スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
夢で会う。
深く、眠らせて欲しい。短くても良い。深く、眠らせて欲しい。ベッドに入ると首の下に彼の腕がある気がする。右側を空けて眠る癖がある。右側を向くとそこに居る気がするから右側を振り向くのが怖い。でも、反対側を向いていても、後ろから引き寄せられる感覚が私の身体を襲う。それはきっとセックスよりも心地よく、レイプよりも残酷だ。

目を閉じ、夢の世界に入る。あの人が普通に出てくる。離れて2日、日ごとこんなに好きだったんだとじりじりと実感する。この時間があるから成長すると頭では分かっていても、昨日とはうって違い、何をする気もしない。彼を失う怖さはなくなったけれど、空っぽの胸が私を締め付ける。
スポンサーサイト
[2007/02/16 16:20 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<短い。 | ホーム | 最後のプレゼント>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。