スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
終わり。
やけに部屋がガランとしている。
そんなに、荷物はあったのか。

玄関のそばに、大きなダンボール一箱と、
スーツケースが1つ分。
もう、全部と思っても、後から、後から、
あれも、これも、出てくる。

「帰ってきてよ」

声にならない声で泣き叫んだ。
あんな泣き方をしたのは、きっと、初めてかもしれない。

けれど、まだ仕事は残っていた。
長年使ったキーケース。
もう、かれこれ6年以上使っている。
毎日、中を見なくてすむように
自宅のキーと会社の袖机のキーだけ外に出していた。
キーケースを開く。
真新しい鍵が1つ、
「最近、僕使わないね」
っていった。
一思いにキーケースから外して、
真っ白の封筒に入れた。
封筒には、それだけを、入れた。

部屋を、もう1度見渡す。
どこを見ても、彼のセンスだ。
唯一、六畳一間に似つかわしくない37型のプラズマテレビだけが、
自分を主張していた。

一緒にご飯を食べるために用意したちゃぶ台に、
二人分の食事が並べられることも、もうない。
電子レンジの下にある衣装棚の中身は、
玄関先にあるダンボールの中にすっぽりと入ってしまった。

終わったんだ。
私はしばらくぶりに、穏やかな心境になる。
あとやることは1つ。

「簡単やで。電話1本やで。『すんませーん、ちょっと荷物取りに来て』。
ヤマトさんとこ電話や」
同僚の声が、脳裏に蘇る。
私は静かに電話を手に取った。
スポンサーサイト
[2008/02/29 20:09 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
揺れる
すごい、揺れてる。
地震かと思ったら、自分が揺れてた。

1週間。
とにかく生きることが精一杯だった1週間。

目が、開かない。
うまく、笑えない。
[2008/02/29 13:18 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
自分、労わる。
半年以上振りに、歌詞を書き上げた。

ここ2週間、ほとんど食べられていない。
ようやく、サンドウィッチを二切れ、食べられるようになった。
食べていない私にとって、ペットボトルの蓋を開けることはとても難しい。
そして食べていない乾燥時期の私の身体はガサガサで、
衣服と擦れるといた痒い。

さっき、全身にクリームをたっぷり塗った。
身体が、喜んでいる気がして、少し、うれしかった。

今日は、1日イライラ。
うれしかった。
すごく気分は悪かったけれど、
気分が悪いのは感情がある証拠。

いま経験していることは、すべて将来に繋がっている。
がんばれ、有紀。
[2008/02/28 21:06 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
あの朝
いまの私を、支えてくれる人が
自分が思った以上にいてくれて、
ありがとう、っていうことばしかありません。

あの朝、
キッチンのふちを指でつーっとなぞった。
家を出るとき、最後に家中を見回した。

きっと、あのときからこうなることを、
私は知っていたんだと思う。

相変わらず、吐き気は止まりません。
相変わらず、朝うなされて目が覚めます。
正直、もう誰かに縋ってしまいたい。
でも、がんばります。
時間、かかると思うけれど、ここが踏ん張り時。
そして、支えてくれている皆さん、本当にありがとう。
[2008/02/28 08:31 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
僅かな期待
持ってはいけない期待。

毎日帰りに思う。
家の明かりがついていないか。

「ただいま」
と、暗い家をひとりで開ける。

「おかえり」
を聞くことは、もう、ない。
[2008/02/26 21:27 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
いまの、わたし。
食べていないので、何度、歯を磨いても口中の粘りが取れない。
吐いてもいいから、いまはとにかく食べるのだ。
そう思って少しずつ食べる。

こういう弱さがだめなんだな、と思うから、食べる。
1日に何度も吐きそうになって、1日に何度も1点を見つめて、
1日に何度も不安は押し寄せ、1日に何度も逃げたくなる。
そのたびに、「ここで逃げたらいつもと変わらない」と言い聞かせ、
1日を踏ん張り、自信をつける。

最近、気がついたのは、生きることってそんなに簡単ぢゃない。

マスターは、「有紀は人を愛せるから、大丈夫だよ」っていってくれた。
そう……かな。

トイレの鏡で自分を見る。
この1週間で異常に痩せた。
頬はこけて、目には生気がない。
このままではいけないと、醜いくらいにもがく。
少しでも力を抜くと、その場にへたれこみそうになる。

1日は長く、笑顔は引きつる。
そして、深呼吸をしてまた、机に向かい仕事を始める。

きっと、いまの私なら異邦人を前よりうまく歌えるんだろうなと思いながら、
帰り支度を始める。

「思い出は浸るものでも、懐かしむものでも、捕われるものでもない。
行為の結果であって、ただそうしたものだ」

何度も何度も、自分に言い聞かせながら、私は心から一言いってしまった。
「……しんどい」
[2008/02/25 18:02 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
「u-na」はもう、いません。
「u-na」はもう、いません。
自分がしあわせになるためにも、
この決断は正しいと思います。

「u-na」というキャラクターを作りあげることは、
難しい反面、作られたあとは、楽だった。

だけど、今回の件でよく分かった。
私は何もできない、弱すぎる。
自分のことは何もできない、好きなことだけまぁまぁ長けている、
実際はそれが「u-na」。

「有紀として、戦え」
といった志穂。
あなたは本当に偉大だよ。

人をしあわせにしたいなら、自分がしあわせでいなくちゃ。
自分がしあわせになるためには、
弱くて脆い自分と向き合って、戦わなきゃ。
「u-na」を逃げ場にしてはいけない。

「u-na」はもう、いません。
ここにいるのは、弱くてどーしょーもないオンナ、1匹。

逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ。
おとなに、なるのだ。
[2008/02/24 14:41 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
おっちゃん、すごい。
昨日の夜のハナシ。

クタクタにさせたかったので、
しんどい身体に鞭打って、
あの極寒の中、なじみの店へ行く。

1時くらいだったか。
ものすごい常連のような顔をしたおっちゃんが、
ものすごいはっちゃけて入って来、マイクを離さない。
でもみんなやっぱり大人な対応。
ちょっと空気が一瞬乱れたけれど、
温かく見守ってあげて、華を持たせてあげて。

いい方は悪いけれど、よく、電車の中とかで叫んでいるような
タイプの人だった。
でも、マイク持ったら確かにすごかった。

おっちゃん、1時半くらいかな。
今度は急にいなくなる。
「焼き鳥買ってくる!」
と、この寒空の中、出て行くときに、
そばにいた女の子に
「何がいい?」
ってきいてさ。

2時手前かな。
おっちゃん、本当に買ってきて。
私は、自分の分を買いに行ったと思ったんですよ。
そしたら20本くらいかな、買ってきて。
踊りながらみんなに配って回ってるのです。

家に帰って、横になって、ふーっとね。
「おっちゃん、何で焼き鳥買ってきたんだろうー」
って思って、みんなに配っているシーンを思い出して。
思い出した。
おっちゃん、自分の分、取ってなかった。
ぜーんぶ、みんなにあげてた。
それを思い出したら、いまはナーバスだからかな。
涙が出てきちゃった。
[2008/02/24 09:03 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
長い、1日。
からだも脳も、疲労困憊にさせないと眠れない。
眠ったところで、2時間も眠れないのだが。

結局、いままで街に出ていて、
どれだけ笑っても気分は一向に晴れやしない。

ライブでジャムセッションをやっても、
すごくうれしいし、楽しいけれど……。

それでもかまわない。
いまは、とにかく動くのだ。
[2008/02/24 02:14 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
a LONG DAY
今日は、母親の誕生日だったのに、ごめんなさい。

でも、私は忘れない。
【継続・○○・考慮中】、どれかにマルをするだけなのに、
手が震えて進まない。

そこのフロアには、ものすごい不安とものすごいしあわせが入り混じり、
今度、ここに来るときには、しあわせな心境で絶対来ようと。

あたたかくて、春を想起させる日中。
極度の緊張から解き放たれて崩れるように帰宅、
それとともに始まった強風。

すごくつらいし、すごく悲しい。
でもね、DEAR.
shineの曲はいつだって作ったその場では真に理解できないの。
でも、真に理解できるときが、必ず来る!
来なかったことはない!
1度もね。
shizukuの意味も、必ず分かる日が来る。

着替えて、外に出よう!
私は、毎日がライブなんだ!!
そして今日の日を忘れるな私。
絶対に。
[2008/02/23 18:38 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
素直な思いは。
「ごめんね」ということばしか、出てこない。
いいところもあるし、悪いところもあるし、
でも、そこまで追い込んでしまったのは、
私が原因でもあると思う。

怖いから縛り、弱いからしがみ、それに気がつかず、
ずっと甘え続けてきてしまった。

がんばらないときらわれそうで、
否、がんばらないというのはどういうことかも、
むしろ私はがんばっていないと思っていて、
そして自分に素直になってもよいのなら、
やっぱり君にそばにいてほしいんだ。
[2008/02/19 11:26 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
やっぱ不吉だった、バレンタイン。
やっぱり不吉な予感的中。

もうやだってさ。
帰って薬飲んで早く寝たい。
[2008/02/15 16:49 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
やっべぇ! 気がついたよ
何で朝が弱い男ばっか好きになってんだ??

そんな趣味、ないんですが。。
[2008/02/14 13:53 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
当日。
バレンタイン、あまりいい思い出ない。
去年なんて最悪だった。
いまとなっては「うへへっ」って苦笑いするしかない。
ご参考までにどーぞ

なーんでバレンタインの日に別れないといけないかなー、アタシ。
でも、きっかけがないと踏み切れなかったんだよねー、アタシ。
そして昨日からモノゴッツ不吉な感じがしてならない。

朝からUめちゃんにも「不吉」といい、
日記にも「不吉」とかき、
とにかくいま、超怖い!
やだよー、アタシ。
またバレンタインの真夜中にTIME OUT行って朝まで泣くの。

何年ぶりかにチョコレートケーキ(チョコレートは食感ないとかいわれそーだから)作って
作るっていう行為はすっげー楽しいんだけどさー。

今朝も先輩がメルマガの編集後記に
「自分の日記にその日に起きた、いいことを書くといいのよ」
って書いてあって実践。
でも、私のネガティブパワーには対応できなかったぁー、残念!

♪○本に相談しようかー
 でも○本忙しい やめっとっこ。

っていう、どーでもいーハナシでした。
あーした天気になーれ。
[2008/02/14 13:50 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
って明日、バレンタインだってさ!
えー?
「彼氏」と呼べる人にチョコレート渡すのって、
一体、何年ぶり???
いーちにぃーさーんしーごーろー……

確かさぁー、去年ってさぁー、
バレンタインに好きな人とバイバイきーんしたんだよねー。

あははー。

やっべー。
いまから作らないといけないのに
ブルーになっちまってやる気でなーぃ。。
[2008/02/13 20:43 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
失敗しないバレンタインチョコレート購入のススメ ②
バタバタしている間にバレンタインデーは明日となった。
ので、いまさら書くのもなぁと思いつつ、①で終わるのもいやだなぁと思い、
ものすごく簡単に書きます。

1.松屋銀座
福寿園→他の抹茶チョコレートよりも茶の匂いが香ばしいが、
      見た目が地味+価格も4粒630円と高価格のため、却下。

2.三越銀座
バレンタインフェア専用のブースを設けていたが、あまりにも人が多すぎる。
また、置いている商品もオリジナリティがない(ように思えた)。
松屋銀座と商品、被る被る。

両デパートで感じた今年のトレンドは下記4点。
・パティシエ×ショコラと書いていればなんでもよいのか
・生チョコレート多し。ただし、ラム酒きつすぎるものも多し。
・カカオ75%の板チョコ、人気◎
・和風チョコレートと称した山椒やしょうゆ味という摩訶不思議なもの、多し。

結果、あまり楽しくなかった。
もっとくまさんとかうさぎさんとかかわいいチョコがほしかった。
しかも、4粒2000円がアベレージで高すぎる。
だめだーめ。
[2008/02/13 09:30 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
失敗しないバレンタインチョコレート、購入のススメ -その1-
この時期にバレンタインフェアを開催しているデパートへ出向くと、
2月14日だけが勝負の日ということでないことが、よく分かる。
勝負はすでに、バレンタインフェアが楽天やYAHOO! JAPANなどの
ポータルサイトで公開された時点から始まっている。

バレンタインフェアで自分のためにチョコレートを購入する人は少なくない。
そこで、今回は2月7日に潜入したバレンタインフェアの様子の一部始終の紹介と、今年、いちおしのバレンタインチョコレートの紹介をしたいと思う。

ただし、あくまでも2月7日時点の話であり、
私個人の考えであることを、事前に強調しておく。

---------------------------------------------------------------
1.行きたい店舗の選定から。
デパートめぐりは皆さんも経験があると思う。
しかし、活気がある分、何店舗も回ることは体力がいる。
そこでうまくポータルサイトを活用したい。
私は定番ながら楽天やYAHOO! JAPANで事前勉強。
しかし、決して購入には至らない。
財政状況逼迫の我が家では、1円たりとも無駄な投資はできないのだ。

というわけで、ポータルサイトで事前勉強をした結果、
下記の3ブランドに狙いを定めた。
1.嵯峨乃彩
2.福寿園
3.はるうた

そして、嵯峨乃彩と福寿園の両方が入っている銀座松屋と、
すぐ近くにある銀座三越のバレンタインフェアに2月7日、潜入した。

2.銀座松屋
到着したのが18:40。混雑率はすでに130%(本人体感度)に達していた。
しかし、あまりの混雑でどこに何の店舗が入っているか分からない。
さらに、通路が人で埋め尽くされており、なかなか目当てのお店にたどり着けない。
まずは第一候補の嵯峨乃彩へ向かう。
ここでの目当てのブランドは「手鞠ショコラ」。
「昨年も発売して非常に好評だったため、今年も販売に踏み切った」と、
販売元の株式会社松風屋の研究員はコメントする。

▼人気の嵯峨乃彩シリーズ▼
嵯峨乃彩


このブランドからは貝合わせショコラ、扇ショコラ、手鞠ショコラの3シリーズがあり、
いずれも見た目の美しさと独創性は群を抜いている。
「嵯峨乃彩ブランドは、デザイナーの加藤彩氏が手がけています」と同社研究員。

実際にショーケースで実物を見たところ、扇・貝合わせは手鞠ショコラに比べ、
やや繊細さに欠けている感じを受けた。
しかし、どれも四角いチョコレートに和柄がプリントされているだけのショコラが多い中で、
「和ショコラ」で形状までこだわっているのは、私が見た中ではこの会社だけであった。
あるサイトでは「手鞠ショコラ」について、「名称と相反して半円形なのはどういうことか。外国人が見て、手鞠が半円形だと思われたらどうするのだ」などと書かれたいる。
そこで、株式会社松風屋に問い合わせたところ、同社研究員の方から下記のご回答をいただいた。
「この形状を取ったのは、あくまでも製造上の問題です。
実際、弊社では今年(別ブランドですが)、宇宙をテーマにしたFOUCHER(フーシェ)の『青い惑星ガイア』という球状の商品を初めて発売しました。
しかし、手作りですので販売が間に合わなくて……。
やはり大量生産となると、半球になりました」

▼FOUCHERの「青い惑星ガイア」と「オリンポスの煌き」▼
ao.jpg
6_img_10.jpg


また、同社ではソニープラザや東急ハンズでも販売している
動物チョコレートのほかに、クマをモチーフにした「B.B.ショコラ」も手がけているとのこと。
正直、松風屋という名前はあまり聞いたことはなかったが、
よく目にするあのチョコレートを手がける会社、と分かった瞬間、非常に親近感を持てた。

さて、見た目の話に重点を置いてしまったが、味もなかなかうまい。
「手鞠ショコラ」2個入りを購入したところ、
スイートチョコ(ブラック)はコアントロー(オレンジの香りのするフランス産リキュール)とキャラメル、ブランデーが入っており、お酒の香りはしっかりするものの、チョコレートのこくはしっかりと活きていた。
もう1粒のホワイトチョコは、ウイスキー・レモン・コーヒーという斬新な構成だが、少し甘めの強いチョコレート。後味は決して悪くなかった。

ということで、今回、失敗しないバレンタインチョコレートとして、
この「手鞠ショコラ」を私はおすすめしたい。

「嵯峨乃彩のブランドは今年でまだ2年目。今後はこのブランドを『育てる』というところに重点を置きたいと思う」
と同社研究員。
2月6日に放送された「世界バリバリバリュー」に登場した、
パティシエ土屋氏(テオブロマ)は番組内で、
「女性の購買動機は1に見た目。次に味」とコメントしていたが、
まさにそれを裏付けたのがこの商品ではないだろうか。



→失敗しないバレンタインチョコレート、購入のススメ -その2-を見る
[2008/02/09 11:18 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
玄関開けたら男が「うわぁっ!」
昨日の夜のこと。

家について鍵を差し込むと異変に気がつく。
玄関の電気がついている。
「消し忘れ?」
と思って玄関を開けると男が1人。

「うわぁっ! びっくりしたぁー」

びっくりしたのはアタシだよ。。

私を驚かしようと黙って来ていたO嶋さんが、そこにいた……。
[2008/02/08 16:04 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
元カレの最後のことば。
自分にとっては思い出は浸るものでも、懐かしむものでも、捕われるもの
でもないと思います。
行為の結果であって、ただそうしたものです。

目を開いて。思考して。
前を向いて歩いていく魅力があなたにはあるんだから。

---------------------------------------------------------

相変わらず厳しい人だ。
けれど、その姿勢が、考えが大好きだった。
厳しいことばを受け止めながら、
涙が止まらなかった。
[2008/02/05 09:57 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(1)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。