スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
自分らしく居られる場所。
笑った。
腹の底から笑った2時間半。
旧い仲間。

数少ない女友達。
1人はインテリアショップを経営、
1人は家で経営している幼稚園で働く。
でもcrazy な人たち。

幸せな話はほとんど聞かない。
不幸な話はがっつり聞く。
お互いの悪いところをゲラゲラ笑いながらすっぱりいう。

嘘はないから勘ぐらなくていい。

「もしかして、2人して私を本当はきらってるんぢゃないの?」

この人たちはきらっていたら、
「ちょっといま、私、有紀がきらいなんだけど」
っていう人たち。
希少。

私の1番のストレス。
「勘ぐる」
怖いんだ。

「この人は腹の中で、私をどう思っているのか」
典型的鬱症状って病院でいわれたけど、
鬱でもそうぢゃなくてもいいんだけど、
本当にそう思う。
そして怖くなる。
自分に優しすぎる人はもっと怖い。
そういう人ほど影で何いってるか、思ってるか分からないから。
何度も確認してしまう。
自分に近しい人が急に他人行儀になると、不安になる。
「私、何かした?」

親しい人の仰々しさも辛かったが、
あの2人との2時間半は、遠い昔、
まだ、自分が尖がって、突っ張って、片意地張って、
突っ走れていたあの頃を思い出せた。
スポンサーサイト
[2007/07/07 21:35 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<バーチャルワールド | ホーム | 七夕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。