スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
真に良きもの、そして去る。
尊敬する整体師の先生が、
3月末をもって店を畳むことになった。

思えばこの3年で、目黒もずいぶん変わってしまったと思う。

目黒と聞くと、高級住宅街を想起される方も多いが、
私にいわせれば、人情味溢れる下町風情といったところだ。

引越しすぐにお世話になったカフェ、
金がない私によくただ飯をたべさせてくれた飲み屋、
そしていつも半額に近い金額で施術していただいた整体師、
なのに、そういうホンモノに限って命が短い。
わからなくはない。
彼らは経営なんてほとんど考えておらず、
直面して初めてそれを「危機」と知る。

それでも、そんな不器用な人たちが大好きだった。

確かに、世に出す工夫は重要だと思う。
しかし、世に出てしまうとホンモノがニセモノに変わることも多く、
それを分かっている人たちは、あえて世に出さないことも多い。
真に理解していただける人にだけ……、と思っている。
だから、客が来ない。
そして常連のみで採算が取れず、去ってゆく。

悔しくて、しょうがない。
世に出してもろくなことにならず、
出さないと風化する。

所詮、ニセモノであってもマーケティングさえきっちりしていれば売れる時代なのか。
やりきれない気分だ。
スポンサーサイト
[2008/03/22 11:19 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<はじめてのこと。 | ホーム | 運命か?偶然か?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。