スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
本当にあった怖い話
新年早々、心霊体験です。

珍しく実家に帰っていました。
昨晩のことです。
誰もいない隣の部屋から物音がするのです。

最初は、親が起きたのかな?
とも思いましたし、
家が軋む音かと思ったのですが、
午前2時45分。
それは始まりました。

明らかに人が立てる「物音」がするのです。



ガタン、
ガタガタガタ



最初は違うと思っていたものの、
それは決まって私が目を瞑ると聞こえてくるのです。
幻聴だと思いました。
が、午前3時。
壁をダンダン! と叩く音が聞こえました。
これは幻聴ぢゃない、はっきりと認識して
(お兄に電話しよう、もうだめだ)
と思い、携帯に手を伸ばそうとした瞬間……



手が、動かない……
(しかも右手。痛みは引いたのに)
怖くて寝返りを打ったその瞬間、



ズシリ。



足元から腰にかけて重苦しいものがのしかかりました。
「目を開けちゃだめだ、目を開けちゃだめだ、目を開けちゃだめだ!」
(碇シンジ風)
シャレっぽく書いてますが、実際は本気で怖い。
そのまま4時くらいになってようやく重みも音もなくなりました。

実家に住んでいたころ、こんな心霊体験したかな?
って振り返ったら、してたんですね。
同じような経験。。

やっぱりあそこは何かいる。







スポンサーサイト
[2009/01/02 11:15 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<私の友だちは、アーティスト。 | ホーム | あけまして>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。