スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ONE DAY
「君が1日おとなしく家で待っていられるとは思えないな」
と、その初対面にも関わらず、図々しい男の図々しい口が動いた。
こういうとき、針と糸を欲してしまう。
そんなこともあったなと、自分の2倍はあるだろう、
男のシャツを干しながら、青い空を見て遠い過去を思い出した。

この1日が、とても愛おしかった。

咳も止まず、起き上がることもだるかった。
男を起こしてYシャツとハンカチにアイロンをかける。
男は最近、やたらと目覚めがよい。
そしていつも通り、ラジオをつけてシャワーを浴びにいく。
30分後、男を見送って洗濯物を干す。

そこから17時まで休んで、夕飯の買い物に出る。
お花を生けて、ご飯を作って、掃除をして、帰りを待つ。

そんな主婦みたいな生活が、とても、心地よい。
スポンサーサイト
[2007/09/20 23:03 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<異邦 | ホーム | 去る犬。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。