スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
秘湯につかるしあわせ
出発の朝、宿主さんが新しいサービスを始めた!
ブルドーザーから雪景色楽しんでね、企画。
P1050380.jpg

で、これがその上から楽しんだ景色
P1050388.jpg

実は、宿の目の前からは晴れていると谷川連峰がくっきり見えます。
P1050370.jpg
陽の光を受けて、緋色に染まる谷川連峰。
「あー、こういう(谷川連峰)みたいな人と付き合いたい」
ってあいちゃんにいうと、
「でっかくて、どっしりして頼もしい人ね」
って返事がきました。
よく分かったなぁ(笑)



さてさて、というわけで3 日間お世話になった宿を後にします。
そして、前評判がめちゃくちゃよかった法師温泉へクボ○さんに連れて行ってもらう。
houcionsen-thumbnail2.jpg

ここは秘湯中の秘湯。
まず車がないと行けないし、水上駅からもかなり離れているのですが、本当にすばらしい。
まず建物が古めかしくてたまらない。
ただし、女性は要注意だ。
この写真に写っている浴場は混浴で、しかもタオルを浴槽に入れてはならない。
お湯質を濁さないためのルールなのだが、男性率99.9 %(アタクシが行ったとき)なので
「一歩踏み出す勇気」がない人は、この1/4 もない小さな小さな女専用風呂で
入浴料\1,000 円を取られる。
そこで、女性におすすめしたい法師温泉の入浴方法としては、
1.まずは下見をしよう
混浴の大浴場を眺めてみよう。
女性がいたら、迷わず入れ。
2.女性がいなければ、女性専用風呂へ
そこで入ってくる女の人たちと仲良くなろう。
女性5 人が集まれば、混浴も少しの勇気で入れるぞ。
この方法で、私も無事、大浴場に入れた。

露天風呂ではないが、天井はビル3 階ほどあるので、
内湯なのに、あまり息苦しさを感じない。
お湯質は非常によく、浴槽の底からお湯が湧き出でいる。
少し硫黄が入っているのか、30 分も入ると肌がつるつるに。
ぜひまた行きたい温泉リストに上がった。

昼食を取って、再び温泉へ。

猿ヶ京温泉へ。
ここは2 回目ながら、夏と冬、夜と昼ではまったく景色が違う。
http://mantenboshi.net/

ちょうど入りだしたころから雪が降ってきて、
雪が舞う中、露天風呂を寝湯で満喫しました。
すてきな温泉を2 件も楽しみ、
しかもクボ○さんには目黒(家まで3 分)のところまで送っていただき、
ホントに至れり尽くせりな3 日目。
ありがとうございます。

雪景色+温泉のひとり旅が、すごく楽しい旅に。
またぜひご一緒したいな。


スポンサーサイト
[2009/01/12 21:19 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<4 カ月半ぶりに仕事、スル | ホーム | 神様の提案 「雪山は、お好きですか?」>>
コメント
残念・・・
もうちょっと我慢して入ってたら
混浴できたのですねw
また今度行った時にはもうちょっと長く入っていよう(笑)

新しいお見送りサービスは意外な展開でしたね^^
[2009/01/13 12:20]| URL | え~ちゃん #AJv1Z5D2 [ 編集 ]
>え~ちゃん

残念でした(笑)
女は集団になるといきなり強気になれるのです。
フハハハ。

新しいサービスはいいですね。
私なら、3 分500 円にするかも(笑)

[2009/01/13 18:51]| URL | u-na #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。