スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
歳時記 - 梅香る 其ノ二 -
そんなに大きくもない境内に一体、何種の梅が根を張っているのだろう。ついつい京都と比較してしまう。都会の喧騒の中で、きれいだな……、そう思ってカメラを向けても背景にビルが入る。そんな都会で人々を喜ばせる梅を見て、とても愛しく思えた。

▼空の色と梅の色を意識した1枚▼
20070219155637.jpg

▼グラデーションに惹かれて撮らずにはいられなかった……▼
20070219155723.jpg

▼目の覚めるような紅千鳥▼
20070219155104.jpg

20070219155112.jpg


そして多くの人が梅の木を見上げる足元で小さくひっそりと咲いていたこの真っ白の椿の花。梅よりも、惹かれてしまったのはなぜだろう。
20070219155733.jpg


そうして約1時間ほど撮影し、行きは大通りから来たのだが、帰りは裏道から帰ってみると、この神社の裏に美しく咲き誇る八重の梅が紅白と植わっていた。本当に美しいものはモノの影に在るものなのかもしれない。そして帰りに見つけたのがこれ。
20070219155019.jpg

20070219155027.jpg


歳時を感じると言ったものの、結論は色気より食い気ということか? 何とかしてとってやろうと思っても、取られてたまるかと言わんばかりに高いところになっている。それがまた、歳時を感じさせて私は嬉しく思う。目まぐるしく変化するこの世の中だからこそ、歳時を感じる心のゆとりを忘れぬよう、来月はFamily と桜を、感じる。そんな、とても素敵な時間の過ごし方が出来た1日。
スポンサーサイト
[2007/02/19 16:29 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<葉巻デビュー | ホーム | 歳時記 - 梅香る 其ノ一 ->>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。