スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
宇治到着。1日目。
1日目はとにかく疲れた。気疲れ。
自分から望んできたわけだ。
最初に今回お世話になる骨董屋の主人の店に着いたときは
そんな疲れもなかったのだが、その主人の家に着いた瞬間。
たまらなく目黒の家が恋しくなる。

やはり懇意にしていただいている家とは言え、
身内でも気を遣う自分なのだから、より一層しんどい。

夜更けになって一回泣いて、ようやく落ち着く。
おばちゃんと話しをしてやっと落ち着いて午前2時に就寝。

恋愛の悩みをおばちゃんに相談しまくると、
さすがおばちゃん、言うことが違う。

「若い時は血だらけになるまで薔薇を積みなさい」

若い時はね、いっぱい恋をしていっぱい苦しみなさい。
それが後でね、思い出になるのよと、
遠い目をしながら言っていた。

そして、今が一番良い時と思って暮らすこと。
そう言われたものの、実感がいまいちわかない。
それよりも好きな人に対する不安感でいっぱい。
目黒に帰りたい。
仲間のところに帰りたい。
薬を飲んでも落ち着かない。

逃げ出したい。
それしかない。
スポンサーサイト
[2007/02/08 17:50 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<宇治2日目① | ホーム | 1日目 旅経つ朝>>
コメント
おばちゃんいいこというわねー
ちだらけになってもいいからイチバン素敵な薔薇をつみたい。いや見つけたい。
[2007/02/10 02:11]| URL | saty #- [ 編集 ]
見つかるよ。
そのために血だらけにならないといけない。でも、一緒に自分にとって一番の薔薇を、いつか見つけよう。
[2007/02/10 22:51]| URL | u-na #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。