スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
最後の相方 -その3-
23時40分
会場のホテルの方へ2人一緒に御礼を申し上げ、車に向かった。

さゆみ、あき、まろにが飯田橋で降り、
アネキを家の前に送る。

相方、峻、私の3人になり、少しずつ、終わったという実感が
心の中で生まれてきた。
5年間、いろんなイベント運営に携わらせていただいた。
たくさんの方と、ペアを組んだり、一緒にやらせてもらったり。

この人とはもう、無理だ。
そう思った日から1カ月が経った。
ケンカもした。
話し合うこともたくさんあった。
でも、一緒に笑ったことも多かった。
最後の相方が、この人でよかった。
隣りで運転する相方を見て、微笑んだ。

そんな中、相方は感動も何もなく、

「ね、チョコちょうだい」

相変わらず空気が読めない男だな……。
と、思いつつ、「らしい」最後のその相方の口の中に、
チョコを投げ込んだ。

帰ってきて1人になる。
荷物で溢れかえった家の中。
1人、放心して、泣いた。
本当に終わったんだという実感が、その部屋を見て、
じわじわと込み上げてくる。

「ねぇ、ちょっと手伝ってよ……」

いつもそう言うと、無言でちらっと見る相方は、
この部屋にもう居ない。
明日からまた、いつもと変わらぬ日が始まる。
もう会えない、会わないわけではなくても、
彼のイベントパートナーという役目はじき、終わる。
それがとても切なく思えながらも、
そう思える相方と一緒にできたことに、あらためて感謝を。

そして、そんなきっかけを与えてくれた兄夫婦。
ありがとう。
不出来な妹ですが、これからもよろしく。

最後に、いーーぃ夢見れました!
スポンサーサイト
[2007/04/22 20:15 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<久しぶりに2人きりで…… | ホーム | 最後の相方 -その2->>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。