スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
箱男
出会って2週間、私は男がきれい好きなんだと思っていた。
出会って1週間、私は男が潔癖症なのだと思った。
出会って2カ月、私は男の正体が「箱男」なのだと知った。

男はとにかく部屋がきれいな状況でないと、落ち着かない。
だから散らかすことが最も得意とする女でさえ、
極力、男の部屋を荒らさないよう気をつけていた。
また男は洗濯物の干し方にもポリシーがあった。
Yシャツは必ずハンガーに掛けて、第1ボタンと第3ボタンを止める。
適当にハンガーに引っ掛ける女の干し方は、男の苛立ちを産んでいた。

ある朝、男はこういった。
「1つ、お願いがあるんだ。掃除のできる女になってくれ」
女が返事に臆していると、
「すぐにはできないと分かっている」
という男のことばで、その緊張した顔が瞬時に緩んだ。

そして女はふと気がついた。
男はこまめに洗濯も掃除もするのに、どうして洗濯物の畳み方だけは
4つ折のような乱雑さなのだろう。
鏡の前で髭を剃る男に尋ねた。
「ねぇ、どうしてそんなにきれい好きなのに、洗濯物の畳み方だけは雑なの?」
「気がついたんだよ。きれいに畳んでも、
すぐに引き出しの中でぐちゃぐちゃになるからさ。諦めたんだよ」
「他はきれい好きなのに……。どうしてそこだけ?」
「モノが出ているのがいやなんだよ。箱にさえ入っていればいいんだ」

ことばがでなかった。

出会って2週間、私は男がきれい好きなんだと思っていた。
出会って1週間、私は男が潔癖症なのだと思った。
出会って2カ月、私は男の正体が「箱男」なのだと知った。
男と一緒にいるようになって、2カ月目の朝のことだった。
スポンサーサイト
[2007/09/28 19:07 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<IKEA! 家具屋! 買い揃え! | ホーム | 感覚の鈍化>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。