スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
握り締めた右手のこぶしの中、勇気、1つ
くらくらする。
夜半から胃が痛み、3回吐いてようやく落ち着いた。

嫌われたくないから、嫌われないよう、
相手を思慮して言葉を作ってた。
失うのが怖いから、失わないように
言葉を選んで話してた。
結果、相当ストレス溜まってた。

爆発。

有紀→爆発。
相手→凹む。

相当凹む。
でも、本当に大事な人だからなあなあに出来ない。
超怖かった。
すっごい怖かった。

向き合って、お互いに凹んで、
最後にいつも通り甘えた声でゴロゴロ擦り寄る。
いつも甘えるとき、怖さがあったけど、
そのとき初めて本当の彼に会った気がした。

楽しさを追求する彼が不安だった。
いろいろ話して、
「あと、他に要望ある?」
と聞かれる。
「楽しさだけではだめだと思う。いろいろ耳の痛いことも
相談しないといけなくなると思う。それでも良い?」

ふぅっと息を吐く音が電話口で聞こえる。

もうだめなのかなって思っていたら、
「だってそれは楽しいとかそういうことぢゃなくて、必要な話しやろ」

むちゃくちゃ怖かった。
でも、勇気出して本当に良かった。
話し合えて、本当に良かった。
ただし、彼の欠点、ずばずば言いすぎて、相当凹んでいたけど。
でも、腹に溜めていたものは全部吐き出した。

これからは我慢しないよ。
ちゃんと言うよ。
でも、ちゃんとあなたを見るからね。
スポンサーサイト
[2007/01/17 09:31 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<完全なる表現者 | ホーム | 無題 思いつくまま>>
コメント
よかったな。
[2007/01/17 15:31]| URL | おっぱい聖人 #- [ 編集 ]
実は、そうでもなくなった。
[2007/02/10 22:52]| URL | u-na #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。