スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
「ありがとう」と警察官。
歌のね、練習をしたいわけですよアタクシ。
でもね、平日はやっぱりほとんどできないんですね。
ですから、通勤時間は私にとってイメトレを行うのにとつても大事な時間なのですよ。

でもね、あまりの集中力にそこが有楽町駅前交差点だとか、
山手線外回りに乗車中だとか、
たまに忘れてこう、決めポーズとかしちゃったりするんですね。
でもいいんです。
そんな私、嫌いぢゃないです。

で、下記はちょっち前の話なんだけど。


ここから先はごく一部(それも読むかどうかも分からんが)の人しか伝わらないと思うけど。

例のね、「ありがとう」を歌ってたわけですわ。
むろん、上を歌ってるんだけど、しょっちゅう間違えて
「あああああああああああああ」
とか、
「ンだち○しょう」
とか、
いろんなコメント付きで歌ってるんですよ。
しかも、身体にしみこませるために、
「ありーがとー」のとこを連続20回リピートとかね。

で、大体これをやるときは昼休みに皇居ランをやるとき。
最近多いんですね。皇居の回りにね、ポリ公どもがうじゃうじゃと。
チャリンコ乗って徘徊してるんですよ。

その中で、明らかに音を外しながらかつ、愚痴いいながら、
首をひねりながら、
「ありがとう ありがとう ありーがとー」
をいって走る私はターゲットになっちゃったんですよ。

「おじょうさん、もしもし、すみません」
って後ろから声掛けられても、
こっちは必死だから気がつかないで走りながら
「ありーがとー (ゼィハァゼイハァ) ありーぃがとー」
って感じの私。
で、職質。
肩叩かれてようやく振り向く。
振り向き一声、
「は、ありがとー」
このことばがポリ公の「ニオウゾコイツ」ってココロをとっても揺さぶっちゃったみたい。
「はい、はいちょっとハナシ聞かせてくださいねー」とかいわれてさぁ、
日比谷公園の入り口ンとこにある派出所とか連れてかれて。

で、なんで「ありがとー」なわけ? ってところまでもっそい詳しく説明。
でも納得してもらえず、職質仲間の三山さんに派出所から電話。
「こちらは、NTTDocomoです。おかけになった電話は、電波の届かないところにいられるか……」
アタイのココロも届かなかったってー! 三山さん!
で、ポリ公にipod聞いてもらって、これをやってたんだよっていうのを説明。
20分後にようやく解放。
勘弁してくれよ。

でもそれ以来、アタシ見つけるとちょっと笑顔で
「ありがとう! うまくなった?」
っていわれるんですけどね。
でもね、私のこと「ありがとう」っていうけど、
実は私ぢゃないのよ、ありがとうは。

そんなアタイのランチラン(約3km)のルートはこんな感じ。

二重橋前→大手門→内堀通り(ここらへんポリ公多いぜ)→
内幸町(日比谷公園経由)→日比谷公園1週しながら日比谷抜け→二重橋前

スポンサーサイト
[2008/05/29 21:00 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
あぁああああああああああ
やらないといけないことが目の前にある。

が、手も身体も動かない。
あああああああああああああああああああああああああああああ

ああああああああああああああああああああああああああああああ


叫びたい。
[2008/05/29 12:14 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
いまのきもち?
どうしてこんな大事なときに、
こんなことになってしまったんだろう。
でもきっと、それも理由がある気がする。



この決意を、人が聞くと
「あんたはどこまでばかなの?」
というだろう。
けれど、私は決めた。
あの日からずっと、決めていた。
多分それは、一瞬で決まる。

神様、私をどこまでどん底に突き落とせば気が済む?
落としたいなら落とせばいい。
だけど目的達成までは、私は、死なない。
死ねない。
[2008/05/28 22:35 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
【速報】 250名突破!!!
速報です!

あのLIVE-PARK'08 ~革命の夜~ですが、なんと集客開始から約2週間で250名のエントリーを突破する偉業を成し遂げました。
このニュースを受けて、Style Freeの有紀さんは
「非常に喜ばしい。前年'07は確か、250名強の総来場数だったが、この時点でその人数を越したことは、LIVE-PARK関係者として幸甚である。その喜びを受けてか対バンを組む三山さんもいろいろブツを投げると表明しているが、こちらも何か対応策を考えなければならない」
とコメントし、実質的な三山氏への宣戦布告? 否、共同作業宣言? を行いました。

また、
「今年はより小林幸子を狙いたい。毎年、ステージ衣装といったらu-na だったが、今年はいままでとの比較にならないもので登場する。その衣装に見合うだけの歌唱力をつけて(たい、マヂで)ステージに立つ(つもりだヨ)」ともコメントし、このステージにかける意気込みを熱く語ってくれました。

Style Freeは、まったくロック、フュージョン、ポップス、ジャズスタンダード、無所属(アタシ?)といったジャンルの垣根を越えたLIVE-PARK'08~革命の夜~のための特別バンド。
編成は、
Vo&G 有紀
Vo&G さとちき(里地帰)
G 
Key zaiya
B BOMBER
Dr SHU☆
と、必ず全員が楽器を持っている編成になっておりますが、明らかに1名はギターを弾けない人が混ざっています。匿名でインタビューを試みたところ、
「エー、だってぇー、みんな何か持ってステージ立ってんのにー、1人だけ何も持たないのってなんか目立たないしー」
とコメントされました。周りはイイ迷惑です。
そんな誰かさんの巻き添えを食らったStyle FreeのPVはこちら↓。

[2008/05/26 18:15 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
あにもとさんとアタシ。
いたいー。
よくないことしか考えられず、眠れない。

ということで、適当に。

最近アタシ、あにもとさんがスキ。
だって、とっても頼りになるし、ときどきむしょうに励まされるのよね。
ただ、アメさんだから翻訳しないと意思疎通が取れないのよね。

ああ、痛い。

眠れなくて、ビデオにとっておいたアド街見る。
shineのLOOPを有名にさせてくれた「祐天寺」。

いやー、思い出したら真吾にむかついてきた。
→ボクちゃんが真吾にむかついた理由はココをクリック♪


[2008/05/25 02:18 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
簡単だね。
眠れない、眠れない、眠れない。

というわけで執念(?)なのかうちのバンドメンバーの画像を探しまくり
あにもとさん(スキです)でちょっと遊びに作ってみた。



[2008/05/25 01:34 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
会社でいらーっと来ること集
ある部長がある部長とけんかする。
「稟議書の提出位置は、2段目ぢゃなくて3段目!」
それを一体、何十分いってるんだい?

アタクシ以上にヒステリーな女性A.
何でそんな物言いすんの?
私にだけで嫌われてるからかと思ったら、私だけぢゃないし。

ヒステリー女性のいらっとする一言。
確認事項があったときの内線で、
「それって、いますぐ必要なことなんですか?」
急いでるから内線してんすけど。

ガソリンやクラシック音楽の話はどんなに忙しくてもするのに、
肝心の書類は何日経っても目を通さないB部長。

生理は自分で調節してください、という男性上司。



と、自分がいろいろ思っている分だけ、
他の人にも自分は何か思われてんだろうなーと思う深夜。
[2008/05/24 00:14 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
yuki task
memo

鈴買う
[2008/05/20 07:54 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
ホラーの館 「109」
109には何度もいうが、1人で行ってはならない。
あそこは日本にして日本に非ず。
まず、店員と称される方々は、
「なーんでー???」
「超かわいー☆」
「えー、似合ってますよー」
の3定型しか話せない人か、
「~~~~~っらっしゃいまっせぇ~~~~~~~ぇ!」
「ありがとーございましたーーーーー」
の2定型しか話せない人かに分かれる。
少なくとも、私にはそう感じる。
そして、店員の半分は緑、青、紫などのさまざまな目の色をしていて、
さながら動物園気分が味わえる(そこだけは)。
ただし、どこにいってもほぼトランスが5.1ch以上の360度から爆音で聞こえてくる。
これには私のipod最大ボリュームもまったくかなわない。
では、なぜそんなホラーの館に自ら行くのか。
理由は1つ。
ステージ衣装を探すため。
これがよもや、遺装になりそうになるとは。。。

5月17日@渋谷。
久しぶりに、SHOKO と待ち合わせた。

「ゆ~~~きちゃぁ~~~ん」
と呼ぶSHOKOに、目一杯スパゲティ@五右衛門を頬張りながら、
「あのさぁ、ライブの衣装見に109行きたいんだけど」
「うん、SHOKOもお買い物したい」
というわけで、B型少女のSHOKOと2人で109へ行った。
109、一歩入るだけで空気が違う。
デパートでもなく、スーパーでもない。
専門店だけど、専門店らしくない。
とりあえず、べちゃべちゃ喋りながら最上階へ。
そこから1Fずつ下っていく。
109の店員に
「あなた細いわねぇ~~~」
とか、
「こんなの着て歩くなんてできないわよー」
とか、おばちゃんプレイを楽しみながらあるショップへふらっと入った。

お・おーぅ!

珍しく、有紀アンテナがビンビンに立った!
これだよ、これっすよ。
これで今回のステージ衣装、決定でしょ!
という世紀の発見をして、試着室へ向かう。
「何色にしますかぁ~?」
買う気満点のアタクシですから、もちろん態度もちょっちデカメ。
「そうね、全部持ってきて」
「あのー、青と黄色しかないんですけどぉー」
「ぢゃあそれ、全部貸して」
ということで、青と黄色の小林幸子(らしい)トップスを試着する。

上を脱いでー、まずは青から。
……?
ちょっときついか、ま、トップスで入らなかったことはないから、
入ればいいのよ、入れば!
というわけで、フンっていきんで着たんですね。
目的は見事そこで達成されました。

が。

あれ?
脱げない。

……。

汗。汗。汗。

滝汗。

バンザイ方式で脱げない?!
ぢゃぁ、まず肩を取っておなかの位置まで下ろそう。

ヒ゜シッ(って何の音かわかんないけど、した)

ミシッ(って何の音かわかんないけど、した)

前代未聞、絶体絶命、やっべーよこれ。
咄嗟に値札見る。
ヒョッェーーー!
約2万円!
凄まじい勢いで駆け巡る脳内シュミレーション。
(もしもよ、このまま脱げなかったら、はさみ持ってきて着もしない
この2万円の服買い取って脇横切ってもらうしかないわけ?)
(もしもよ、このままぬげなかったら、このもっそい情けないだっさい格好を
店員に曝すわけ? え、なくない?)
(ってかこの服着るヤツ、どんなけミクロなんだよ、子どもかよ?)
そこで、SHOKOに電話。脱がすのを手伝ってもらおうという作戦に出る。

が、当然のように留守電。
遠くでSHOKOが店員と話す声が聞こえてくる。
「えーーー、本当にーーーぃ?」
という声。
それはこっちのセリフやねんて。。
そのうち、あまりのきつさに吐き気とめまいが。。
そこから5分後、何とか脱ぐことに成功。
脇の下、背中、ヘンな汗がどっと溢れて、乳丸出しのまま床にへたれこむ。
や、やっぱここはホラーの館だ……。
すると、悪魔の声が聞こえてきた。
「すみません、有紀ちゃんいます? あ、まだ入ってんの? わかりましたー。
なんかー、見当たらなくてぇー」
SHOKOの声。

彼女と109へ行くことは、今後、2度とないだろう。
[2008/05/19 21:44 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
情熱大陸
昨日の情熱大陸見た人!
といってもギタリストN氏ではなくて、テレビのほう。

絶叫しまくった。いやぁ、よくあそこまで上がり馬でいけたよ。すごいよ。

多くの人がご存知のように、昔、馬術選手だった私はワンセグにくぎづけになりました。

あぁ、なんでワンセグかって? ベットに入ったけど寝れないから何となく携帯のテレビつけたの。

元中央の上がり馬に乗ってた私にはますます共感できるわけで。

障害飛越(←ちなみにこれは、「しょうがいひえつ」と読む)の瞬間、時間が止まって、馬が力む音だけ聞こえる。ふがって音、いや、ふがっはないか。ふぅ~~~~っみたいな。とにかく息をがふぅーって吸い込む。世界がスローモーションになる。まぢで。
ちなみにこれは1M以上の障害のときね。バーが低いと、ドスッドスッドスッガックンみたいな。
あのふわって感覚はない。

冷静に考えたら馬はWorldCupクラスになると、自分と同じ高さの壁を跳ぶわけですよ。だからびびってちょくぜんで止まることもある。いわゆる、急ブレーキ。ヤネは障害の上に投げ出されることだってある。だって、シートベルトないもん。もっと危ないのは着地の瞬間、その反動に耐え切れず、ヤネが落馬すること。えぇ、経験者ですが何か・・・。

そういえば、昔、試合出たときにコース覚えられずに天ぱってたら、「とにかくてめぇはただ俺に乗ってりゃいいんだよ」といわれて、ただ必死にしがみついつてたらゴールしたこともあった。ベテラン馬になると、馴れてる会場だったらけっこうコース覚えてるからね。即効でその牡に惚れたけど。

久しぶりに人肌ならぬ馬肌が恋しくなった夜。
いい番組だ。
[2008/05/19 20:10 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
お願い、触らないで!
最近、ボクのギター(特にえぴちゃん)を触る人が多い。
ホントにギターたってる人ならいいんですけどね。
ちゅーとはんぱにやってる人が触ると、
異常にチューニングを狂わされるデスよ。

あげく、今日は1弦を切られた。
巻きすぎて。
まぢ、ありえないし。
なのに、金払って弦張り替えてあげるよ。
はぁ? 上から目線?

まぢでもう2度と特定の人以外には触らせない。
[2008/05/17 21:57 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
なんとなく。
最近、音楽のハナシしかしていない気がしないでもない。
でも、ま、いっか。

というわけで、今日も音楽のハナシなんだけれども。

私が歌詞を書くとき、特に「これ最高!」と思うものは全部、日本語。
特に意図したわけではないけれど。
しかもかなり「和」な感じの世界。
でも、それを目指してそうなったわけではなく、結果論。

今回の花音もそうだけれど。

そして、多分、初めて聞いた人(あるいは見た人)は、
何をいっているのか分からない歌詞。
だけど、情景だけが何となく映画のように浮かぶ。
そこで聞かれるわけですが、「歌詞見せて」。

リアルではない歌詞、けれどどこか現実味を帯びている私の世界。
その理由は、ストレートで書くには耐えないつらさ(自分比)だから、
そこまでつらいと逆に美しくなっちゃうんだよね。
私はひねくれているので、本当の美は醜の中にあるという信条の持ち主ですので。

そのかわりいつも、アウトロで歌うところにだけ、本当の自分の思いを込めている。
そこはいつも英語。
英語話せない私はexciteさんにお世話になります。
だから、大体でたらめ英語。
世話になっておいてひどいいい様だけど。
これは私の自己満足だけどね。

っていう以上、独り言なんですがねぇ。。

最近、ろくなこと書いてないな、私。
[2008/05/15 18:56 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
「Yes,we are LIVE-PARK!」
真吾:「どうしよっか」
有紀:「だぁ、もういいぢゃん。『Yes,we are LIVE-PARK!』で」

確かあれは、’06 のゲネプロ全体撮影のとき、
掛け声をどうする? ってときだった。

LIVE-PARK.




先日、メンバーとの練習があって、あらためて思いました。
このメンバー、すごいなぁと。


はじめは水墨画のようにモノクロだった私の曲、
少しずつ、けれど確実に美しく彩られてぼやけていた輪郭がくっきりと浮かび上がる。
初めて作曲までやったこの曲を、このメンバーとできること、
本当にうれしくてたまらない。

もっともっと練習しないと。
あと1カ月。
必死です。
[2008/05/14 22:34 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
練習、ボクがんばります。
ハイ。
以上。

それだけ。



いわれました、「地道に練習あるのみ」

ウン。
ハイ。
します。
[2008/05/14 07:55 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ぶちかましたい
たい、いまの自分の胸の内

人に合わせて笑うなんてやっぱ無理。
不条理な現実に、魚みたいにうまく泳いで逃げる技だってない。
だいたい何かやれっていわれたらできる、めっちゃがんばるから。
だけど、嫌いな人のためにはいくら金を積まれても、がんばれない。
性格悪いなって思うけど、仲良くない人にはガシガシものいって、
仲良い人にはいわないようにするのに、結局いって距離感生まれて、凹むが遅い。

不器用な人間なんだ、という人ほど実際は器用で、私は正真正銘の不器用。
しかも自分のことしか考えてないのに、自分のことを考えてくれないと泣くか拗ねるか。
夜の公園ひとりで歩けない、ちょっとの地震も怖くて硬直、自分の後ろで笑い声が聞こえたら、
自分の悪口いわれたと勘違い。

高飛車、自己中、へそまがり。

そして、いつも怖い。夜寝ながら手を伸ばしてしまう。
ゆっくり目を開ければそこにあなたがいてくれる気がして、でもそこに在るのは現実だけで。
消せない消えない。

あのとき、差し出してくれたその手を私はあんなにも素直に掴めのに、
あのとき、あんなにも私は素直に笑えたのに。

ココロも身体も、バラバラに分解していく。

うぉお、今週金曜だよ!
1人ケーキ買って食べますが何か???

明日はライブの初練習です。
大丈夫か? アタシ。


ダメっぽぃ。
[2008/05/12 23:12 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
やっぱギターに呪われてる
またしてもギターだよ。
今度はもっとも大事にしていた茶碗が割れた。
ストラップが外れて。。

ヤバイ
ちょっとショックでかすぎる。
[2008/05/10 21:34 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
トレモロ奏法と消えないキスマーク。
ハイ、風邪?
1日寝込んでましたが何か?
まだ回復していませんが。。
今日行く予定のライブも行けませんでしたが何か?
→ハイ、すみません。

有紀Pの挑戦。
ギター。

まず、さとPへいった。
理由:人に厳しく、自分に甘い人だから。自分にやさしい人に話す傾向アリ。
有紀:「いま、ワンフレーズだけできるようになったよ」
さとP:「すごいぢゃん! 何、この急成長?!」
ヨシヨシ。
褒められて伸びる子。

蔵の前で弾けるようにガンバリマス。
笑わないでね。

いま、練習している曲の中に、トレモロ奏法っていう
ティロリロリロリロって(楽器やってる人にしか伝わらない表現、すみません)
弾くのがあるんだけど、何回やっても不協和音。
どうしてですか。
なぜですか。

どうでもいいんですが、左内腿のキスマークが消えません。
先週の日曜日につけられて、もうすぐ1週間。
まだまだつきっぱなしです。
ギター君(しかも自分のぢゃない)のストラップが外れて、
アタクシの左内腿に垂直落下。
ギタークンに愛されるのはすごくうれしいけれど、
ちょっと痛いディープキス、愛だった。
でもMだから、ちょっとキュンとした。
そしてそのギター、岩にぶつけてすみません。
本当にすみません。
恨みはありません。
愛してます。

だめだ、熱で何書いてるか分かんなくなってきた。
あと30回通して弾いたら寝よう。




[2008/05/10 20:03 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
悩んだ結果。
お断りしました。

けーちゃんには「もったいない」
って、相変わらずねちっと(もちっと)した声でいわれました。

確かに、人生変わる申し出だったと思うけど、
私の独断と偏見により。

決め手は、会議室の机にかかれたオトナの落書き。



「引き算だらけの計画に 誰もが夢中」




大体誰が書いたか推測できるけど。
そこにこの答えを見出したり!



きれいごととか、実際に引き受けたらどうなるかとか、
そういうことも決断の中には含まれていたけれど、
結局最後は、自分の野性的なカンで決めた。

でもちょっと未練。
[2008/05/10 10:04 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
まぢでムカツク
ウィルス性の風邪ですね

っていわれて、何のどういうウィルスかの説明もナシ。
処方された薬はなぜか
トランサミン
ロキソニン
ムコスタ



これで39度の熱が下がるわけないだろ???
って思ってしまう、っていいたくなるアタシ。



まぁ、私が熱出したわけぢゃないのですが。。
[2008/05/09 08:00 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
自責
自分が素直になりたい人と、深く関わるのが怖い。
その人を失いたくないから。
なのにいつも深く関わって、
そんな人を失ってしまう。

自分にいつも自信がない。
それを、武装して、武装して、武装して。



情けないな、自分。
びびって、びびって、しゃーないや。
やっぱアタシ、超ビビリ。
[2008/05/09 00:24 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
仮想現実
夢を見ていたのか、現実なのか
随分とリアルだった2時間。

「オマエいま、どんな顔してるんだよ」

泣きじゃくる私に、少し笑いながら電話越しに彼はそういった。



一番、聞きたかった声。
一番、聞きたくなかった声。



とめどなく溢れ来るこの分けの分からない感情に流されそうで、
愛する仲間に電話して、ようやく落ち着きを取り戻す。
仲間は、この前の撮影で私を撮ってくれたけれど、
自分でも驚くほど普通に笑っている自分がそこにいた。

「あの時、やった! って思ったよ。隙アリ! って感じでね(笑)」



交錯する自分の思い。

いま、私は誰の前で泣けて、
誰の前で、笑えるのだろう。
[2008/05/06 22:25 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
デートスポットのはずなのに……。
「西郷山公園までお願いします」

っていって着いたのは、

菅刈公園。




▼日中のイメージ▼
PICT63481.jpg




気づくことなく、お金払って下りる。
タクシー去る。
真っ暗。
これ、明らかに心霊スポット。
デートスポットなんかぢゃない!
こんなところで撮影したがるのは、夏のホラー特集番組のADだけ!!

おかしい。
私が来たいところはここだったのか?
よく見ると、
「菅刈公園」って書いてある。
しかも、着いたときにはもう閉まっていたっていうオチ。



だけど、変な根性をむき出しにしてマイクロミニのスカートで
0671003-sub-01.jpg

1メートル近くある壁を乗り越えて、侵入しました。

マヂ、怖い。
しかも、地面を飛び跳ねるでかい物体がイルんですわ。
多分、トノサマガエル。
5分で撤収。

しかし、久しぶりにあんなに霊気が激しいところに行ったな。
夜、あそこに行けば、「きゃー! こわい!」とかいって、
カップルになれるよー、なーんて、絶対いえません。
ホンキであそこはやばいから。。




[2008/05/06 08:51 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
そうだ、遠足に行こう!
遠足にいってきました、行き先「奥多摩!」
ライブで使用する画像の撮影に行ったのに、
普通に楽しみまくってしまいました。

朝4時に起床。
7時半過ぎに目的地の駅へ到着。
天気予報では曇りだったけれど、現地はピーカン!
satop 003resize


ハタケも来てるんぢゃないか?! レベルに晴れた。
曇りを覚悟で行ったのに。

そして渓谷に下りてテンション上がる上がる↑。
スニーカーもパンツもポポンと脱いで、川の中に入ると……

きもちぃーい!




そう思ったのは最初の5秒!
冷たすぎて痛い!
ゲラゲラ笑いながら、
川に入る→快感→痛感(意味違う)→川から出る
を3回くらい繰り返し、ようやく撮影にこぎつける。

satop 123resize




深いところはエメラルドグリーンになっていて、
新緑は光に反射してキラキラ。

ギター弾いて太鼓叩いて(すべて私がやると不協和音)、
めちゃめちゃおいしい(しかもけっこう安い)鮎と岩魚の塩焼き食べて、
山菜天ぷら食べて、蕎麦も食して、
おなかもこころも満腹?!

けっこうイイショットも撮れました。
何よりも、あの川の水の冷たさは半端ない。
渓谷に響く、
「あっ、あ……あぁ~~~~~~----!!!!!!」
という悶え声、その声を聞きながらひそかに萌えていたアタシ。
ケケケッ。



明日もおもしろい写真が撮れそうですなぁ。




[2008/05/04 21:32 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
「まだ着かないの?」
まだあの電車に乗るのは早過ぎたんだよ。
涙を必死に、必死に堪えて、蔵が歌うリバーサイドホテルを大音量にして、それでも涙が溢れる。



草加ってこんな遠いの?
まだ着かないの?



着いたときはもう、疲労困憊、ホームに崩れそうになる。
帰りもあえて日比谷線。
向かいの電車に乗れば、行きたい場所にいけるのに、乗れないもどかしさが胸に詰まる。

この前来た千住大橋はふたりだったのに、いまはひとり、
過去を眺めながらこの橋をただ、渡るだけ。



▼這いつくばって草加に行ったら、もっと這いつくばってた友人S▼
satoP 092re

残念。
パンツは見られなかった。
[2008/05/01 23:13 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。