スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
浜崎あゆみが右腕を負傷したそのころ。
浜崎あゆみが右腕を負傷したそのちょっと後、

ude.jpg

アタクシも転倒して右腕負傷。
誰もいない真っ暗なオフィスで段差に気がつかず、
転倒→手をついた先がでっかい植木鉢の縁。

痛さに声も出せずに蹲ったのなんて久しぶり。
それでもその後、右手をかばいながら中野へ。。

ちなみにこの状況は負傷してから3日経った状況。
3日経ってまだこれです。

というわけで、2008年はよかったんだか悪かったんだか、
総体的には非常によくない年でしたが、
よいこともちょこりちょこりとありました。
2009年はぶっちぎって生きたいね!

2009年、まずは仕事。
それから旅行。
2009年は恋愛しません!
働きます。

スポンサーサイト
[2008/12/31 21:58 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
ipod をMy Style に!
年末最後に会った友人は、こころの友、YUKO!
その前週にもYUKO に会っていて、
ipod をu-na Style にしてもらうお願いをしていたのです。
昨日はその引き取りに池袋へ。

▼u-na が愛するパープル×クリアのチョイス
Image769.jpg

▼たった980円のイヤホンがこんなオリジナリティを発揮!
Image770.jpg

彼女の仕事はとても細かいところまでケアしてくれること。
パットのところはラメを入れてくれていたり
イヤホンも実は左右でラインストーンの色が違っていたり。

これから音楽聴くのがめっちゃ楽しみになるね♪
YUKO に感謝しながらの大みそかです。

[2008/12/31 18:01 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ギタリスト
ギタリストって、変な人多いなーって思う。
そして私は、そういう変な人をよく好きになる。

その人は、流れるようなギターの音を出すなーって思った。
よくも悪くも、そこに魂がない感じ。
とどまることがない。
力が完全に抜けている感じがして、
耳当たりがとてもよいので聞いていて、
子守唄を聞いている感覚になる。
その細い指をずっと見つめていた。

「爪切りは持ち歩いてるよ、ギタリストだからね」

確かに彼の手はすごく美しかった。

何年ぶりかに正月を実家で過ごす。
倉庫をあさっていたらギターケースが出てきて、
開けてみるとけっこうよいガットギターが出てきた。

数日前に聞いた彼のギターの音を思い出す。
人生の90% が嘘で固められたものだとしても、
あの音が残りの10% であるならば、
私は彼の音楽を信じてみたい。

開けたガットギターは、そっとしまっておいた。
きっと、いつかもう1度開ける日が来ると思ったから。
[2008/12/31 17:48 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
自分の居場所に帰る。
この一週間は本当におもしろかった。
あっという間に時間が駆け抜けていく感じがして、
とてもうれしかった。

そこが自分の居場所にもなれたらいいなぁとも考えた。
でも、違う。

居心地の良さに甘えて、
自分が見えなくなりかけている。

いま、自分がなすべきはなんだ?
その答えはもう分かっているはずだ。
リスクしか残らない賭け事をまた続けるつもりなのか?
その答えももう分かっているはずだ。

自分の居場所に、帰ろう。
[2008/12/29 02:12 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
梅酒2 杯でノックダウン
SHU☆ に用事があって店に行った。
12月27日(土)、年の瀬、客はほとんどおらず。
そこにいたのはお兄とSHU☆ だけ。

すぐに帰るつもりがお兄の
「一杯おごるから飲んでけよ」
で、ちょっち楽しみにしていたドラマ「肉体の門」は見れなくなる(笑)。

その後、1時間が経過し、お兄が
「おい、飯行かないか?」
ということで店を中抜けし、すぐそばの焼鳥屋へ。

いやね、梅酒2 杯なんて、いつもなら全く酔わないはずなのに
今日は違った……。
相手が相手だったからか、酔ったねー。
最低な私がいましたね、そこに。
「お兄、寒いんだよ!(冬だからしょうがない)
 いますぐ温度あげてよ!」
とか、
「だから、結論はー私はお兄が大好きってこった」
っていうホントに意味不明なことを叫び散らしてお兄に絡む始末。

もう1度店に戻ったんだけど、
「あ、これはヤバイ」
って気がついて、トイレ行ってからそのまま帰りました。
どう帰ったかいまいち明瞭に覚えてないけど。

おかげで5 時起床。
お風呂入ってすべらない話に爆笑し、
うーん。
眠くなってきた。
そして今晩もお兄のライブで中野へ。

ウーン、兄率高いな。
このブラコン野郎め。
[2008/12/28 08:58 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
レコーディング。
頼まれていた曲のコーラスのレコーディングの日。
地下に籠ってましたねぇ。

1 フレーズとるのに2 時間くらいかかってたような。
でも楽しかったなぁー。
昔、みんなの学校のPodcast のパーソナリティやってたのを思い出した。
1 回噛んじゃうと立て続けに噛んじゃうんだよね。
何Take も録り直したのが懐かしい。

▼帰りに行った鍋 やっぱり松ちゃんはコワオモテ
P1050278.jpg


[2008/12/26 21:30 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
最高のクリスマス・イブ
「何でこんな日にオレらは工事やってんだ?!」
って、タツにぃはいうけれど、
「それは、タツにぃが24日っていったから……」

家は決して静かなほうではないのですが、
隣人が半端なくうるさくて毎晩、
今日もうるさくされるんぢゃないかと、びくびくしていたのです。
それを聞いた大工のタツにぃがひと肌脱いでくれました。
防音工事の施工をプレゼントしてくれたのです☆

いやー、笑いの絶えない工事だったですよ。
まず、タツにぃが来て、それからStyle Free で要となってくれた
ドラマーのSHU☆ が木材や防音材を家に運んでくれて、
そのあとにタツにぃの相方が来て、まるで
「クリスマス・イブだよ、全員集合!」

タツにぃは工事中、小言の嵐。
「東京の職人は性根座ってねーんだよ、ブツブツブツ……」
とか、
「何で壁が斜めになってんだよ」
とか。
「スミマセン」
と謝ると、
「オマエが謝ることぢゃねぇ」
っていってくれるんだけどね。
怖いってば!(笑)


▼横から見ると、ちょっと驚いた松本人志
P1050272.jpg

しかも、丸刈りにしてよりはくがついた。
挙句、タツにぃは私に、
「オマエ、ちょっと隣ン家行って、騒いで来いっていってこいよ」
「いや、タツにぃが行ってよ」
タツにぃが行ったら、一発で静かになりそう(笑)。

とかいいつつも、今日の工事、実際に業者に頼むとどのくらい値段がかかるのでしょう?
相場は40万~だそうです。
参考URL: http://www.bouon.info/price.html

タツにぃ~~~~(涙)
感謝感激雨霰。
明日はタツにぃの飲み代くらいおごらないとな。
オカネにならない工事でごめんなさい。
でも、ありがとう☆
これからできる限り、孝行します(笑)。
できの悪い妹ですが、、、

[2008/12/25 00:04 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
迷ってます。
ナニに迷っているか、が、いえないんだけど



迷っています。

レベル感としては、
A 北海道に行く
B 沖縄に行く
C むしろどこにも行かない
っていうね。
この場合、C という選択が妥当なのだろうが、
旅行には行きたいんだよね。
でも、無駄遣いをしたくないんだよね。

行きたいところに行けばいい、
んだけど、
「……私、本当に北海道 or 沖縄に行きたいの?
 いや、ただ単に旅行がしたいだけぢゃないのか?」

とまぁ、そんな具合に。

まぁ、資金がないからやめるっていう選択肢もあるわけで。



いや、悩みは旅行に行く行かないぢゃないんだけど、
それほどヘビーな悩みではないけれど、
進むとしたらそれなりにリスクがあるから、
一応、ちゃんと考えてから行動しないと。

ま、結局、ひとりでは答えがでない悩みなわけだけど。
[2008/12/23 22:23 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
彼の焼酎の飲み方は
独特だと思う。
Image7677.jpg


[2008/12/22 00:27 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
懐かしいオカシ。
Image765.jpg

えんぴつチョコ
エッグチョコ
ぷくぷくたい

こういうの、弱いんだよなぁ。。
[2008/12/20 23:47 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ケータイ電話の使い方。
が、分からない男、32歳のHクン。

Image764.jpg

両手でボタンが押せない。
じじぃか!(笑)
[2008/12/20 14:14 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
最近、地味に○○、趣味です。
それは、文通。
すごい、でしょ? (笑)
「アタシ、趣味は文通なんです」
なんて、そうそう聞きませんよ、このご時世。

ちなみに、高校生のとき、海外文通部でした。
だって、活動のための時間束縛がないんだもん。
そして、告白されました。
フランスから本当に日本に来ちゃいました。
もし、結婚してたらいまごろハーフの子どもが
「ママーン!」とかいってたのかしら。

ちなみにその結末は、フランス語の先生が、
「ごめんなさい。ご期待に添えません」
という内容の文面をフランス語に訳してそれを送るという、
なんともしょっぱい結末。
そのときのフランス語に訳してくれた佐藤先生からいただいた手紙には、
「私も彼と同姓ゆえ、訳すだけとはいえ、訳すにしのびないところもあったのですが、
心を鬼にしてバサッとやりました。
私とて女性からこういう手紙をもらったことが幾度かありますからネ」

18歳の私にはこの意味がよく分からなかったけれど、
27歳の私にはなんというか、
先生、幾度か「期待には添えません」レターもらってたのか、
と、なんとも若干、失笑。
そして、9年も前の手紙を持っていた私にも驚き。

いまは、50代中盤のサラリーマンの方と、
47歳の主婦の方(三重県)と文通中。
普段は素直に相談できないことや、他愛のない日常を綴る。
レターセットを選ぶ時間、ペンを走らせる時間、送る時間、待つ時間、
着いた手紙を読む時間とか、このデジタルの時代にアナログな作業をする。
この、時代との逆行感、タマリマセン。

▼京都のおとうが作ってくれた更紗の文箱
Image763.jpg

▼ここ2ヵ月で来た手紙たち
Image762.jpg


[2008/12/19 00:54 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
カメラマンの友人に、「ありがとう」
友人で、いつもNice Shot を撮ってくれる人がいます。
6月のLIVE-PARK でも、重いカメラを4時間持ってひたすらに撮ってくれました。
その成果物、今日受け取りました。
「ありがとう」



25247748_4217068688.jpg

lp1.jpg

from Sayumi.Jin blog
photo by Sayumi.Jin

撮影してくれたSayumi と、デザインしてくれたH氏に感謝。
やっぱり自分たちがやった瞬間を、後々も見られるのってすごくうれしい。
その一瞬は、自分たちは見られないから、だから、
写真とか、ビデオがあるんだと思う。

ちなみにこれは見開きで、掲載しているのは表紙と左面です。
左面下部の私の連写は、実は右面にも続いていて、
8コマ連続Shot になっているのだ。
すっげー。

「おー、自分がイパーィ」

でも、ある1枚のカットを見て、ものすごい衝撃が走りました。
凄まじい二重あごの私が両手を高く挙げてピースしてんの。

出演者のY子、カメラマンのSayumi と話していて、
普通は遠慮して、「えー、そんなことないよ。いい写真だよ」とか
ちょっとはいってくれるかなって思ったけれど、
Y子:「離して(30cmくらい)で見るとあんまり分からないけど、近くで見るとやばいね。ケラケラケラ」
Sayumi:「私も、(写真としての)雰囲気はいいんだけど
     女子としてはこの掲載はどうかなぁって思ったんだよね」

うん、みんな、やさしいね。

[2008/12/19 00:20 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ぼーねんかい。
今日は知り合いのお店でぼーねんかい。
オールカウンターの席で常連が集まる。

最近はあんまり行ってなかったし、
行くとしても客がいない早い時間だから
お初の人がほとんど。
久しぶり! な方もいてうれしかったー。

カメラマンのU さんがでっかいカメラでみんなを撮りまくり。
「オレはAV 専門なんだー!」
と、どこからどこまで本当か分からないけれど、
顔が高田純次をスリムにもうちょっとかっこよくした感じだから
あながちウソぢゃないかもしれない。

Image759.jpg



[2008/12/16 23:49 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
27 になりました。
というわけで、3 日前に27 歳になりました。
お祝いのメールやバースデーカード、プレゼント、
いただいた方々、ありがとうございました。

久しぶりのガールズトークもおもしろかった。
27 になってまず知ったのは、「金より愛よ! 」という女性は、
「愛より金」を大事にします。

そして、えみりーはプレゼントとケーキと花を抱えてきてくれたけれど、
中でもメッセージブックにはやられたね。
君の思いがダイレクトに伝わった。
やっと、転んだね、ニヤリ。
Image756.jpg

しばらく連絡取ってないヤツラもメール、連絡くれました。
テンキュー☆

そして、27歳初日からいいことがありました。
その報告は、また後日。



[2008/12/13 12:18 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
目覚めの朝
けたたましいクラクションの音で目が覚めた朝、
私はきっと、一回死んだんだと思う。

国道246号線のど真ん中で、私はその車の運転手に罵声を浴びせられる中、
「ありがとう」と小声で呟いた。

これで私は生まれ変われるのだ、そう信じていた。
明日からは、光しか差さない世界に飛び込んで、
私は穏やかに、健やかに、過ごすのだ。

かつて、足しげく通ったセルリアンタワーを眺める。
押し寄せる記憶の波と、渦を描いて吹き去った風が、
私のこの忌々しい記憶と葛藤をさらってくれると信じていた。

空は蒼く、真っ白な下弦の月が浮かんでいる。
ゆっくりとその月は下りてきて、きっと私を救ってくれるのだ。
その、鎌に似た月が、私の首筋にピタリとひっつき、
そしてひと思いに楽にしてくれる。

星がいつかつかめると信じていた子どもの頃によくしたように、
私はまた、両腕を目いっぱいその月に向ける。
両目を痛いくらいにきつく閉じ、
そして私はその腕を掴まれた。

目覚めの朝、私は神などおらず、
月は決して下りても来てくれず、
風は私も記憶を連れ去ってくれることもない。
現実に気がついてしまった。

掴まれた腕の跡だけが事実であり、
流した涙だけが、自分の真実である。

そうして私はその朝、目覚めたのだ。
ここが、現実であるということに。
[2008/12/09 12:28 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
口でいくら否定しても
過去を変えることや、消すことはできない。
口で否定すればするほど、そのことが肯定せざるを得ない事実だということを、
何度も何度も確認させられる。

事実をありのままに受け止めるしかない。

過去は、振り返るものでも、懐かしむものでもなく、
行為の結果であり、ただ、そうしたものだ。

だけど私はいいたくてならない。
あなたはうそつきだね、と。

[2008/12/09 12:23 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ぎんぎらぎんにさりげなく~!
ASH&DIAMONDS!
Image749.jpg
Image750.jpg

SATOKO が持ってるの見て、ずっと憧れてたんだよね。
フェリージもいいけど、白いのでもう汚くなってしまったし、
何より、使いづらかった……。
特に小銭……。

ASH&DIAMONDS でいいのは、何よりもその存在感!
いいぢゃない。
自分のバンド名、「shine」にしてたくらいなんだから。
財布を落としたら、おまわりさんにこういうの。
「金色の、財布を落としました」
って☆

ルンタッタ~♪
[2008/12/08 19:12 ] | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
サッカー、サッカーサッカーサッカー、くぇーーーーーーーーーーー!
サッカー、ほんと意味不明。
アタイにとっては。
結局、
1.ハタケにヘルプ。ネタ提供を依頼。
2.けいちゃん、ネタの具現化ありがとう。
3.いつものごとく、、2時間かけてボクと一緒に記事を構成してくれたT.
「もちょっと頭いいかと思ってた……」

テヘヘッ。
ばかなんだ、グヘッ。



しばらく、サッカーはもういい。。
[2008/12/04 01:22 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
surreal
電車の中で、ギタリストN本さんにめちゃくちゃ似ている人がいて、
思わず、
「……クライシス……」
といってしまった。
ちなみに、クライシスの意味は分かりません。
いつか、教えてください。

最近、浜崎あゆみのsurreal をよく聞きます。
いまの自分に向けられている気がするから。

人は、どうでもいいなんていったって
道に躓けば両手ついてる そんなものだから

って本当にそんなものよねぇー。
[2008/12/03 21:55 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
サッカーとかマヂ、わっかんないし。
サッカーについての記事書いてって依頼が来たけど、
断らないけど、サッカーなんてマヂ、わっかんないし。

右半分にいるチームが左へ攻めて、左は右へ、しか知らない。
「FIFA」って聞くけど、だからそれが何か分からないし。

紹介文とかいわれても、そもそもが欠落してるからなぁー(笑)。



昨日、さとこにもらったチョコレートをすごい顔でかじりながら、
「サッカー 基本」とかググってる。
たぶん、夜、キミに電話するよ。
優しくささやくようにサッカーを教えてね☆
「キミ」、サッカーも私の扱いも得意でしょ?



(笑)

[2008/12/03 21:13 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
オトコの背中
「ださいよ、俺、ださいよ」
男は口の端を上げて笑った。

解けかけた靴ひもを結びなおす男。
日曜日の0時過ぎ、誰もいない大通り、
緩やかな上り坂をふらふらと歩く。
酔っているのがすべての理由ではないことは分かっていた。

少し先を行く男の背中は、確かに40数年の重みをしっかり背負っている。
私はその背中を、ほんの少し、押した。
[2008/12/01 23:08 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
セルフプロデュースとシフトダウン
かなり酔っているので、独り言に近い、もはや独り言なのだが。

自分の何がいけないかと振り返ったときに、
セルフプロデュースが全くできていないのと、
頭の使い方ができていない2点に集約されるのでは?
と、ステキなオジサマとデートしながらそうかもな、と。

で、行きつく極点としては
・完全なコピーロボットになる
・自分で商いをする
になって、
でもって、後者をやる財力、人力、体力、精神力はいま、ゼロに等しいわけで。
ってなると、前者になるわけで。
しかも前者つーことは会社に対しての
「これってどうなの?」
とか
「ありえねー」
みたいなものも、自分は経営者なんてなれないんだから、
理不尽でも受け入れるってゆー自分を持たなければならないわけで
それができないから私はよろしくなおわヶで。

「そこまでわかっててなんでできないの?」
っていわれても、できないもんはできないわけで。
やれよって話なんだけど。
だから結局、いろんな意味でできてないッテコッテス

人と話すとき、自分の中で完結しちゃってっから
シフトダウンして話すことができないから
分かんない相手に対して速攻いらつくわけで
それがまたおこちゃまってことなんだけど

自分の見せ方とか持ってき方とか考えたほうがいいんだけど
本当にそれって必要なのか?
とか、
だから器用貧乏とかいわれるわけですけど
って悩んでるからますますセルフプロデュースができないもんで。

「自分の見せ方よく知ってるよね」
とかよくいわれるけど、そういう大半の人は私を結局知らないわけで。
実際には自分の見せ方も分かんないし
金なくて友達から玄米もらったりするくらいだし
結局、そうやって考えると現実として
実家に帰り、17時で帰れる事務職にしたらいーんぢゃないかとか
したらもう、毎晩毎晩怖くて震えることもなくなんおかなーといか
やべ、ねむい。

とにかく、ねよ

[2008/12/01 00:29 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。