スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
6Cで、会いましょう。
ものすごく不思議な感じがした。
おかしいくらいに顔なじみの人が何人も通り過ぎる。
否、正確には明らかに私を避けている。

言うならば、私、仲間はずれ?
呼ばれてないのに来ちゃった気分。
一人二人の話しぢゃない。

しかも、代々木での撮影中。

先ず最初に気が付いたのが、仁。
明らかに仁。
呼ぶと振り返った。
顔、引きつっている。
「やべっ。会っちゃったよ。」的なね。

そして次によっちゃん。
「練習?」
って聞いても苦笑いのまま足早に通り過ぎる。

カメラマンの神ちゃん、通り過ぎる仲間たちに声をかける私に
明らかに苛立っている?焦っている?顔をしている。

そして今度はあゆみ、茜、アニキ。ちさともいたな。。
あにきぃ???
おいおい、今までの面子だったらわかるんだけどさ、
アニキは代々木の音楽スタジオに関係ないやん?!

何気にショックを受けた私は撮影も気乗りせず、
まだ10分あったにも関わらず、さっさとスタジオ入りしようと神ちゃんを促す。

席に座った瞬間、階段をものっそい勢いで駆け抜けていくハタケ。
おいおい、一体今日はこのスタジオにどんなけ私の知り合いがいるっていうんだよ。
なんか、放心?っていうか、はぁ?って感じ。

そこに相当機嫌良く登場するただあきさん。
死ぬほど機嫌良い。
気持ち悪いくらいに機嫌良い。

しかも、3人の練習なのに20人近く収容できる、スタジオ内で一番でかい部屋
(6C)が取れたので、6Cになったという。
普通なら疑うと思うが、このアホが幸いした。
「なんかな、早めに部屋入れたから、峻ちゃん先に行ってんねん。」
疑えよ、私。

「今日なぁ、峻ちゃんむっちゃ機嫌いいで。」
と言うあきに、
「えぇやん。最高やん。はよ行こ。」
とふっつーに答える私。

2Fの受付から6階の部屋に上がる。
6階はこのでかい部屋1つだけ。
中、暗い。

「なぁ、なんか暗いで、誰もおらん……。」
と話してる最中に、

タラララーラララーラララーラー♪
という、非常に聞きなれたペガサス幻想曲が……。
いきなりライトアップ。

「だーきしめたぁー」
人間の順応力ってすごい。
20人近く居るさっき通り過ぎていった人たち+いつもの面子がいきなり居るにも
関わらず、
「こーころのこすもー。」
と口ずさむ自分がそこに居る。

が、次の瞬間、
はぁ?!
一番、会いたかった人がそこに居る。
絶対今日、忙しくてここにいるはずがないだろう人。
超動揺。なんだこれ。

ただ一人、そんな中で全く私の意に介さず、ライブの時と全く変わらないテン
ションで歌う人、一名。
とりあえず、真ん中に行けと言われるが、テンション高い人見る限り、自分の何
かのためでもなさそうだ。
どうしたらいいかわからず、座ったり立ったりを繰り返す。
そのうち、懐かしいあの曲のイントロが始まる。
さすがにこれは歌っていいんだろうな、と思った。

♪開け放した窓に……
http://blog.livedoor.jp/una_linglag/archives/50612316.html
CFCvol.4での私の持ち歌。

ほとんど出ない声で歌う。
とりあえず、テンションだけはセイヤ張りに高い。
だって高くしないとついてけないもん(笑)。

とりあえず歌い終わって、微妙にモジモジしてると、
またこれも聞きなれた曲ですね。

残酷。

残酷を歌い終わってようやく、趣旨を教えていただける。
アザース!
はい、25歳になりましたー。


DSC_0159.jpg


あ~~~、この日撮影でつくづくよかった。
いつもだったらノーメイクに適当な格好だから(笑)。

と、安堵していたら3人娘のアネキ、ハチ、ただあきから曲のプレゼント。
アネキに泣くなよ、と言われました。
はい、泣きました。

DSC_0134.jpg


泣くさ、あぁ泣くさ。
そりゃ泣くさ。

>ぽち
 歌ってるときのぽちの見守るような目、ちゃんと見てたよ。
>ハタケ
 勝手にスターウォーズ借りてすみません。
 どさくさに紛れて謝ります。
>タカ
 久しぶりにあなたのベースをバックに歌えて、
 どんなに嬉しかったことか。
>茜
 きっと、もっと私たちは近くなれる。
>アニキ
 アニキのあんな引きつった顔、初めて見たけんね(笑)。
 早く退院してな。
>アネキ
 (笑)。
>あき・峻
 やられた(笑)。
 24日に行くたぬきよりすごかった(笑)。
>あゆみ
 びびったよ、もーぅ。
 また23日に、ゆっくり語ろうな。
>まさき
 まさか来てくれるとは。
 アザース。これからいろいろ絡んでいきましょう◎
>神ちゃん
 自分、役者やのぉう(笑)
 でも、明らかに苛立ってるから内心びびってたよ(笑)
>ちゃな
 え?!ちゃなぢゃん!とかびびりながら歌ってました(笑)。
 初っ端からテンション高くてスミマセン(笑)
>じん
 まぢでびびってたべー
 あの顔、忘れない(笑)
>よっちゃん 
 せっかくだから、よっちゃんに栄光の架け橋歌ってもらえばよかった。
>さとこ
 バイブル、確かに受け取りました。
>ぼん
 やっぱ、残酷にはぼんがいないとだめだ。
>ねもてぃ。
 グラマラスの歌詞を覚えててくれたのには、
 ちょっち泣きそうだったね。
>ぱに
 一番会いたい人がそこにいる。
 いないはずなのに。
 目を背けたのは、嫌いだからぢゃない。
>真吾。
 言い尽くせない。

昨日は居なかったけれど、
>けんにぃ、みきねぇ。
 いただいたぬいぐるみは、会社のデスクに居ます。
>がや
 「だいじょーぶっ。」
 、ね(笑)。

たくさんの、本当にたくさんのFamilyに囲まれて始まった25歳。
涙が止まりません。
伝え切れません。
本当に、ありがとうございました。
スポンサーサイト
[2006/12/18 22:51 ] | 未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)
<<私の幸せ | ホーム | Re:writeシリーズ 負けてもいい男>>
コメント
良かったな。
こんなに素晴らしい仲間が有紀には
いるやんか。

もう、大丈夫だな。
[2006/12/19 16:10]| URL | トモキ #- [ 編集 ]
大丈夫!だな(笑)
[2006/12/20 00:37]| URL | けわいし #- [ 編集 ]
1番タイミングの悪いときに電話はかけてくるわ、通り道で撮影してるわ・・・

まるでこちらを見てるかのような
連続お邪魔攻撃にびつくり(笑)

ほんとサプライザ~泣かせです。。。(笑)


でも喜んでくれたみたいでよかったよかった☆
[2006/12/20 00:45]| URL | かおり☆ #- [ 編集 ]
>ともき
 そういう寂しくなること言わないで。。
 もう旧い私を知ってるのはトモキだけになってしまったよ

>ガヤ
 ……、だなっ(笑)。

>アネキ
 ハチにも聞いた。
 相当邪魔したようで、、
[2006/12/21 08:39]| URL | u-na #- [ 編集 ]
スタジオ側で撮影したいって言われたとき
正直、大丈夫だろうかと焦ったよ(笑)

何度も頭抱えそうになったけど、
スタジオ入ったときの顔で
マジで気づいてないことがわかって
ほっとした~。

ホント、おめでとう♪
[2006/12/21 18:41]| URL | catlove♪ #- [ 編集 ]
>catlove
 本当にありがとう。
 めっちゃ嬉しかった。
 やべっ、思い出しただけで涙が出てくる(笑)。
[2006/12/25 11:21]| URL | u-na #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。