スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
相性
日曜の朝1番にチャイムを鳴らし、
ドアをノックする人がいる。

……、どちらだ。

「佐川急便です」



昨日、送ってよかった。
同僚よ、ありがとう。

君のことばがなければ、いまごろ、本気でやばかった。


送った日も同じ。
コートを1番下に入れるのも同じ。
1番上に封筒1枚、鍵だけ入っているのも同じ。

唯一、送られてきた2つの茶碗の片方が割れていた。
割れた茶碗をベランダに出す。
別に、映画に感化されたわけではないが、
もう片方の茶碗は、割ってくれ、と私に頼んでいた。
割れた茶碗に重なるように高い位置から落とす。
割れることを望んでいた茶碗は、苦しむことなくきれいに割れた。

「相性がよすぎたんですよ。よすぎもね、だめですからね」
整体師の先生の声が、遠くから聞こえた。
スポンサーサイト
[2008/03/02 10:19 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<行くゼ。 | ホーム | 『罪と罰』>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。