スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
おっちゃん、すごい。
昨日の夜のハナシ。

クタクタにさせたかったので、
しんどい身体に鞭打って、
あの極寒の中、なじみの店へ行く。

1時くらいだったか。
ものすごい常連のような顔をしたおっちゃんが、
ものすごいはっちゃけて入って来、マイクを離さない。
でもみんなやっぱり大人な対応。
ちょっと空気が一瞬乱れたけれど、
温かく見守ってあげて、華を持たせてあげて。

いい方は悪いけれど、よく、電車の中とかで叫んでいるような
タイプの人だった。
でも、マイク持ったら確かにすごかった。

おっちゃん、1時半くらいかな。
今度は急にいなくなる。
「焼き鳥買ってくる!」
と、この寒空の中、出て行くときに、
そばにいた女の子に
「何がいい?」
ってきいてさ。

2時手前かな。
おっちゃん、本当に買ってきて。
私は、自分の分を買いに行ったと思ったんですよ。
そしたら20本くらいかな、買ってきて。
踊りながらみんなに配って回ってるのです。

家に帰って、横になって、ふーっとね。
「おっちゃん、何で焼き鳥買ってきたんだろうー」
って思って、みんなに配っているシーンを思い出して。
思い出した。
おっちゃん、自分の分、取ってなかった。
ぜーんぶ、みんなにあげてた。
それを思い出したら、いまはナーバスだからかな。
涙が出てきちゃった。
スポンサーサイト
[2008/02/24 09:03 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<「u-na」はもう、いません。 | ホーム | 長い、1日。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。