スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
雀の子、ひとり。
えらくそばで、雀の鳴き声がした。
普段、雀は小さな群れでいるのに、
一羽だけ、仲間を求めてひたすら鳴いていた。

あれは、私だ。



まぶしい西日から空が紅に染まるころ、
その鳴き声は聞こえなくなった。
スポンサーサイト
[2008/10/21 16:49 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<力を抜く、そんな付き合いもいいと思う。 | ホーム | 病みつきになる「茶」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。