スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
「一歩、踏み出したい人を応援する……」
一歩踏み出したい人を応援するアーティストがいる。
でも、今日は彼に物申したい。

「一歩踏み出したくないトキはどうすりゃいいの?」




2日前くらいに気がついた。
右奥歯(上)、歯が半分ない?!
気がついたきっかけは、舌にできた口内炎。
痛い、と思ったら、欠けた歯の先端が舌に当たっていたのだ。

でも、いつなくなったのか、どのようになくなったのかはもう、どうでもよかった。
問題は、「歯医者に行かなければこの問題は解消されない事実」。



一歩踏み出したい人を応援するアーティスト、
「(歯医者に)一歩踏み出したくないアタシはどうすりゃいいんだべさ!」
無駄に切れる。
彼にはいささか申し訳ないが、そんないちゃもんをつけて何とか歯医者へ行った。



が、今度は身体が動きません。
待合室で硬直するアタシ。
診療室から看護婦さんに呼ばれたアタシ。
拒絶反応起こしている犬状態。

誰かさんの声が聞こえる。
「一歩踏み出したい人に贈る……」
……、どうぅぅぅしてもこの一歩を踏み出したくないんです。
っていってても頭では分かっていた。
行くしかないねんて。

結果、看護婦さんに連行されて、診察台へ。
先生、カルテ見るなり
「あぁ、痛いの本当にまったく少しもだめな人ぢゃない。
今日も来たくなかったでしょう、抜けちゃったの?
しょうがないねぇ、染みる? 染みないの???
でもね、ちょっとね、うん、虫歯ー。
このままかぶせてもいいけど、そしたらまたすぐ外れちゃうからね。
いまだったら削るまでもいかないよ。ちょっと、触るだけ。
削らない、触るだけ、ねっ、はいお口あ~ん」

最終的に私は一歩踏み出したのだろうか。
否、病院に行くという決断を下した時点で踏み出したと評価してよいのではないか。
その前に、歯医者に行くのに2日も3日も悩まない大人になりたいと、切実に思ってしまった。


スポンサーサイト
[2008/04/28 21:25 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ストレス過度で歯が抜けました。
さっき気づいた。
最悪。。
[2008/04/27 12:09 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
私はヒトを傷つける
年に数回、どうしようもなくヒトがいやになることがある。
その範囲は友達にも及ぶ。

大体、そういうときに限って予定は埋まっているもので、
そして感情を露呈してしまう自分は相手に対して甘えているんだろうとも思う。

いまの自分の腐りようは、自分自身でもかなり認識している。
作り笑いはだいぶ板についてきた。
ただ少し、口角がきしんだ音を立てるだけだ。

音を聞いているときだけ、素直になれる。
あの日を境に、笑うことが、またできなくなった。

そして私はヒトを傷つける。
だから私は男女を問わず、誰かと深い関係になってはならないのだ。
[2008/04/27 06:57 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ギターデビューしました。。?!
マ・ヂ・で。



えぇ、まぢで。





Cしか弾いてませんでした。
たまに、どのコードかむしろコードなのかも分からない箇所を押さえてましたが、
不協和音だけが響き渡っていたように思えます。

つきあってくれたバラキ、ゆうまクン、その一歩を踏み出すきっかけをくれたO塚さん、
そして温かく見守っていただいたみなみなさま、ありがとうございました。

2時間前にいっていた根本・守コンビのライブにきていた人くらいの人数が
このアタイの不協和音を聞いていただきました。
眠れなかったらゴメンナサイ。
ゆうまクンとバラキだけが、まともな、まともな、美しい演奏をされていました。

でも、やっといてよかった~。
Cの弦を押さえているときはいいけど、違う弦押さえてCに戻ることができない。
がんばりまうす。





[2008/04/27 00:07 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
メロン。+えとせとら。
一週間に何回鉄腕アトムの発車ベル聞いているんでしょう、ゆきPです。

今日、アネキとご飯食べながら、ものすごく懐かしい行為を思い出した。

ある日、アネキがヶ丘にメロンを持ってきて。私はアネキにいったんだ。「メロンパフェが作りたい」ってね。

作り方は至って簡単。

1、メロンは腐る手前のものを使用。それを半分に割ります。そこで一言、「まぁ、私みたい」といいましょう。
2、種を取ったらプッチンプリンを投入します。
3、よく熱した鍋にチョコレートを入れます。香ばしい臭いに包まれます。
4、チョコレートを湯煎にかけて、プリンの上にぶっかけます。
5、余った隙間にバニラアイス、チョコレートアイスをぶち込んだら完成です。

決してまずくはありませんが、素材本来の味がいかに大事かを気が付くよいきっかけになるでしょう。
[2008/04/26 09:35 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
やっぱ張り詰めてたんだなー。
最近、特定(1人)からゆきPと呼ばれます。
……、あーそこそこ、引かない。
何気にうれしいゆきPです☆

今週1週間は予想外がいっぱい。
そろそろキャパを超えてきました。

昨日、音源を渡しに蔵の店に立ち寄り。
蔵を見つけた瞬間、力抜けたねー。
何でだろうー。

ふぉふぇぇー~~って感じデシタ。
米良さんがどっか遠くに飛んでいった感じデシタ。

チューナーみたいな人だなって思いました。
そのチューナーの使い方、まだよく分かってないんだけどー。
テヘヘッ。
[2008/04/25 08:03 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
タカダノババ。
カタカナで書くと何か奇妙ね、タカダノババ。

超久しぶりに行った。
一瞬で帰ったけれど(笑)。

馬場の駅の構内がきれいになっててかなり驚き。
ま、ただそれだけのハナシなんですが。
[2008/04/24 21:20 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
TODO list
さとがらみ
・PLFのラフ
・繊維提案
・彫りの提案

まゆみさん
・ぴっくの件

しゅう3
→OPEN連絡

はねないとびら
・めんりすの用意依頼
(13-18の間)

アネキ
・背中の提案

買うもの
京番茶→yet
チューナー→yet
トイレットペーパー
シャンプーとリンス(must)


[2008/04/20 20:53 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ギックリ腰
イベントに行った。

ぎっくり腰になったのは1週間前だから平気と思っていた。


やっぱまだだめだったぁー!
いたい!
[2008/04/20 19:07 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
DEAR Mrs.Melody
whoopi-sized.jpg


黒人歌手 Whoopi Goldberg に似てます。
歌、半端なくうまい。
Mrs.Mellody.
彼女にこれから歌を教えてもらいます。

にっかーぁって笑います。
アタクシ、英語話せません。
日本語+ジェスチャーで話します。

なんであんな歌うまいんだろうなぁー。
[2008/04/19 18:18 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
そこに、いてくれて、ありがとう。
人の出会いって絶妙なタイミングで構成されている。
振り返ると、もうだめだ、そう思ったときは必ず「やさしさ」の意味を知る人がそばにいる。
それは、いつも決まって女なのだ。
ひねくれている私だからかもしれないけれど、
男はいつも、せつな的なやさしさで、
女はいつも、一見冷たそうだけれど、見放さない。
見放すくらいなら、最初から手を出さない。
だから、性格破綻者の私は、友達が少ない。



あの日、呆然と感情も感覚もなく、
横たわりながら、ただ、涙を流していた。
目の焦点は定まらず、起き上がることすらできなかった。



そんな私に彼女は泣きながらこういった。



有紀がまた歌うなら何でもするのに
有紀の不安は全部食べてあげるから
安心して 生きて ください




自分の生きている価値はまだ分からないけれど、
この人の期待を裏切ってはいけないことだけは分かる。
26年生きていて、私はようやく「生きている」のではなく、
「生かされている」と気づく。
普段、照れていえないけれど、

そこに、いてくれて、ありがとう。


[2008/04/19 17:30 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
アタシの挑戦⑤ 「ボ……、ボク、ジャ……ジャズスタンダードしか弾けない」
Zai-ON

「好きな食べ物は何?」

まだ名前もいっていないにも関わらず、メンバーからの質問が飛ぶ。
彼は、アヒル口にしながら、
「えっ、えっ、何? こういう展開? 予想してなかったんだけど」
と苦笑いをしながらも、
「ピ・ピーマンと豚肉の炒め物……」

と答えた。

ムードメーカー Zai-ON.

メンバーから散々いじられ、
その後、
「何か弾いてよ」
とむちゃ振りをされたZai-ONは、少し頭を掻きながらキーボードに向かった。

「ジャズスタンダードしか弾けないんですけど……」

……十分ぢゃないでしょうか。
むしろジャズスタンダードってなんですか?
くらいの勢いだった私。
さっきまでいじられキャラだったZai-ONがキーボードを前にすると急変する。

洪水が起きたかのようなあふれ出す音の数、数、数。
圧倒される、引き込まれる。

改めてメンバーを見る。
この人たちとやるのか……、身震いした。
畏怖と、うれしさ。

今回は、出演ではない、挑戦なんだと痛感する。
そうしていままでにはなかった、私自身のレベルアップの底上げが始まった。

→アタシの挑戦⑥ ON vocal 有紀
[2008/04/18 19:12 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
修、「魔法にかけられて」
先週末、ディズニー映画「魔法にかけられて」を観に行った。
ストーリー(というよりも、王子役の対応)に不満たらたらだったのだが、
やはりそこは女子である。

「姫になりたい……」

という願望は消せなかった。



そんなわけで、修に会いに行った。
カウンター越しに修へオーダー。

「『魔法にかけられて』な感じの作って」

できたのがコレ↓
syuu.jpg

マンゴー+ラズベリー+バニラ。

毎度毎度、すみませーん。



やっぱりスペシャリストな修。
それに比べて、何の取り柄もないアタシ。
うーん。
私はいま、何をすべきなのだろう。
[2008/04/17 23:41 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
アタシの挑戦④ 「留守電聞いたら電話して」
「もしもし、留守電聞いたら電話して」
いつも通り軽いノリでメッセージを吹き込んで、蔵が電話を切った。
私は半ばキョトンとした表情でその動作を見つめていたが、
ここから、流れが一気に変わった。

「蔵の保護者役として」
といいながら参戦してくれたドラマー SHU☆.
誰もが彼のドラムビートの虜になるほど、力強く、よどみないビートを刻む。
といっても、荒々しさやうるささはまったくない。
揺るぎない安定感とカリスマ性を兼ね備えた彼のドラムビートが重なることで、
このバンドの方向性、イメージが随分と固まった。

「オレたちは、ただ、音楽をやるだけだ」

そういい切った星好きな男は、右手に持っていたビール瓶の残りを一気に飲み干した。
そこにもう1人の男が参戦する。

彼が鍵盤に触れたその瞬間、音の洪水が起きる。
あふれ出すその音は止め処なく流れ続ける。
キーボード、ZAI-ON.

次回は、ムードーメーカー ZAI-ON をご紹介する。


■SHU☆
ロックバンド SATNAMのドラマー。
どんな楽曲にも適応する感性、爆発的な集中力で、曲の世界を完成させる。
彼のバスドラの深く壮大な音と、プレイ中の彼の豊かな表情は見逃せない。

→⑤アタシの挑戦 「ボ……、ボク、ジャ……ジャズスタンダードしか弾けない」
[2008/04/17 13:30 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
腰が
久しぶりのぎっくり腰。
堪らなく痛い。
でも、今日は会社休めない。

座っていられない。

痛い。。
[2008/04/17 07:37 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
初夜の感想 「大きいくせに、細いのね」
CA35742.jpg


これでまた、金欠だ。



epiphone dot/cherry です。

ネックがMorrisに比べて随分細い。
が、bodyでかい。

昔はやったチューブトップ(キャミソールの紐がなくなったヤツ)に
ミニスカート履いてギターを持つと、裸でギター持ってるみたい。
新しい露出プレイをここに発見。

真新しいニスと木の入り混じった匂い。
わー、いいにおーい。

で、初夜の感想。
痛い。
傷つけないかと心配で眠れない。
→チェリーボーイには床で寝ていただきました。
[2008/04/14 19:40 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
電話越しのアカペラ
「電話越しにアカペラやったの、初めてだよ(笑)」

まさか、本当に歌ってくれるとは思わなかった。
でも、もう、縋る思いだった。



久しぶりに声を上げて泣いた日。
溜めてきた思いがジェンガのように崩れていった。


そして、自分が自分でいられる場所がどこかを確認した日。
そんな私を支えてくれる人。
いつも、そばにいてくれて、ありがとう。
きっと、君はこういったら、
「ありがとうっていわれるようなこと、した?」
というだろうから、絶対にいってやんない。
[2008/04/14 07:35 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
乖離
会いたい気持ちが溢れ出す。

寂しさと思いが乖離していく。
寂しさに押しつぶされそうになりながら、
ギリギリのところで理性を保つ。

いっそ、壊れてしまったほうが楽なのだろうけれど。
[2008/04/13 09:25 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
歩くギター
080412_1603~01



「ママ、すごい! ギターが歩いてる!」

歩いてるのはアタシです。
[2008/04/12 21:30 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
アタシの挑戦③ 「僕のすべてを捧げます」
「この曲のベースを弾けるのは、君しかいないんだ……」
パーラメントの真っ白な煙が店の天井に向かい、
ゆらゆらと昇っていくさまを、私は祈るように見つめた。

「お断りします」

とてもクリアに答えた彼に、やっぱりだめだったか……と、肩を落とした。



「そっか……」



ため息交じりに答えたその声を掻き消すように、

「ウソです」

といって、彼はにっこり笑った。
「断るわけないぢゃないっすか。
 僕のすべてを捧げます」

ベーシスト BOMBER.
一昨年のS.M.R、3年前のCFC でベースを弾いてもらっていた。
彼の音が好きとはっきり認識したのは、
一昨年のS.M.R からだった。
腹に響くベース音。
美しいフォルムと細い指先は早業のように軽やかに柔らかく弦を弾く。
何より、彼の音楽スタンスが自分にマッチした。

昔、峻が「アイツのソロはマヂでかっけーよ。本当に決めるからね」
といっていたのを思い出す。

バラバラだった人たちが、1本の太い糸をつむぎだすように、
私の中でどんどん繋がっていく。
自分が思い描いていたモノクロの世界が、
一気に色づいて描かれてきた。

それでも私の胸の中に空いた空虚は埋まらない。
そんな私に彼は至極冷静にいった。
「俺は自分のために、有紀さんとがんばる」

まだ、泣けない。

楽器隊をそろえる難しさは、よく分かっているつもりだ。
なのに、まるで完成された本を1枚ずつめくるように、
トントンと話しが進んでいく。
相方の里地帰、ギターの、ベース BOMBER。

そして私は、次の人を口説きに入る。
それは、蔵とのミーティングでの話しだった。

「SHUにやらせればいいぢゃん」

そういう蔵の右手は既に携帯を握り締めていた。

→次回 アタシの挑戦④ 「留守電聞いたら電話してー」



■BOMBER
ごまかしのない澄んだ音、長い指先で弦を軽やかに弾く姿は、
ベーシストの中でも好評だ。
安定感あるベースビートをソロでスピットさせる彼は、
その名のごとく、BOMBER である。
[2008/04/12 09:33 ] | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
「1年前から好きやった」 ギタリスト 蔵
1年前のその時期は、私がまさにこんな状況で、馴染みの店に入り浸りだった。
その店で月に1度開催しているジャムセッションに、彼はいた。

第一印象、怖い、背が高い、声でかい。
といいつつ、自分にはないライトな性格のその人に、私は素直に惹かれた。

そのジャムセッションの最中、彼はほとんど酒を呑むか、
歌うか(これまたうまい)笑っているかだったが、
1度だけ、ギターを握ったのだ。
そのときの衝撃を、いまも私は忘れない。
「すごい……」
その一言だった。
1度しか、しかも僅かな時間しか聞いていない彼のギターに、
私はすっかり惚れこんだのだ。

高音が耳に飛び込んできて、真夜中のうつらうつらしていた私は一気に目が覚めた。
ギターを持つ彼の顔は、めちゃくちゃかっこよかった。
にも関わらず、それからしばらく私が店に顔を出すことはなくなる。
理由は……、これもまた、別の話し。
そして1年後、再び店に通い始め、蔵と再会した。

1年前も1年経ったいまも、何も変わらない店と馴染みの客に安堵する。
ジャムで再会したときも、案の定、彼は私をすっからかんと覚えており、
相変わらず、ゲラゲラとビール片手に笑う彼がそこにいた。

蔵と1度、やってみたいなぁという思いはあったが、
自分の実力や能力を考えると、「滅相もございません」だったのだが。
その数日後、45番からのLIVE-PARK2008の6月出演を再打診される。

相方の里地帰からもコラボレートの了解を得た。


蔵とやりたい、……無理か?
いや、もはやいまの自分に失くすものもなければ、
恥もプライドもない。
当たって、砕けろ。

ライブ前の蔵を捕まえて私は彼にこういった。
「蔵を口説きにきたの!」
態度こそでかかったが、何気にびびって声は少し震えていた。
そんな私とは対照的に、



「イイヨー」


蔵


あっさりと承諾を得る。
そして本格的にバンド化という思いが私の中で生まれ始めた。

次は屋台骨だ。
狙いは既に決まっていた。
ここから私のイケメンたちへ、怒涛の口説きラッシュが始まった。

→次回 アタシの挑戦③ 「僕のすべてを捧げます」

■蔵
ロックバンド SATNAMのギタリスト。
凄まじい数のエフェクトを巧みに操り、サイケデリックだが深い音色を奏でる。
パフォーマンス能力に長ける彼のステージは、常に観客を飽きさせない「KURAISM」を表現する。
[2008/04/11 15:39 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
アタシの挑戦① アーティスト 里地帰
「ねーねー、さとP」
なんて私が呼んでいることを彼のファンが知ったら、
おそらく私は後ろから刺されることだろう。
否、前から刺されてもおかしくない、プスっとね。

彼との出会いはCampione'07のことだった。
ゲストとして来ていた彼は、夜中に静まり返るキャンプ場で、
僅かな照明とギター1本で、柔らかに歌い始めた。
100名近くの観客たちは、その澄んだ歌声にただうっとりと、
そして中には涙すら浮かべる人もいた。
そのライブ終了後に、里地帰と話す機会があり、そのときに確か連絡先を交換した記憶がある。
実際のところ、あまり明確には覚えていない。

それから後も、私は彼の名前をよく耳にしていたし、
そしてちょくちょく連絡も取り合っていた。
この半年強の私の生活の中で、彼の曲は私のすぐそばにあった。
これはまた、別のお話。
というわけで、彼に会っていなくても、彼の曲だけは私のすぐそばに在ったのだ。

転機があったのは2月のある日。
人生初かもしれないほどの挫折を経験した1週間後、
45番との電話で
「6月(LIVE-PARK)、やっぱり出ないか?」
と再打診を受けた。
実は、かねがねshineでの出演依頼を受けていたが、
活動停止中ということもあり、断ってきたのだ。
そこで不意に何を思ったか、
「ぢゃあ、今回は里地帰とのコラボってのはどうかな」
と、私がいったところから、アタシの挑戦は始まった。

当の本人はその日、錦糸町での路上ライブだったはずが、雨で急遽キャンセル。
そこに私からのイキナリの電話。
「あのさ、一緒にライブやらない?」
若干戸惑いつつ、よく分からないままに
「あ、あーうん」
と頷く彼が、印象的だった。

そこから話は急展開を始める。
ギター1本とボーカル2人ではね……。
そこで私の当たって砕けろ精神が出たのだ。
あの人とやりたい、無理だろうな、、
でも、いうのはただだよね、、でもいうの怖いなぁ。。
ええい、ままだ!
そして次に私が声をかけた人、それがギタリスト 蔵だった。
さくらのつぼみが少し膨らみ始めた、2月下旬のことである。

→アタシの挑戦② 「1年前から好きやった」に続く

里地帰
旅をこよなく愛する東京在住の25歳。
1歩前に踏み出したい人に送る応援歌をテーマに、全国でライブ展開中。
2006年9月には、あのサスケHYを抑えての
テレビ東京で放映中のアマチュアバンドの登龍門番組「THE STREET FIGHTERS」の
ファイナリストの座を獲得した。
現在、ワンマンライブで250名の動員数を誇れるまでに成長。
彼の今後に目が離せない。


[2008/04/10 22:00 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
里地帰とアタシの挑戦、LIVE-PARK2008
LIVE-PARK2006から3回目の開催、今回も出演させていただきます!!!
どうも~~~、どうも~~~、どうもありがとう~~~!!!

今回はねー、より小林幸子に近づきますよ。


さっちゃん


……まぁ、個人ですので、そこら辺の加減は悪しからず。。

そして今回は、shine でもなく、S.M.R でもなく、
あの「里地帰」とコンビ組みマース☆
ニョッホッホー。
そのうちらと一緒にやってくれるメンバーがまたすっげぇ。
皆さんが知ってる「あっ……あの人……!」って人もいまっせ。
あとねー、宣言します。
あたい、ギターデビューします!
きゃっほうぅ! いっちゃった。
もう、後には引けない~~~(笑)。

というわけで、Style Free という私以外はみーんなプロという
凄まじいキャストでお送りするLIVE-PARK2008、6月。
もちろん、毎度お馴染みアノ人も出ます。

おかげさまでこのイベントも毎回、大好評をいただくとともに、
チケットのはけ方もはっやいです。
お早めにお申し込みくださいまし!
「革命は、ここから起きる。LIVE-PARK2008 6月の陣」
ご期待ください!

---------------------------------------------------
■□■LIVE-PARK 2008 ~革命の夜~■□■

【DAYS】
2008年6月21日(土)

【TIME】
OPEN 16:30
START 17:00
CLISE 21:00
※予定時間となります。

【TICKET】
2500円(1ドリンク込)

【ARTIST】
PROJECT-J?(アニソンバンド)
DONZYURO(和太鼓)
DJ UKOO
TANAKAN(ダンス)
MAGNUM HEARTS(ロック)
Style Free(×××)
MIG MARKET ft.George-K/DJ MST(HIP-HOP)

【PLACE】
初台『LIVE-BAR The DOORS』

【URL】
http://www.livebar-the-doors.com/

【ADRESS】
東京都渋谷区本町1-2-1

【ACCESS】
新国立劇場隣り
京王新線初台駅、甲州街道北口より徒歩30秒
(京王線ではなく京王新線なのでご注意ください)

【OFFICAL WEB】
http://www.live-park.com/

[2008/04/10 19:05 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。