スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
「効く」と信じる
「効くって信じたら効くんやって」

「んなこと言ったって効かんもんは効かんねんもん」

「効かんって思うから効かんねん」



心の中であの人だったらこう言うなって思いながら、昼休み明け、薬を飲む。案の定、すぐに眠気と眩暈と吐き気が襲う。トイレに駆け込み、しばらく動けない。1日に大体、2・3回こういうことが起きる。薬が切れるのが17時過ぎ。ようやく頭が働く。
今回の薬もまた合わないようで、これもまたダメなのか? と思うと堪らなくなる。上司がいらついているのが手に取るように分かる。もう、目を見て話せない。でも、逃げちゃいけない。碇シンジを思い出した。

絶対に効く。これがだめなら、また次を試すだけだ。いつまでだって、戦ってやる。なめんな。

って強気だけど、またすぐ泣きたくなるんだなー、これ。もう既に起きているのがきつい。明日は帰りが遅いからもう、横になろう。
スポンサーサイト
[2007/03/06 21:28 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<どこかで1度は聞いたことがある、あの曲…… | ホーム | 風音>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。