スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
「任せる」
「任せる」という男の言葉を鵜呑みにしてはならない。
男のいう「任せろ」というのは、
「君に任せるよ」ではなく、
「いわなくとも俺の好みを察してくれよ」なのだ。
亭主関白気質なのに優柔不断は、なお厄介だ。

「好きにしていいよ」、「任せるよ」
が常套句の優柔不断。
しかし、そこに亭主関白がプラスされることで、
自分の好みのものが出てこないと、顔をしかめるのだ。

たとえそれが1時間掛かってさばいたさんまの刺身でも。
スポンサーサイト
[2007/11/21 17:17 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<夢と現実の狭間 | ホーム | 覚悟>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。