スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
最近、地味に○○、趣味です。
それは、文通。
すごい、でしょ? (笑)
「アタシ、趣味は文通なんです」
なんて、そうそう聞きませんよ、このご時世。

ちなみに、高校生のとき、海外文通部でした。
だって、活動のための時間束縛がないんだもん。
そして、告白されました。
フランスから本当に日本に来ちゃいました。
もし、結婚してたらいまごろハーフの子どもが
「ママーン!」とかいってたのかしら。

ちなみにその結末は、フランス語の先生が、
「ごめんなさい。ご期待に添えません」
という内容の文面をフランス語に訳してそれを送るという、
なんともしょっぱい結末。
そのときのフランス語に訳してくれた佐藤先生からいただいた手紙には、
「私も彼と同姓ゆえ、訳すだけとはいえ、訳すにしのびないところもあったのですが、
心を鬼にしてバサッとやりました。
私とて女性からこういう手紙をもらったことが幾度かありますからネ」

18歳の私にはこの意味がよく分からなかったけれど、
27歳の私にはなんというか、
先生、幾度か「期待には添えません」レターもらってたのか、
と、なんとも若干、失笑。
そして、9年も前の手紙を持っていた私にも驚き。

いまは、50代中盤のサラリーマンの方と、
47歳の主婦の方(三重県)と文通中。
普段は素直に相談できないことや、他愛のない日常を綴る。
レターセットを選ぶ時間、ペンを走らせる時間、送る時間、待つ時間、
着いた手紙を読む時間とか、このデジタルの時代にアナログな作業をする。
この、時代との逆行感、タマリマセン。

▼京都のおとうが作ってくれた更紗の文箱
Image763.jpg

▼ここ2ヵ月で来た手紙たち
Image762.jpg


スポンサーサイト
[2008/12/19 00:54 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ケータイ電話の使い方。 | ホーム | カメラマンの友人に、「ありがとう」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。