夜、27日のライブ会場の下見に行きました。
ちょっと駅から離れているので、仲間にお願いして
バイクで駅まで送ってもらうことに。

「ちょっと寄り道していい?」

仲間がいいました。

「おぅ」

と、返事をしました。

ライブ前の緊張緩和のために連れて行ってくれた場所。
レインボーブリッジの360度の夜景。

富士山登頂でも思ったけれど、いい仲間を持ったな。
すごいうれしかった。
今日も仲間の1人と会います。

会ってくれる仲間がいるって、
そばにいてくれる仲間がいるって、
ありがたい。
[2007/10/14 08:55 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
部屋で寝転べる?
1R。
2週間前、自分の部屋では「寝転ぶ」ことができなかった。

でも、ダーリン殿のレイアウト変更のおかげで
大幅に部屋がすっきりきれい!

でも、今度はきれいすぎて落ち着かない(笑)。
わがままですみません。
[2007/10/14 08:48 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
プリンと杏仁豆腐
多分、特に他意はない。
「はい」と不意に手渡されたプリンと杏仁豆腐がやけにうれしかった。
「何泣きそうな顔してんの」と笑いながらいわれて、すがるように抱きついた。
[2007/10/03 16:05 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ともき、という人。
ともき、という人がいる。
全国各地にともきさんという人はたくさんいると思うが、
私にとってはひとりしかいない。

ともき、という人と出会ってもう8年が経とうとしている。
長い付き合いになった。

この8年間、近くもなく、遠くもなく、
とても良い位置から私を見守り続けてくれた。
それが、ともきだった。

私にとっては兄ともいえる存在で、
優しいだけではなく、厳しいこともいってくれる人だ。

何か少しでも不安なことがあると、
私は勝手に予想して、それを事実と思ってしまう。
そして泣いて悲しむ。
それが勘違い、っていうことが、実は圧倒的に多いのに。
だから、少しの不安が大きな不安になってしまう。
信じていたものが、一瞬にして崩れそうになる。

そんな不安定な状況で、彼はとても大事なことを教えてくれた。
「強くなれ、なるしかないよ」
信じるってことは自分が強くなっていないとなかなかできない。
でも、その一言で、いま有紀は穏やかになれたんだ。
何か、階段を一歩登れた気がするのです。

必ずいつも、階段を登るときには、そこにともきという人の存在があるのです。
たまたま今回はともきという人を紹介しましたが、
彼以外にもたくさん、私を支えてくれている人がいる。
だから私は間違った道に入ってしまっても、頑張って這い出せるのかもしれません。

[2007/10/01 14:56 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
IKEA! 家具屋! 買い揃え!
しあわせブログに方向転換してから、PVガクっと下がりました。
みんな、人の不幸が好きだったのね。

土曜日にようやく初IKEA。
去年の冬にハチ子と行くべーか、と話して以来、1年越しのIKEAでした。
中、広っ!
一方通行!
そしてカラフル!
→頭痛。

軽く頭の中にエレクトリカルパレードの曲が流れました。

結局、IKEAではよく分からないものばかり購入。
・コロコロ
・毛むくじゃらのクッション×2
・トイレ用の一輪挿し花瓶
・バスマット×3
・馬の形のチョコレート

そしてそのままそばにあったニトリへGO! GO!

いやぁ。
ここでの消費率は激しかった。

・もこもこ敷布団(敷布団の上に更に敷く布団←分かりづらい)
・布団カバー一式
・トイレカバー一式
・カラーボックス×2
・枕×2
・圧縮袋
何か他にもあったような。。
これだけデーンと揃うと、気持ちがよいものですね。
いっても、私の買い物ではない? けれど。
気持ちがほくほくします。

やっぱり新しいお布団、シーツは気持ちよい~☆
頭が痛くなるくらいベッドの中で右左→左右→右左へ
ゴロゴロと移動しまくりました。
↑5回以上やっちゃいけないね。
 軽くGEROっと逝きそうになりましたとさ。

[2007/10/01 12:45 ] | 未分類 | コメント(5) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。