スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
愛情と絶望の狭間
「人を変える」
のは、根本的に無理だと思っている。
「人が変わる」
ことはあっても。

「僕が、私が、君を変える!」
ということほど、愚かで、そして傲慢なものはないと、
私は思っている。
ただ、
「僕が、私が、変わりたい!」
は、あると思っている。

根本的に人は変わらないものだと思う。
ここだけは「治して」ほしい……、と思っても、
相手が治す気・変える気がなければ、
変わることはないのだ。

約束した。
約束したとき、こころの半分では縋る思いだった。
約束したとき、こころの半分では期待すると、ばかをみると諦めていた。

昨日も、また、同じことをお願いして、
同じように「約束してくれた」。
「次はない」
同じことばをいいながら、私は涙も出なかった。

愛情と絶望の狭間で、再び泣くことを私は忘れた。

目の前にある電子機器のコードに、
「警告」というシールが貼られている。
ものすごく、現実味を帯びているそれを、
私はカッターで切り落とした。
スポンサーサイト
[2008/01/27 21:10 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<あなたの夢は、何ですか? | ホーム | 「今日の合コンの件ですが」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。