スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
がんばっていないのに褒められる。
なんだかとっても切ない気分、中村 有紀です。

がんばったことは褒められない。
がんばっていないのに褒められる。
そんなことはしょっちゅうだ。

2時間かけて化粧をしたのに、
「うひょっ! 今日、濃いなぁ~」
と笑われる。
化粧をするのが面倒で、スッピンで行くと、
「けっこういいじゃない。そっちのほうがいいよ」
と褒められる。

髪が痛んでいるので、どんなにブローをしてもライオンのたてがみのようになる。
それでもがんばった、が、
「プククッ、頭、爆発してるよ」
と笑い混じりに言われる。


だからがんばっても仕方がないので、ムースで髪を軽く揉んでみた。
すると、「私もそんな髪型にしたいの! 今度、美容院行くから、何て頼んだのか教えて!」
「パーマかけたの? いいね、似合うじゃない」

世の中、がんばったこと=評価には繋がらない。
そんなとき、がんばらなくても「できるようになった=成長した」と考えましょう。
何かのフリーマガジンのどこかにそんなことが描いてあった。
でも、私においては……どうなんだ?
答えがあるなら教えてほしい、切実に。
スポンサーサイト
[2007/05/26 08:09 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<もう、会えない? | ホーム | 「お前、顔真っ赤だぞ?」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。