スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ふたり一緒に、1から始める
いつもここはいきなり始まる
一緒にいると時間はゆったり、でも振り返るとすごく早く過ぎていく

何かを求めていたわけでもなかったし、
何かを欲していったわけではなかった
ただ、素直にいっただけだった

回りだすふたりの時間

「もういいぢゃないか、過去は忘れないか。
 いまから、ここからまた生まれ変わらないか。
 ふたりで、一緒にがんばらないか?」

楽になることが怖かった
しあわせになることは、もっと怖かった

「ついてきてくれるか?」

といったとき、僅かに私の肩を掴むその手に力が入った
大きな不安と、大きな覚悟が伝わる

そうしてようやくふたりは、同じ空を眺めて、
同じ道を、同じ方向に向かって、歩き始めた
スポンサーサイト
[2007/09/18 12:35 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<去る犬。 | ホーム | 「モノを作る」ということ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。