スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
下北沢 確かココだったはず
「コレ、渡しとくからいつでも使いなよ」
れーちゃんはそういって、ためらいなく私に合鍵を渡した。
アノ頃は、いつも尖ってて、
そしていつも自分が1番で、
世界は私を中心に回っているって、ホンキで信じていた。

茶沢通りに入って、TOYOTAレンタの看板を見る。
懐かしい。
確かこの横のマンションだった。

ふたりでリクルートの役員接待に行って、
1時くらいに渋谷駅に下ろされて、
5千円握り締めて一緒に下北帰ったり。
めそめそする私に「そんなソバージュなんかかけてるからだめなのよ」
といって、真夜中にドラッグストアでストパ買ってストレートにさせられたり。
取っ組み合いのけんかして、お腹すいて、
パジャマのままふたりで駅前の松屋で牛丼食べたり。

アノ頃、当たり前だった出来事が、いまはとても懐かしくて、
すごい輝いていて、そしてきれいで。

近いはずの下北沢が、なぜかとても遠くに感じたのは、
どうしてなのかな、れーちゃん。

スポンサーサイト
[2008/06/07 21:35 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<エステ。 | ホーム | 下北沢 -和太鼓の店に->>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。