スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
花束をそのまま捨てる人の気が知れない
hanataba.jpg

花束を、花束のまま捨てる人の気が知れない。
花束の中でも枯れの早い花、遅い花があるし、
切ればまだまだ持つ花もある。

さっき、ゴミを捨てに行ったら、
花束のまま捨てられている花束を見かけた。
中にはまだつぼみもついていた。

花束をもらうと、まずラッピングを外して花を組み直す。
その姿をエミリーはいつも不思議そうに眺める。
「普通でしょ?」
「いや、普通はそのまま放置して枯れたら捨てるんだよ」

こころが苦しくなった。
スポンサーサイト
[2009/06/29 23:27 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
雨上がりの夜空
雨上がりの夜空を見上げる。
昨日までの暑さはどこへやら、
いまは窓から心地よい夜風が入り込んでくる。

よく、オニィを思う。

オニィはいつも、猫背だった。
ある夜、痩せた私を見て、
「オメェ、ちょっと付き合えよ」
といって、無理やり晩酌に付き合わされた。
思えばいつも晩酌は無理やり付き合わされていたのだが、
この日のオニィは普段より優しかった。

オレンジジュースのストローで遊んでばかりいる私に、
「オラ、食え」
といって、ぶっきらぼうに皿によそう。
「おしたし、食えよほら」
「オニィだってろくに食わずに酒ばっか呑んでんだろ」
「わりーかよ。いーからテメェが食え」
そういって私の口に「おしたし」と干物を無理やり詰め込んだ。

そういえばある朝、オニィにメールで、
「もし、私に彼氏ができたらオニィどうする?」
と送ったら、
「ひがんでやるから仕事しろ」
と返って来た。
ひとりデスクでニヤニヤしたことを覚えている。

雨の日の夜はオニィに直結する。
夏を前に雨上がりの夜、目黒の街並みをマンションの最上階から眺める。

オニィ、久しぶりに好きになった人は、
オニィと真逆な人だったんだよ。
オニィみたいに下品ぢゃないし、
同い年なのに落ち着いているし。
だけどオニィ、なぜかいつも思ってしまう。
「オニィだったらこうするよな……」って。
雨上がりの夜空眺め、オニィのことをひとり、考える。
[2009/06/28 22:53 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
It is in the next.
It listens to the music that you chose.
It becomes feelings being held by you.

It is in the next.
[2009/06/27 13:22 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
もてる女子のメール術
「具のないラーメンみたい」

かつて、付き合っていた男に私の送ったメールを、
そう批評されたことがある。
男で絵文字を使うほうがずっと気持ちが悪いと思うのだが。

そこで、絵文字を使う人たちの気が知れないを、
少し知ってみたい、にするため、
強制的に絵文字を使ってみることにする。

本ブログの読者の数名に、恐らく絵文字でぶりぶりしたメールを送らせていただくという、
嫌がらせ行為に近いことを行うかもしれないが、
一応、本人が望んでいる(手に入る、入らないは別として)「もてかわ女子」とやらを
意識した末の行為であり、悪気はないので応援してくれると幸甚だ。

さて、では試しにここでもやってみたい。
テーマは、「明日、ブランチ一緒にとろうよ」と、友人にお誘いのメールを送る、だ。

▼普段
明日、昼あいてない? ランチどうかと。

▼がんばったらこうなった
ェみりぃーぇ
やほほー、Yuki だよぉ~~~

今日ゎ金曜日だねェ
明日はォ休みだョ

ぉ天気もぃーぃみたいだし、一緒にォ昼食べよゥヨ

参考は、友人S ちゃんのメールからでした。

[2009/06/26 16:12 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
そして、夏になった。
最終出社日、いつもと特に何も変わらない。
引継ぎも終了し、やることも特にないので
連絡を頻繁にいただいていた顧客先にお礼状を書いた。

6カ月か。
思った以上に長かった。
世の中には、こんな意味不明な会社もあるのか、
という大変貴重な勉強をさせていただいた。
通常、無職になるってすごく不安なはず。

いまも不安は大きいが、この場所にまた月曜日も来なければならない
その苦痛に比べると、はるかに解放感のほうが勝る。

経営者なんてみんなわがままだしー、
とか、そういったぬるい考えでいたけれど、
・経営理念
・企業風土
ばかにできねぇ。
と心底学ぶ。

今年は東京も30度を越える夏日らしい。
夏を前に、明日から私は無職になる。
[2009/06/26 11:28 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
止まらない、私、止まらない
食欲。

朝から、
カレーパン
チーズドッグ
せんべい
ユッケビビンバ←(この辺、昼食。
チョコレート
キャラメル
惣菜パン
菓子パン
トマト
米なすの素揚げポン酢かけ
シャケ

苦しい。
食べたくないのに止まらない。
[2009/06/25 20:46 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
センスを感じる。
br.jpg

あれ? Chromeは?
戦地にも行けない??
[2009/06/25 14:11 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
自分が回したプロジェクトのレジュメを処分する
自分の周したプロジェクトのレジュメを処分する。
3ヶ月で
・カスタマーサポートサイトの作成
・商品紹介サイトの作成
・読者会員増員キャンペーン
・読者リサーチ

いろいろやった。
個人情報が大量に含まれているので、
1つ1つ、丁寧にシュレッダーにかける。
何となく愛しい気分。

がしかし。
がしかし。



人事部に呼び出され、何かと思うと、
「社内書類はこちらで処分するので、残して置いてくださいね。
もう随分前に、○×(上長)にはいってますけど」

またかよ。
またかよ、上長。

「いや、一切そんな話しは聞いてませんけど……。
むしろ、いままで退職者の方のデスクに重要書類が放置されて
どうなの? って感じだったんで、こちらで先ほどシュレッダーにかけましたけど?」

「いや、本来であればこちらで処分するものなんですよ」

知るかよ。
結局、上長だろ? 話し止めてたの。

人事部長が
「それは○×さんが悪い。私もう、随分前に退職における指示書を
お渡ししてましたよね?」

まただよ、責任転嫁。
この上長が、確認とか申し伝えとかできるわけないぢゃん。
あんたも確認しなかったでしょ?
この、責任というボールの投げあい、
仕事ができない者同士の足の引っ張り合い。

最後までいやな気分にさせてくれて、どうもです。
あ、まだ明日があった。
[2009/06/25 14:08 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
見ざる、聞かざる、いわざる、えぇ加減にせーよ

見ざる、聞かざる、いわざる、確かに特技だと思います。
ですが、こといまの上司に限ってはわざとなのか、
本人の仕事能力スペックの問題なのか、本当に困ります。

なぜボクが上司のマネジメントをしないとならないのか。
なぜボクがマネジメントしている上司より給料が低いのか。

とぼける、は苦難をやり過ごすひとつの手ではありますが、
こうもひどいとうっすらと殺意を抱きますね。
あと3日、殺人者としてテレビに出ないことを、
どうか皆さま、祈っててくださいまし。
[2009/06/23 17:18 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
恐ろしく仕事ができない上司。
本当に、役職付きなんだからもうちょっと考えて仕事してくれよ、と思う。
この人ともあと数日でおさらばだ。
我慢だ、私。
[2009/06/23 11:35 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
そしてボクは山梨に逃げました。
イベント会社の一次選考が通った事実を、私はまだ受け入れない私。
だって、1ミリも受かる要素がなかったのですよ?!
一次の通過は自分的、軽い都市伝説くらいに思います、ホント。

そこで、考えた。

仮に、よ?
いま、27 で、来年になっても、再来年になっても、
30 になっても35 になっても結婚できずに、
おばあちゃんになっても、ずーーっと、ずーーーーーっとひとりだったらどうする??
(魔女宅風にしてみました)

そんな私にmixi のとあるコミュで、とあるカキコミを拝見。
山梨の山奥で、嫁探しをしている男性と出会う会。
希望者は古民家に宿泊可能、五右衛門風呂にも入れます。


マヂ?!

「プレゼン」や、「コンペ」や、「ノルマ」と無縁な土地。
朝は小鳥のさえずりで目を覚まし、昼は畑を耕して?
というわけで、永久就職目指して山梨まで「面接」に行ってきました!



▼新宿から中央本線で1時間30分。さらに車で30分
yamanashi.jpg

すんげぇ、すんげぇ、超「村」。
そこに、首都圏はもちろん、名古屋や遠くは大阪からもいらっしゃった女性15名と、
地元の独身男性(ほんとに?)15名くらいの交流会が開催されました。
主催は移住してきた25歳くらいの若い女の子。
「エ、キミたちはどうなの? もう既にキープ済みなの?」
と若干のナゾは抱きつつ、人のことを考える余裕はございません。

ですが、田舎と都会のギャップは大きいです。
まず男性陣、えらそう。
まぁ、ムリもないでしょう。
ほとんどが土建屋さんなのですから。
いわば、オニィと見合いをしているようなものです。
オニィがひとりでも十分なのに、あれが10人くらいいるわけですよ。
残りは組合で働くえらい人見知りな男性たち。
それにしても本当に過疎化が進んでいるんだと実感しました。
だって、男性陣の平均年齢が42、3なんです。
これは、足して割ったから40代前半ですが、実際には、
30代前半と40代後半。

しかし、ひとつ残念なお知らせが。
この日、私、けっこうもてたんですよ。
えぇ、女性にね。やっぱりね。
のこぎりで竹を切ってる私がかっこよかったんですって。
趣旨、違うから。。
私ここには就職先(永久就職を意味する)探しに来たんだよ。
といいつつも、結局、仲良くなった人はみーんな女性。

そばを打ったり、夜のバーベキュー用にキャンドルを作ったりして、
その後、軽く町をお散歩しました。
が、早速田舎の洗礼を受けるのです。
ブヨの攻撃。
ひたすらブヨの大群が私たちを襲います。
しかも顔にやってくる。
中には目に入ったという人も、ヒィイイ。
主催者の方いわく、
「今年はちょっと多いですね」
……、ちょっと?
ぢゃぁ、今年だけとかではなくて、毎年この季節になると、
ブヨが顔の中に飛び込んでくるんですかい。

働くのがいやで、山梨にボクは逃げました。
でも、そこはそこで、何かと大変だったのです。
ロケーションはとてもよく、人もいいとは思います。
でも、ボクはブヨと共存できないよ。

人生甘くないんだね。
というわけで、宿泊はせず、日帰りで帰ってきました。
目黒に着いて、パチンコ屋のネオンを見たとき、
悲しきかな私はほっっとしてしまいました。
「田舎が好き♪」
なんていいつつも、なんだかんだで私は都会っ子なんですね。
というわけで、また今日から就職活動(対企業)です。
トホホ。

[2009/06/22 09:00 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
しゅーかつ進捗。イェイ。
木曜日、バスに乗ろうとしたらAG のO野さんから電話が来た。
「あ、この前受けてもらったXXX(サイト制作会社)、一次OKです」

う~~~ん、ライトな語り方♪

整理します。
オンラインゲームの企画   →次回、最終選考
サイト制作会社のゆる営業 →次回、二次か最終選考
イベント会社          →一次が終わったところ。絶対、落ちた。

となりました。



が、

そこにAG O野さんを紹介してくれたDJ Oさわから電話。

「イベント会社、次に進んだんだねー」


「……、へっ?」
「え? いや、いまO野さんから電話かかってきて、
 一次が通ったっていってたけど……」
「それ、何かの間違いぢゃない?
 だって、あそこもうホントぼろぼろで面接官にプレゼンの下手さを笑われたんだよ?
 フッって、フッって!」
「? 俺、勘違いかな。でも、競合の名前だしたでしょ?」
「あー、うん。なんか、とりあえずいっとけ的精神でいっといた」
「ぢゃー、多分、O野さんから連絡来るよ」

最近、つくづく思う。
世の男性諸君、中途半端に女性に期待を持たせないでくれ。
(今日は自分を女性といわせてください)
大体、O野さんだってさ、イベント会社が私の現在の第一志望って知ってるんだから、
本当に通ってたらまず私に教えてくれんべよ。

と思って、メールチェックしてみた。



▼原文を転載

中村様

お世話になっております。
XYZさんの1次面接ですが無事通過いたしました。
おめでとうございます。
つきましては2次面接の案内が来ておりますので転送いたします。


まーぢで?!


なんで?
どこがよかったの?
全く理解できないんスけどー!
ってかO野さん、先にこっちに電話、電話~!

でも、この会社の恐ろしいところは二次選考。
ビジネスアイディアとそのプレゼン。
まぁ、プレゼン昔から得意だったけど。
でもなぁ、この会社受けたときのあの悲惨な状況が脳裏に蘇る。
緊張しすぎて何話してたかも分からず、
作り笑顔は引きつき、挙句、これは再起不能とさっさと説明をまとめて強制終了。

できるのか、できるのか私?!
時間もねぇ、アタマもねぇ、
課せられたお題は女性に向けた紅茶の販売戦略。

どうする、どうするオレ?!


>>そしてボクは山梨に逃げました、に続く。

[2009/06/22 08:29 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
転職活動、ススムクン。
転職活動の方針を人海戦術に切り替えてから、約2週間が経過した。
戦績はいまいちではあるが、着実に進み始めている。

■月曜日
第一志望のキャリアレップ、あっけなく終了。
もともと厳しいといわれつつも、やっぱりショック。

■火曜日
伝説の男が転職AG になったことを聞きつけ、
さっそく、伝説の男に泣きすがる。
「ねぇ、何とかしてぇ?!」

■水曜日
イベント会社のWeb チームへの面接。
自分のプレゼンテーションスキルの著しい低下に凹みまくる。

■木曜日
久しぶりに何もなし。

そして、オンラインゲームの企画運営が二次選考(最終選考)に進んだ。
これがあるからけっこう心の調和を保てているのも事実かなぁ。

先週受けた、サイト制作会社の超ゆるい営業職の結果は、
AG が今日、連絡して聞いてくれるらしい。

相変わらずRA は毎日のように案件紹介をしてくれる。
書類選考通過率は驚きの低さだが(これはどうやら私だけでなかったようだ)、
毎日、案件を紹介してくれるところに僅かな安心を見出せるのも、また事実。

J●C は完全にフリーズ。

さぁ、今後の動きはどうなる、ボク!
[2009/06/18 10:58 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
やっぱり胸が痛い
否めない、胸が痛い。
何にそんなに胸が痛いのか、
それは結局この人もまた、ズルイ男ってこと。

どうしてこんなにもずるい男が多いのか。

それは自分が至らないからに過ぎないのだけれど。
いわずにはいられない。
あー、もう、やんなっちゃうな、まったく。
[2009/06/17 14:32 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
優しさを、辞書で引いてみる
「優しい人が好きです」
結婚相談所でそういってみてほしい。
きっと、軟弱男子(流行語でいうならば、草食系男子)がわんさと来るに違いない。

私は、優しくされることが怖い。
優しさとずるさは紙一重、という自分の理論に基づいた結果だ。

先日、私は片思い中だった男性A に悪いことをしたと思い、
私なりにかなり誠意を込めたメールを送ったつもりだ。
しかし、返ってきた返事は、なんとも曖昧極まりないものであった。
とても優しい内容にも受け取られるし、線を引かれた感じもある。
女性の中にはこういう「これは結局、どういう意味なの?」というメールを
男性からいただいた方はいるのではないだろうか。

そこで振り返る。
彼は「優しい人だったのか?」

答えは否。
本人にもいったことだが、
「ずるいよ」
それが私の素直な答えだと思う。
頭では理解していても、気持ちが好きである場合、
頭<気持ち の構図となってしまう。
いまも、私が彼を好きな思いに違いはない。
ただ、釈然としない思いだけが、どうしても心の中から消えない。

辞書で「優しさ」を引いてみる。
「優しさ」という単語は、掲載されていなかった。
[2009/06/16 13:19 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
転職にっき。
ヤバイ。
ちと、微妙な形で停滞してしまったので、再びベクトルを転職に戻します。

本日、超超ベンチャーのIT ソリューションの会社の面接に参ります。
何となく、よさげな雰囲気。
でも、営業。。ドーン。

ところで、J●C という人材紹介会社をよくCM で見かけます。
ここについて、です。
いま、人材紹介会社を複数使っていますが、ここは微妙すぎる。
良質の案件を絞ってご紹介、はいいのだが、
既にRA から紹介を受けて落ちた案件がほとんど。
しかも紹介ペースは2週間に1件か2件。

オハナシニナラズ。。。

やっぱり人海戦術が1番だ。
というわけで、本日は18時半から面接1件。
19時からあの伝説の男と転職に関するご相談を。

できることを、ひとつずつ。
[2009/06/16 11:13 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
割とあっけなく終わりました。
この物語は、仕事ではそうでもないのに、
プライベートでは異常なまでに臆病で相手に対峙することができない
そーんなーボクが片思い中の○○へ告白(するかもしれない?)までの葛藤ストーリーです。


もうちょっともがくつもりが、
割とあっけなく終わりました。
いまはちょっとまだ書けないけど。
ネタになる日が待ち遠しい。

[2009/06/15 08:32 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
悲しくなるほど悲しい性分。
別に好きこのんでそうなったわけではない。
ただいつも、振り返ると
「朝が弱い男」
としか付き合ってこない。

世の中のすべての男は「朝が弱い」のか?

うーん。
どうしても自分では理解できない。
[2009/06/15 06:16 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
そんなこんなでこれからのボクは。。
この物語は、仕事ではそうでもないのに、
プライベートでは異常なまでに臆病で相手に対峙することができない
そーんなーボクが片思い中の○○へ告白(するかもしれない?)までの葛藤ストーリーです。



それは昨日のこと。
なんとなく、声が聞きたかっただけなんだ。
結果、タイミングが悪かった。
「忙しいので折り返す」
折り返された電話、「どうした?」
に、
「どうもない」
がいえない。
くだらない話しをして自爆した。
そして、いかにも世辞めいた
「また、タイミング合わせてお茶でも……」

自分への嫌気と、吐き気を押さえて武蔵小山へ。
もう、やけ食いだ。
恋愛なんて、関係ねー。
仕事だ。仕事に生きるのだ。
ふだんより多めに買ったお菓子たち。
そしてお決まりの少女マンガ雑誌。
いざ帰って読もうとしたら、道を一本間違えた。
おかげで恐ろしく小さなエリアで1時間迷子。

すると、電話、鳴る。
タンターカータンタン♪(iPhone user の方はピアノリフですよ)

ン、ンー?
さっき微妙な空気満載で切った○○。
とりあえず、冷静を装いながら電話にでる。
「もしもし、○○です
ですぅー?
なんで敬語なんすか、なんすかそのちょっとガードめいた言動!
気持ち悪いことこの上なかったが、とりあえずそこはいったん蓋をして。

「……、で、明日夕方合流できたらと」
「うんうん、ウン?」

明日ー?
別にデートの誘いでもなく、どちらかというとシゴト関係で情報収集を互いに兼ねて、
なのに、一気にテンション上がる↑
きっかけはどうでもいいの。
問題はそれを生かせるかどうか。

というわけで、とりあえず明日着ていく服セレクション。
部屋の中は服で溢れる。
ってかそんなとこぢゃなく、明日の目的である仕事関係の情報収集せーよ。
と、冷静なボクが囁く。
が、時すでに遅し。
脳内は妄想の嵐、仕事とかいったってぜーんぶぶっとっちゃったもんねー!
そして明日、何聞かれてもいってやるんだー。
髪に指をからませて、顔を少し曲げながら、
「えぇ~~~、分かんなぁ~~~ぃ☆」

なーんてね。
それができたら問題ないんぢゃない。
結論は、何聞かれてもいいように一晩中調べ物して寝不足のボクでした。
一言、「何が聞きたい?」
って聞ければよかったのにね。
ボクが相手と対峙する日はまだまだ、遠い。

ここで告知です。
この、絶賛片思い中の○○さんの仮名を募集します。
コメント、もしくはメールで御連絡ください!



[2009/06/14 12:07 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
えっ、書いちゃっていいんスか?
今日、川越の小江戸に行く予定がまぁ、
いろいろあって(昼寝とか)中止に。

というわけで、武蔵小山に買い物へ。
が、ちょっと自己嫌悪があって考え事をしていたら迷子に!
ガーン。

仕事ではぐいぐい突っ込めるアタクシも、
プライベートではまったく。
突っ込むつもりが突っ込まれっぱなし。
今日はいうぞ! と思っても(何を?)、
「今日もいえない」

泣きそうになりながら、前職で後ろの席だったタ○キ記者にメール。
「タ○キさん。次の記事でぜひ勇気を持って
相手と対峙する方法をお願いします」
タ●キ記者の返信はこう↓
「対峙する方法の記事を、キミが書いてもいいんだよ(笑)」

っまーーーーじっすか?!
ということで、さっそくご本人にお電話さし上げる。
「マヂで書いちゃいますよ?」
「いいっすよ(笑)」
ンなライトにいいんすか?

ちゅーことで、書くことにしまっす☆
きっと、ボクのいたーいいたーいあんなことやこんなことを、
おもしろおかしく校正ならぬ構成していただけるかと(笑)

うーん、自分の不幸をネタにするの、多いけど、嫌いぢゃない(笑)
[2009/06/13 23:16 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
穏やかな朝
最近やたらと早朝に目覚める。
昼、眠い。
それを仕事を通じて知り合った、メンタルヘルスケアの方にいうと、
大崎の先生を紹介してくれた。
今度行ってみよっかなー?

▼庭に置いたソファーでの一コマ。
blog20090613.jpg

今日はお出かけ。
そうだ。
久しぶりにキャメーラを持って出かけてみよう。




▼この1週間、この曲がずっと流れています。

[2009/06/13 08:49 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
悲しい結末
大嫌いな上司がいた。
本当に嫌いだった。

当時在籍していた会社の新規事業に参加することになった私とその上司。
毎日、抗っていた。

新規事業にえらく肩入れしていた上司と、
右も左も分からないのに何でもできると勘違いしていた私。
当然、全くかみ合わない日々が続く。
その上司の苛立ちは、やがてパワハラへと変わった。

そのうち私はノイローゼになり、
私が転属した1週間後、その上司は総務部へと異動になった。

めぐりめぐって、1年が経ち、
私も総務部へと異動となり、何の因果かまたその上司の下に着くことになった。
その時、同社は上場に向け、何もかもが変わっていった。
雰囲気も、監視も、すべてが厳しくなった。
ただ、一部の経営層だけが、上場は社員のためだ、と自己満足気に語っていたのを記憶している。
上長は、上場に関するプロジェクトのリーダーとなり、私はその補佐となった。
1年が経っても、やっぱり私はその上司が嫌いで嫌いで仕方がなかった。
ただ、「ケンカ」ができるようにはなった。
そのうち、お互いに笑えるようにはなったが、決して関係がよくなったわけではなかった。
私は、相変わらずかわいくない部下のままだった。

その後私はその会社を退職、上司は間もなく子会社へ出向となった。
退職後に知ったことだが、その上司はかなり私を擁護してくれていた。
謝りたかったが、その術がなかった。
退社して半年後、私は上司の出向先に連絡を入れる。

「ご無沙汰しています。転職しました」

やはりまだ、ぎこちなかった。
電話越しに元上司が、
「飲みに行くか」
といい、私は素直にそれに従った。

久しぶりに会った上司は、随分早くに待ち合わせ場所に着いていたらしかった。
右足を少し前に出して人を待つ時は、
決まって10分以上相手を待つ時の上司の癖だと、私は覚えていた。
「いま来たところだよ」
上司はいささか緊張していた。
私も、緊張していた。
でも、いま目の前に居る上司の顔は、仏のように穏やかになっていた。
「あの会社を出てね、大きく息が吸えるようになったんだ」
私は、苦笑い混じりに、
「皮肉ですよね。あんなに近くにいたのにこんな話、1度もできやしなかった」
というと、
「そうだな。1度も、オマエと向き合ってこなった」
上司はうつむき加減にそういった。

一言、私は
「ほんと、かわいくない部下でした。すみません」
そういうと、上司もまた、
「こちらこそ、すまなかった」
そういって、光る頭を私に見せた。
3年越しの「ごめんなさい」だった。

それから趣味の話、夢の話、散々語った。
話も途切れ、空いたグラスで遊びながら、
「何だか、私たちは上場という会社のプロジェクトの中で、
 押しつぶされた感じがしますね。あなたはいつも苛立っていた。
 とばっちりは私に来た笑」
「そうだよな、すまん」
「いやいや、上長もまた、他のどこかから私で理解できないほどの重圧を感じていた。
 結局、私たちはあんなにしんどい思いをして、時期早々に上場までして、
 株価は下がりまくるし、いったい、何がよかったんでしょうね」
「分からんな。ただ、俺たちはあの会社を出て正解だった。
 いま、それしかもう、ことばが出てこないよ」
「時間ってのはすごいですね。正直、ほんと上長、嫌いだったもん」
「そんなにか?!」
「そんなにですよ(笑) でもいまは、こうやって飲んでる」
「一つだけ、忘れないでほしいことがあるんだ」
「何ですか?」
「オマエはすぐ、自分を責めるから。だけど今日から俺はキミの味方だ。
 味方っていうのは、いつ、どんなときでも、必ず味方なんだよ」
「上長、あの上場っていうある種のバカ騒ぎの中で、みんな麻痺っちゃったんすよね。
 でも、いま、ここでこうやって上長と飲んでる。それが現実なんですよね」

上場騒ぎの中で、何かが狂っていた。
私たちはその波に流されながら、時にぶつかって、行く先さえも見失いながら、
ようやく一つの岸につけたのだと、その時悟った。

以来、上司とは定期的に連絡を取り合っている。
来月にはその上司と山へ登る約束もしている。
出会い方が違っていたならば、一緒におもしろい仕事もできたのかもしれない。
私たちは、悲しい結末を迎えたけれど、またここから、新しい関係を築くことができた。
企業は、時としてその人の人生さえも押しつぶしながら前に進む。
一人が押しつぶされたら他の違う人が、今度は押しつぶされる。
その連鎖を繰り返しながら、企業は大きくなっていく。
私たちは、その押しつぶされた中の一人に過ぎない。
今日もどこかでまた、企業に押しつぶされる人の悲鳴が聞こえてくるような気がする。


[2009/06/12 14:41 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
アタシ、こういう性格だわ。
おもしろかった。
アタシ、こういう性格だわー。
こと仕事においては。
[2009/06/12 08:38 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
人生を、しっかり背負って。
今日は14時からオンラインゲーム会社の面接に。
会社の中はさすがゲーム会社。
めちゃきれい。
でも、合ってないみたーい。
なんかAV 嬢みたいな総務の女の人出てきた。

2件目は発掘された化石か?
ってくらい、七三分けでムースがっつり固めましたー
みたいな、女はおとなしくしてな、男社会なんだから
っていう人。
ほんとに男社会だから女性は辛いだろうねっていわれたね。
ぢゃぁ、面接に呼ぶなよ。

ちょうど東京駅にいたので、修の店に寄る。
修は最後に会った時よりも痩せていた。
顔つきは疲れていたが、その背中は学生の頃よりでかくなった気がする。
あの歳で、あの店を回すのは、並大抵ぢゃない。
久しぶりに褒めたので、あとで請求書を送付しておかなきゃ。

そのまま、ソフトバンクモバイルへ。
モバイルの大大大大大先輩にモバイル業界のetc を伺う。
なんだか、えらい長い1日だったな。
[2009/06/11 23:21 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
「かっこいいよね」の対極に惚れる
「かっこいいよね」
年中いわれることばである。
目標ではなく、結果論にすぎないこの「かっこいいよね」
本人は至ってかっこよく在りたいのではなく、
(できれば)「かわいく」在りたいのだ。

仕事においては後輩を叱り飛ばし、
上司を嬲り殺し(違、でもそれに近い)、
口癖は「目的と仮説は?」

しかし、プライベートでもかっこよく在りたいわけではない。
できれば「かわいく」在りたい。

「すごいさばさばしてそうですよねー」
と会社でよくいわれる。
会社では至ってさばさばしているが、
プライベートでは
「ねぇ、私のこと好き?」
なんて、所詮、脳内プレイでしかできないチキン野郎である。

そこで、自分が惚れるタイプの傾向を考えてみる。
答えは一つしかなかった。
自分を、「かわいい」といってくれるか否か。
単純極まりない。
いまの自分と対極にあるだめだめな自分を認めてくれる人に惚れる傾向にある。

別に仕事をバリバリこなしたいわけではない。
ただ、生きていくためであったり、必要に迫られた結果、
総合職として働いている。
やっぱりここでも結果論。

できれば結婚して派遣で事務などをやってみたい。
現実は、キャリアレップやSP会社を志望する完全仕事女コースである。

そんな自分の最近の望み。
フレアのスカートをはいてみたい。
儚い夢でもあり、遠い夢でもある。
そんな私の今日の格好はブラックのパンツスーツ。
夢をかなえる日は、まだまだ遠そうだ。
[2009/06/11 11:51 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
面接WEEK でゴザイマス
昨日は面接+前職の記者さんとのみーてぃんぐ。

今朝起きると、下痢+吐き気で会社を休み、
起きたら15時。

昨日の面接はクリア○のようです。
なんか、その場で担当のマネージャさんより
「ここまで話してNG ってのはないですからね笑」

明日も面接2本。
ウー、緊張は続く。

本命のキャリアレップの採用担当さんからも連絡あり。
企画1本考えて提出しるぶぷれって。
出しましたよ(Tかき先生、ありがとう!)

あとは果報は寝て待て。
寝ます。
ばいびー♪
[2009/06/10 23:13 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
いささかいそがしい。
いささか忙しい。
送付しなきゃいけないものの送付もまだできていない。
アウチ。

今日は面接→前職の同僚に転職相談ノミーティング。
キャッチーで軽いタッチで読める記事を書く記者さん。
昔からこの記者さんの文章が好きで、
このブログでもまねしてそれっぽく書いてみたり。
できているかどうかは別として。

眠い。
昨日、いまの上長が夢に出てきてろくに眠れなかった。
でもまだ火曜日。
私の一週間はまだまだ続く。

■今週の予定
☆火曜日
 面接(サイト製作会社の企画営業)
 前職の記者さんとのみーてぃんぐ。

☆水曜日
 何にもないと思われる。
 お洗濯しなくちゃ。

☆木曜日
 面接(オンラインゲーム会社の企画)
 面接(建設会社の企画)
 前職の記者さんに泣きすがり(ねぇ、これからアタシどうしたらいい? 的みーてぃんぐ)

☆金曜日
 何もないと思われる。
 多分、自宅でスマイル@松潤鑑賞

☆土曜日
 何もないと思われる。
 多分、自宅でザ・クイズショウ@櫻井翔クン愛してます。

☆日曜日
 前職の上長と前職の先輩記者とハイキング。

前職ウィークだな。
[2009/06/09 11:33 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
こんな朝も早くから。。
会社。
7:30 出社。
8:00 から毎回、朝礼がある。
朝礼といってもたいしたことはない。
ほとんど会社(というか特定の方の)自己満足的時間。
なぜ、30 分も早い出社かというと、
この会社のしきたりらしい。30分前出社。

分からなくはないけれど、早すぎるのでは?

しかも、出社したら上長から、
「今日の朝礼、来期のことやるから出なくていいから」

はぁ?

「もっと早くいってほしかったんですけど」
っていったら、
「でも、早くは来ないとだめだから」

7:30 出社はmust らしい。
こういうホントに無駄で意味不明のところがついていけない。



[2009/06/08 08:18 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
進むアタシと進めぬアタシ
今週の転職活動進捗状況。

一応、5社書類選考が通りました。
3件、面接日程が決まり、
残りは調整中、、、でいいんだよね!

やっぱり、エージェント登録だけよりも、
進み方が全然違います。

内訳としては、
2件がen からの自主エントリー。
3件が人海戦術。

リクはさっぱりですね。
RA もNEXT も。

でも、進んでいます。
すぐに進めなくなるかもだけど。。ガーン。
という進んでいるアタシのご報告。

恋愛は、、さっぱりでございます。
緊張しすぎて余計なことしか話してない。。
もっとカワイク? なってみたいけれど、
可愛くなんて、できないですよ。
ヘッヘ。
もう、何で電話しちゃったの、アタシ。
するつもりはなかったさ。
でも、iphone がさ、いうこときかないんだこれまた。
通話終了したいのにどこ押したらいいか分からないページに飛ぶし。
分かったときにはすでに電話向こうは取ってるし。。
あぁ、もうダメ。
プライベートではまったく進めないアタシです。

[2009/06/07 20:37 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
振り向くと、彼がいた。
昨日はみきねぇの手作り料理に舌鼓。
mikine.jpg

帰りは暗いバスの中にひとり。
ポツーン。
kaerimichi.jpg



今日はまったり日。
お腹がすいてお昼を買いに近くのスーパーへ。

「u-na」
と声をかけられ振り向くと近所に住むドラマーのSHU☆
私もSHU☆ も超地元な格好に、
スーパーの籠を右手に
「あ、おはよー」

さすが目黒。
歩いていれば大体誰かに会う。
下町みたいなこの町が、大好きだー。

[2009/06/06 14:03 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。