スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
猛、お元気ですか?
猛(タケシ)。
私の周りには顔がよくてチヤホヤされる男も多いが、
彼は芯からカッコイイ男だった。

彼をなぜ、こんな早朝から思い出したかというと、
うちの若殿様がでかけるときにいった一言。
「で、沖縄に行く件、今日正式に申し込むけど、いい?」
今日も相変わらずバタバタと見送り、穏やかな時間がやってくる。
誰もいなくなった家にひとり、ふと彼を思い出す。



「猛、お元気ですか?」



猛は学生時代からの仲間で、
大学2年のころからすでに働いていた。
働き先は某有名芸能プロダクション。
365日、働き続けていた猛の顔は、
私が社会人1年目のとき、随分とやさぐれていた。

「俺なー、有紀。あと1年で会社辞めるわ。
 芸能界なんて、カネとヤクザの世界やで。
 長くいたら、死んでまうわ。
 
 それでな? 沖縄行って民宿やろうと思うねん」

その顔は、23歳らしい夢を見る顔だった。
それが、猛を見た最後だった。
以来、猛と連絡は取れなくなった。


猛、私にとって君は相変わらずイイ男ランキングに乗り続け、
猛、同じ目標に向かって一緒に走っていたあの時間、
私はとてもしあわせっだった。

同い年とは思えない大人びた猛。
男とか、女とか、そんな関係ぢゃなくて、
友達なんて言葉では収まらなくて、
猛、あんた、夢を叶えたの?

あんたが夢見ていた沖縄に、来月、行くよ。
猛、お元気ですか?
スポンサーサイト
[2007/10/25 07:46 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<声にならない悪夢 | ホーム | 財布が。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。