スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ギタリスト
ギタリストって、変な人多いなーって思う。
そして私は、そういう変な人をよく好きになる。

その人は、流れるようなギターの音を出すなーって思った。
よくも悪くも、そこに魂がない感じ。
とどまることがない。
力が完全に抜けている感じがして、
耳当たりがとてもよいので聞いていて、
子守唄を聞いている感覚になる。
その細い指をずっと見つめていた。

「爪切りは持ち歩いてるよ、ギタリストだからね」

確かに彼の手はすごく美しかった。

何年ぶりかに正月を実家で過ごす。
倉庫をあさっていたらギターケースが出てきて、
開けてみるとけっこうよいガットギターが出てきた。

数日前に聞いた彼のギターの音を思い出す。
人生の90% が嘘で固められたものだとしても、
あの音が残りの10% であるならば、
私は彼の音楽を信じてみたい。

開けたガットギターは、そっとしまっておいた。
きっと、いつかもう1度開ける日が来ると思ったから。
スポンサーサイト
[2008/12/31 17:48 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ipod をMy Style に! | ホーム | 自分の居場所に帰る。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。