スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ナレ録、スタジオ、缶詰
今日は仕事のナレーション録音で、スタジオに缶詰。
えらい疲れた。

エンジニアをしてくれたのは、旧友Hiroko.
いやぁ、疲れました。

でも、久しぶりにスタジオに入って楽しかったな。
Image891.jpg
スポンサーサイト
[2009/03/30 18:33 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
やっぱりお兄が好き
やっぱりお兄が好き

口は悪いし癖はあるし、でも、トンカチ握らせればプロだよ。
サックス持たせれば、プロだよ。
ハープ吹いたら、プロだよ。

土曜日、お兄が十数年お世話になっている土建屋の社長を接待。
お兄のガキの頃からの話しを伺った。
お兄は、私を知らない社長に何週間も前から、
「この日はu-na の引越しの日だから、社長も手伝ってくれよ!」
と何度もいっていたらしい。

最近、本当につらくて仕事もしんどくて、
土曜にお兄を見てほっとした。
お兄のパーカーの裾を引っ張って甘えてたら、
「あーら、随分かわいくなっちゃって」
というお兄。
サックスを吹き終わって、
「ご褒美のちゅうして」
といって、私に叩かれるお兄。

お兄ちゃんがいたら、こんな感じだったのかなぁ、と思いながら。
健にぃとはまったく違う性格だけれど、
私、やっぱりお兄が大好きだ。

▼サックスを派手なパフォーマンスで吹くお兄。(ほとんど光で飛んでいるけれど)
Image888.jpg

[2009/03/30 18:31 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
草津よーぃとーこー1度はーおーいーでー
3連休、いかがお過ごしでしょうか?
私は旅仲間のAI と草津へ行ってきました。
東京駅からバスで草津まで片道6時間半。
伊香保から草津ってすごく近いと思っていたのに、2時間もかかるのね。。
というわけで、温泉にひたすら浸かる! がコンセプトの今回の旅。
満喫してきました。
というわけで、草津レポートです!



------------------------------------------------------------------
当初、日帰りの予定だったが草津は絶対、泊りが良い。
9時半に東京を出て、15時前に草津に着く。
草津発の東京行きバスの最終は17時なので、バスで行くと2時間しか滞在できず。
マイカーなら夜中初の夜出でよいかもしれない。

今回のスケジュールは下記の通り。

【1日目】
9:30  東京発
13:00 伊香保着
15:00 草津着
15:30 宿着
16:00 熱の湯 湯もみショー
17:00 大滝乃湯
20:00 夕飯
22:00 宿内の温泉
0:00  就寝

【2日目】
7:00  起床
7:30  地蔵の湯(共同浴場)
8:00  煮川の湯(共同浴場)
8:30  白旗の湯(共同浴場)
10:30 西の河原露天風呂
12:30 地蔵の湯(共同浴場)
13:20 草津発
15:00 伊香保着
19:00 東京駅着



上記のように、温泉→食事→温泉→食事の繰り返し。
草津温泉は強酸性に加え、非常に熱い。
なので、皆さんには1日せいぜい3件までをおすすめしたい。

中でも、今回は
・大滝乃湯(秘湯を思わせる)
・地蔵の湯(お湯質が抜群)
・西の河原露天風呂(ロケーション最高)
をご紹介する。
この3軒は私が今回、草津を回った中で初めて草津を訪れる人には
ぜひ行っていただきたい温泉だ。

まず、大滝乃湯から。
ここは、内風呂・露天風呂ともにすごくよいわけではない。
何がよいかというと、「合わせ湯」が法師温泉のような秘湯のような美しさがあるのだ。
awaseyu2.jpg

「合わせ湯」とは、計5つの浴槽が1部屋に終結。
1番の浴槽から1分ずつ、順番に5番目の浴槽まで浸かる。
1番目が42度、2番目は46度、3番目が38度、4番目は45度、5番目は44度。
かなり熱い。
実際、トライしてみたら3番目が終わったところで立ちくらみを起こした。
感覚としてはサウナに近い。
天井が非常に高く、内湯独特の熱気はあまり感じられないので、
1つの浴槽に浸かるごとに、3分ほど休憩を取られるのをおすすめする。
ただし、男女共用で時間ごとに男湯女湯に分けられている。
事前に時間をよく確認してほしい。
また、合わせ湯は日が暮れてからだと、より一層情緒溢れる情景が楽しめる。
私は18:30~19:00を楽しんだ。
草津について、共同浴場を1軒回った後に行かれると、時間的にも効率が良い。
女性専用時間帯は下記の通り。
10:30~12:00
14:00~16:00
18:30~19:30

さて、地蔵の湯。ここはおすすめだ。

共同浴場は基本的に無料だが、中でもお湯質が抜群! と思えたのがここ。
とにかくお湯が柔らかい。
硫黄も白旗やそれ以外よりも濃く、ぬめりけが強かった。
ぬめりが嫌いな方にはあまりおすすめできないが、女性は入ると肌がつるつるになる。
基本だが、共同浴場では身体を洗うようなスペースはあまりない。
あくまでお湯に浸かるだけ、という感覚で行くとよい。
共同浴場の利点は、地元の方からいろいろ話しを伺える点だ。
ガイドブックやインターネットでは検索できない良質な情報を豊富に得られる。
お土産屋からおすすめの共同浴場などなど。
ぜひ、交流を深めてもらいたい。
ただし、繰り返すが草津のお湯は強酸性。
化粧水だけではすぐに顔や手が渇いてしまうので、必ずオイルも持っていったほうがよい。
特に共同浴場は酸性が強く感じられた。
肌が弱い方は十分に気を付けてほしい。

最後に西の河原露天風呂
正直、宝川温泉のスケールには負ける。
ここの良さは、お風呂までのお土産屋さんと西の河原公園の美しさ。
ご参考までに。
至るところに温泉が湧き出、硫黄で岩が緑色に染まり、非常に美しい。
肝心のお湯は熱すぎる。
10分も入っていられない。
お湯質は△。
完全にロケーションでの勝負か。
また、湯上り直後、足がピリピリした。
他ではそんなことはなかったのだが。。
話しの1つとして行ってみてもよい、という評価。

全体的にお湯はやわらかい。
また、夜ライトアップされた湯畑は一見の価値がある。
町全体がコンパクトで、徒歩移動できるところがマイカーなしの私たちにはありがたかった。
落ち着く、というよりは観光に近い。
同じ群馬でも水上とはまったく違う。
温泉街を楽しみたい方には非常に向いている場所だと思う。
また、ゴールデンウィーク時には新緑も美しく、浴衣で街を散策できるところもポイントが高い。
連休のおでかけ候補として、検討されてみてはいかがだろうか。
[2009/03/22 08:33 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
→NEXT STAGE 「アタシ、引っ越します」
引っ越しを決めたのは1カ月くらい前。
引っ越しをしたいと思ったのは半年以上前、
いろんな家の内見を始めたのが3カ月くらい前。

この家のベランダから、よく外を眺めていた。
ちょっと先に見える目黒通り沿いのビル群、
変わりゆく目黒をいつもタバコをふかしながら眺めていた。
春と秋、細く急な坂がいくつもあるこの場所は、「風の谷」だった。
夜、眠れないほどの風の音がすることもあった。

ここ自体はとても好きなのだが、私が引っ越してきたときから比べると、
ここに住む人の質がえらく落ちた。
このまま自分もここに居続けると、ドンドン落ちていく気がして。

次の家はここよりちょっと車の音がして、
ここよりちょっと駅から離れているけれど、
新築の分譲でオートロックで自動空調も入っているし、ちゃんとコンロも2つあるし。
何より、30㎡ 近くあるバルコニーが気に入った。
上に何もモノがない、空しかない。
そこに寝転がれる、最高の贅沢ぢゃない?
もちろん、その分屋賃もすごく上がるけれど。

引っ越しまであと1週間ちょっと。
期待と不安で半分こ。
[2009/03/19 21:06 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
匂いに誘われ、仕事スル
営業S 氏。
いつも同じ香水をつけています。
その匂いが好き。
フェロモンではないですね、アレ。

その香水の匂いが好きなんだよね。
ボクちゃん。

だから、会議の時は必ずS 氏の隣。
S 氏の匂いを嗅ぐ口実に企画を打ち出しS 氏へ提案。
人間にとって匂いってこんな影響度あるんだー!

「ぢゃぁ、自分に同じ匂いをつければ?」
は、愚問。
自分にはあぁいう甘い系の匂いは無理。
それに、ヒトがつけているのがまたよいわけですよ。

というアタシは無臭ダ、ピヨピヨ。
[2009/03/18 18:43 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
君に胸キュン 水嶋ヒロ編。
古めかしいタイトルで、えらいすみません。
hiro_mizushima.jpg


惚れてまうやろ。
これはアカン。
これはズルイ。

ベッドにって、なんやねん。
お風呂にってどないやねんな。

ええわー。
なんか、この包み込みます的な役柄が完全にツボですわね。
目が好き。
声が好き。
ええわー。



最近、かっこよくなったよねー。
すごいなー、彼。
ビストロSMAP に出ているときの必死さが堪らなかった。

今日は妄想しながら寝よーっと。
今年のお誕生日には執事が欲しいとえみりーにねだる予定です。

[2009/03/17 22:32 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
ホワイトデーのお返しで相手の力量を見る 2
「ホワイトデーのお返しで相手の力量を見る」という、
なんとも私のいやらしい性格が全開のこの企画。
うーん、どうなんだ?
いや、アリだな。

というわけで、いただいた品々をご紹介。
all.jpg

まずはいただいた皆さま、どうもありがとうございます。
それぞれに個性溢れる品でした。

▼しゃちょー & 営業S 氏
hs.jpg

しゃちょーからはペニンシュラのトリュフをいただきました。
渡したショコラがGODIVA だったので気を利かせてくれたようです。
ペニンシュラはまだ食べたことがなかったのでかなりうれしかったなぁー。
箱もお上品なので食べ終わった後も使えそう。
S 氏にはGODIVA のクッキー詰め合わせ。
これも箱がピンクで好みの色です。
「外さない男、S 氏」
さすがです。



▼営業K クンと編集S さん
yakigashi.jpg
営業K クンはバレンタイン、すごく喜んでくれて、
1個150円のチーズスフレなのに
「もうちょっとイイのあげればよかったな……」
なんて罪悪感を抱くくらい。
で、お返しがKIHACHI 桜のマドレーヌ。
ウン、よいチョイス。
季節的にも好みもバッチリ。
しかもメッセージもすごくかわいい内容で、彼は私のお気に入り♪
編集S さんは焼き菓子の詰め合わせを。
S さんらしくちゃんと地元のお菓子屋さんで買ってきてくれました。
「ちょっと袋潰れちゃったけど……」
って素っ気なく、でもちゃんとお返しをくれるS さんが大好きです。



▼my 上長○トーぶちょーと編集N 氏
musashino.jpg
編集N 氏は武蔵野工房のクッキーを。
武蔵野工房は昔、目黒のatre に入っていていつの間にかなくなっちゃった。
すごくおいしかったから残念でした。
でも、その武蔵野工房のクッキーをいただけて、
朝からしあわせ~!
ありがとう、N さん!
で、うちの上長○トーぶちょー。
みんなが私にくれるのを見て、ようやくホワイトデーというものを認識したらしい。
お昼休みに買いに行ってくれました。
アンテノールのチーズケーキスフレ。
ちなみに私が○トーぶちょーにあげたのは150円のチーズスフレ(笑)。



▼編集N その2さん
sakura.jpg
「お菓子にお酒使われてても、大丈夫?」
と聞いて俵屋吉冨の和菓子をくれました。
「たまには和菓子もいいでしょ?」
しかもN その2さんは、私がお酒を使ったお菓子がだめだったときのために
違うお菓子まで用意してくれていた。
いやー、イイ男だね。

あれ?
気がつくと、みんなそれぞれに個性溢れる、
かつ私が好きなモノばっかりぢゃん!
ちゃんとお返ししてくれるイイ人たちぢゃん!
K クンは相変わらずかわいいメッセージつけてくれたし、
編集N その2さんは私が和風好きなの知ってて和菓子くれたし、
S 氏のGODIVA もS 氏らしいし、
あらー、イイ男たちぢゃなーい。
毒吐くつもりが褒めちゃったワー。
私らしくない(笑)。
まぁ、たまにはそんなアタシもいいでしょう!

[2009/03/16 21:37 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
どうして隣人の新聞滞納金を私が督促されないといけないか? ということについて。
今日は「どうして隣人の新聞滞納金を私が督促されないといけないか?」
ということについて、じっくりむっくりと語りたいと思う。

よく、新聞やテレビで
「隣人の新聞が溜まっていて、死亡していることを知りました」
なんて報道されているが、我が家の隣人は違う。
読みもしない新聞を4カ月も滞納しているのだ。

なぜ私がそれを知っているかというと。

昨日19:50.
チャイムが2回鳴った。
不動産屋が来るといっていたので、それかと思って出ると、
「読売新聞です」
むろん、即断った。

が、そこからが長い。
5分もチャイム鳴らす+ノック+「すみません」攻撃。
まぢでむかつくし怖いし、
読売新聞の目黒サービスセンターに即効クレーム電話。
出た奴もえらいバカヤロウで、
「いいからさっさと来ていま、家の外にいるバカを連れ戻せ!」
というと、
「いや、それはムリっすね。いま、留守番してるんで」
社会から抹消したい感じ。

警察に電話。
すぐ警官に来てもらうが、目黒の警察来るの遅い。
通報から10分後、ようやく到着。
そのバカはもういなかった。

警察が退去後に、読売新聞へ爆怒りの連絡をしたら、
「あー、それ勧誘ぢゃないんすよ。
 隣ン家の督促の件ですね」

はぁ~~~~~~?
はぁ~~~~~~~~~~~?
はぁ~~~~~~~~~~~~~~~~?

まぢ、ばかぢゃないの?!
隣ン家のバカとは家族でもなんでもないっての。
しかも、隣は読みもしない新聞を玄関先にばら撒き、
アパートの共有スペースが新聞紙だらけになって超迷惑してたのに
読売新聞はその状況を4カ月放置して、
挙句その迷惑被ってるウチに督促に来たと。

ああああああああああああああ
マヂで隣ン家、消えてほしい。
毎日毎日、うるさいし、そのくせこっちが怒りに行くとすぐ逃げる気持ち悪いフリーターヤロウ。
あまりにむかつきすぎる、読売も隣ン家も。

督促は当事者かその保証人にしろっつーの。
[2009/03/16 13:00 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
ホワイトデーのお返しで相手の力量を見る その1
ホワイトデーのお返しを見て、相手の力量を判断しますが、何か?



えみりーはさすがに私をよく理解していました。
えみりーの趣味で何かを私にあげても
「全く喜ばない」ことをちゃーんと知っていたので、
えみりーは私に何がほしいかを聞いたのです。
で、それがこれ。

hayabusa-top.gif

この答えにたどり着ける男子はまぁ、いないだろうなー。
はやぶさの水、10本セット。

えみりーは購入前、私にこう聞きました。
「ねぇ、本当に水でいいの?」

[2009/03/16 12:30 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コイツ、意外に小さいナ
ドアから飛び出してきた私に異常な驚きを見せる同僚A 氏。
ヒトって咄嗟の瞬間に「地」が出る。

びびるのは分かるんだけど、ビビリすぎでしょ。
両手を挙げてビックぅ! ってしてたからね。
[2009/03/13 23:19 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
キミはまだ、ボクを知らないね。
わが社のトップセールスマンS 氏と、いま一緒にプロジェクトを進行させている。
いまのところ、まぁ、順調。
昨日もこのプロジェクトのミーティングをS 氏と行った。
そのときの彼の会話の1コマで、
アタイ:「こんな感じで進めて大丈夫ですか、ね」
S 氏:「はい、これでいきましょう」
アタイ:「私けっこう漏れがあるので、ダブルチェックでぜひ目を光らせてもらいたいんですよ」
S 氏:「u-na さんでだめだったら他の人、どうなるんですか!」

フフッ、キミはまだ、ボクを知らないね。
ボクはね、とても慎重だし細かいのだよ。
でもね、最後の最後に必ずトチるんだよ。
だからここまで細かいのさ。
細かいには理由がある。
さすがのキミも、そこまでは読めなかったかい。
[2009/03/12 10:34 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
裁判なんて、できないよ。
こんにちは、イヌです。
ワン。
inu.jpg




ただいま、示談の交渉真っ最中です。
加害者です。。
うそです。
被害者です。

今回の示談を通して思ったことをちょっと。



被害者とか加害者とか立場ももちろんあるけれど、
示談でこれだけ疲れるんだから、裁判なんて私できないよ。
なぜ、「示談で済ませましょう」が多いのか、
ほんのりちょっぴり分かったような気がしました。
示談、といっても、「仲良くしようね☆」なーんて楽しいな話しではありません。
私の場合は、今後の生涯に渡って一切関わりたくない方と
やりとりをしなくてはなりません。
仮に、代理人を立てても最終決断やプロセスヒアリングでいやな思いになる。
被害者とはいえ、加害者の意見をまったく無視するわけにもいかず、
そこでまたヤキモキしたり、精神的負担がぐぐっと増えるのは「間違いなし」。

早く終わらせてきれいさっぱりサヨウナラをしたいものです。
あと3週間、がんばります。

もし裁判だったらこれ以上にお金もかかるし、しんどいし、時間も手間もかかる。
私にはムリだ。
裁判とか示談というのがいままではブラウン管(もう古い?)の中での出来事だったのが、
急に当事者になり、すごく困惑している今日この頃です。

[2009/03/11 11:58 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
夜のお店に「こんにちは!」‏
社会人1年目に激しく世話になった六本木のクラブに挨拶。

Not club
Yes クラブ



ここは知る人ぞ知る、超老舗。
当時はフリードリンクで食べ放題、一晩いて5千円と破格で世話になった。
よく仲間と朝まで分かってるのか分かっていないのか分からない経営や環境、
政治について語り合ったお店。
話し飽きたら歌を歌い、それも飽きたらホストのレオと世間話をした。

3年ぶりに「こんにちは」と挨拶に行くと、ホストのレオは老けていた(笑)。
さすがに3年もご無沙汰して「老けたね・・・」は、いえなかったけれど。
でも彼、私が大好きな生田斗馬に似てるんですね。

仲間のダチで、店のオーナーの息子、よーすけさんは相変わらずかっこよかった。
抱き着いておけばよかった。
昔からレオの前では緊張しないのに、よーすけさんを前にするとあがっちゃうんだなぁ。
今度、よーすけさんに会ったら「結婚して!」っていおう(笑)。

[2009/03/10 18:15 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
「(自転車で)練馬まで、野菜買いに行ってきたら?」
母親は突然、よく理解できないことをいい出す。
昨日の一言もすごかった。

「ちょっと野菜買いに、練馬まで自転車で行ってきたら?」

明らかに2点誤りがあるのだが、仮に母親のいうことを実行するとどうなるのか、
下記に検証してみる。
目黒駅~練馬駅までの計算。



■自転車で行ってみる 

 ・走行距離 約16.1km
 ・走行時間 1時間28分(11km/h)

■徒歩で行ってみる

 ・歩行時間 5時間3分(3.2/h)




「どのくらいの距離か分かっているの?」
と、母親を馬鹿にした自分だったが、実は実践していた。
目黒駅→錦糸町駅(約16km)を自転車でGO!
1時間で着きました。
目黒→恵比寿→広尾→六本木→新橋→東京→日本橋→両国→錦糸町。

錦糸町育ちのアーティスト、さとちき(里地帰)にも
「ゆきP、何やってるの……」
といわれたなぁ。

結局、親子なんですね。。

[2009/03/08 20:07 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
そして、一年後。
部屋の電気を消してふと、振り返った。
部屋のすべてに呼ばれている気がして、
私は彼を待たせてキッチンに戻り、コンロや流し台を撫でた。
1K の部屋の奥にはあえて行かなかった。
もうそこに、私の居場所がないことは知っていた。

「遅刻する、行くよ」

玄関の外と内の近い距離なのに、えらく遠くから声がする。

電気を消したその部屋は静まり返っていて、
奥にある部屋の窓から差し込む光が、やけに眩しかった。
そして、ゆっくりと扉を閉める。



昔から、感を外すことはあまりない。
おかげで、見なくてよいことも随分見てきた。
「人と別れる」恐怖に怯え、部屋の中で布団を頭から被り、
孤独との戦いに備えて、牛丼をかきこんだこともあった。

そして一年後、私は次のステージへ移行する。
[2009/03/07 12:39 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
だから弁護士は「ツライ」のだ。
いま、プライパシーポリシーの文章作成で顧問弁護士A氏とやりとりしている。
しかし、答えがでないのだ。

「で、どうしたらよろしいですかねぇ~~~~~、ヘヘッ」

これが私の決まり文句。30分話しても、経過や現状、世の中としてはこうですが、、という話しばかりで、「だから」「これは」「こうするのだ」がない。

だから弁護士は(話していて)ツライのだ。時間だけが経過して、結論が出ない。結論が出ないから疲労感だけ残る。電話をする前と電話を切ったこの30分で何ひとつ状況は変わっていない。そしてこの状況を解決するのが私だということも、変わっていない。

全部の弁護士がこう、とはいわないが、こういうタイプがけっこう多いのも、また、事実。。
[2009/03/06 13:11 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
「トリエは人脈ですね!」
「僕のトリエは人脈ですね!」
と鼻高々に語るA氏。
いままでの傾向として、そういう人に多いのが勘違い。
特にA氏は
「今日の出会いは必要な出会いだったんですよ」
と私に力説するも、お礼のメールをこちらから差し上げても返事なし。

彼のどこが「トリエは人脈ですね!」なのだろう。



極端なスピードを求めるわけではないが、
出会って間もない人にはなるべく早めに連絡を返してあげると、
「あぁ、この人とは長いお付き合いができそうだな」
と、自身は思っている。
実際には、「コイツ、きらい」っていうファーストインプレッションの人と
長く付き合う私ですが。。。

では、「トリエは人脈ですね!」な人ってどんな人?
ウーン、友好的な人……とか?(笑)

[2009/03/05 14:36 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
君は間もなくいなくなる。
私が後輩を持つというのは初めてだった。
想像を絶するできの悪さ。
毎日同じことをいい、毎日同じことで怒る。
周囲も辟易していただろうし、自分もそうだった。

どうにかしたかったが、どうにもならなかった。
今週末で、後輩は退職する。
引き継ぎをしろといっても引き継ぎに必要な項目だしもできない。

後味が悪い。
[2009/03/03 21:15 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
テロリストに遭遇。
Image840.jpg

こんばんは。テロリストです。
でも、こういう顔の人、いるよね。

今日はゆうこのお誘いで十条まで飲みに。
遠いゼ、十条。

帰りの埼京線で、外人3 人組と遭遇。
右手に缶ビールでこれが日本人なら、さながら電車移動する新橋状態。
すると誰かの防犯ブザーがけたたましい音を立てた。
さすがの外人ABCも無言に。

が、間もなくそれが誤報と知ると、

A:「なんだい、誤報ぢゃないか」
B:「ここで本来ならテロリストが登場するのよね!」
C:「そう!まるで、えーっと・・・」
AB:「アルカイダ!」
C:「そーう! そう、それよ! でもこれは旅客機ぢゃなくて、列車だわー」
(C、ここで軽く肩をす込める)
A:「あと5分で着くはずのシンジュクターミナルを通過するんだ、ゴー!テロリスト、アタック&ゴー!」BC:「キャハハハ」

そういうアンタたちがテロリスト。
3月(春)になりました・・・、だからか・・・。




[2009/03/01 00:59 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。